hinata

>

おでかけ

>

アクティビティ

>

カヤック

>

パドラーになって水の上を自由に遊ぶ♪モンベルのカヤックで特別なひとときを!

パドラーになって水の上を自由に遊ぶ♪モンベルのカヤックで特別なひとときを!

 おでかけ

カヤックの上でくつろぐ女性

出典:Pixabay

春夏のアウトドアでカヤックを楽しんでみませんか?カヤックをこれから始めたい方におすすめなのが、モンベルのカヤック!今回はカヤックの魅力から、モンベルのおすすめカヤックまで一挙ご紹介☆この春夏はモンベルのカヤックで水上アクティビティを楽しんじゃいましょう♪


 目次


カヤックはどんな人でも楽しめるアウトドアレジャーです!

カヤックは特別なスポーツというイメージもありますが、実は静かな水面をのんびり楽しむものから、通称“ホワイトウォーター”と呼ばれる激流下りまで、使用用途や目的によって様々な種類があります。

フィールドも川、湖、海と多彩

カヤックを漕ぐ二人組    

幅広くレベルに合ったトライができるスポーツなので、子供からお年寄りまで体力や年齢、性別などを心配することなくどんな人でも楽しめちゃいます!

カヤックで広がるアウトドアライフ

川でカヤックを漕ぐ人々    

アウトドアでの過ごし方、キャンプやバーベキューもいいけど、他にも何か面白い外遊びはないかなぁ?と感じている人にぜひチャレンジしてもらいたいのがカヤックです!

川や海などの水面を、人の力だけでパドルを漕いで進む小舟。カヤックを初めて体験する人にとっては、水の上を滑るように移動する不思議な感覚と水鳥の目線になって見えてくる自然の景色に、味わったことのない驚きと感動を覚えることでしょう。

カヤックのパドルを持った人    

出典:Pixabay

カヤックでできること、例えば川旅、シーカヤック、ラフティング、はたまたカヤックフィッシングなど、あなたはどんな楽しみ方をしたいですか?想像するだけでワクワク♪カヤックとともにアウトドアライフの夢が広がっていきますね!

最初の1台ならモンベルで!おすすめのポイントは?

モンベルのカヤックにのる人    

出典:モンベル

モンベルでは様々なカヤックブランドを多数取り揃えています。あなたの夢や目的にあったカヤックもきっと見つかるはず!モンベルのカヤックをおすすめしたいポイントをみていきましょう。

価格が安い!

カヤック自体のお値段もそこそこしますが、必要な道具をひと通り揃えるとなるとさらに出費がかさみます。初期投資はなるべく少なく抑えたいもの。モンベルの取り扱うカヤックは、その豊富な供給量から初心者でもトライしやすいお手頃な価格設定となっています。

アウトドア経験豊富なモンベルスタッフ!

モンベルは、全国各地に115以上もの店舗を構えています。お店へ行けばアウトドアが大好きで経験豊富なモンベルスタッフが直接話を聞いてくれます!

カヤックなどの製品に関することはもちろん、疑問点や困ったこと、メンテナンス、修理など、気になることがあれば近くの店舗で確認できるのは嬉しいですね。

購入前に試せる試乗会や体験イベントなど多数開催!

カヤックを漕ぐ男性    

買ってから後悔なんてしたくないから、カヤックを購入する前には試乗してみたり、あれこれ乗り比べてみたりしてじっくり検討したい。そんな人にもモンベルがおすすめ!一年中、全国各地のストアやモンベルが運営するフィールドで試乗会や体験イベントを随時開催しています。

モンベル・アウトドア・チャレンジ・フィールドベース

全国各地にある「モンベル・アウトドア・チャレンジ・フィールドベース」は、すべて日本屈指の川遊び場にあり、どのフィールドも更衣室やシャワー室を完備。

mooさん(@mpoint)がシェアした投稿 -

関東は秩父の長瀞、関西は奈良吉野川、四国は高知県と徳島県の県境となる吉野川や激流の大歩危・小歩危など、カヤックを楽しむのにこれ以上ない立地!豊かな自然環境の中、快適にアクティビティを楽しみながらカヤックの知識や経験を増やすことができます。

モンベル・アウトドア・チャレンジ・フィールドベースの詳細はこちら:モンベル

注目はコンパクトで持ち運びもカンタンなカヤック!

モンベルのカヤックは身近であり、初心者にも優しいということがわかったところで、さあどんなカヤックを選びましょうか…と、ここでひとつ問題が!

カヤックは小さなもので全長2m、大きなものでは全長5mにもなります。一般の家庭で、そんな大きなカヤックをそのまま収納しておける場所はなかなかありませんね。そこでおすすめは、「フォールディングタイプ(ファルトボート)」や「インフレータブル」と呼ばれるカヤックです。これらに共通する特徴は、収納時コンパクトになること!

日本の住宅事情にマッチ?!折りたためるカヤック

収納されたカヤック    

出典:モンベル

フォールディングタイプとは、分解可能な組み立て式または折りたたみ式のもの。インフレータブルとは空気を入れて膨らませ、収納時には空気をぬいて小さくなるゴムボート的なカヤックのこと。ちなみに、両方の利点を兼ね備えたハイブリッド式と呼ばれるカヤックもあります。

モンベルの中でも人気の高いフォールディングカヤックを紹介!

カヤックを担ぐ人    

出典:モンベル

まずは、モンベルの中でも定評のあるフォールディングカヤックを3艇紹介します☆

初心者向きの軽量フォールディングカヤック!のんびり楽しみたい人向け

モンベルのカヤック、アリュート 380T    

出典:モンベル

モンベルが取り扱う人気のアルフェックシリーズのカヤックにおいて最軽量な14kg、セットアップも素早くできるモデルです。湖のような静水でカヤックに乗りながらバードウォッチングやカヤックフィッシングなどを楽しむのに適しています。

積載量は190kgあるので、2人乗りであれば日帰りのツーリング、1人乗りであればテントなどの荷物を積んで1~2泊程度のキャンプツーリングが可能。のんびり、まったり水上散歩を楽しみたい初心者におすすめの1艇です!

名称:アリュート 380T
重さ:14kg
サイズ:全長/380cm、最大幅/77cm、コックピットサイズ(縦×横)/195×40cm
収納サイズ:92×37×27cm
最大積載量:190kg
価格:175,000円(税別)

購入はこちら:モンベル

海へ川へフィールドの幅が広い!長期のキャンプツーリングも可能なゆとりのカヤック

モンベルのカヤック、ボイジャー 460T    

出典:モンベル

荷物をたくさん積んで水上を移動しながら旅をする、そんな本格的キャンプツーリングも可能な積載量。全長460cmで安定感があり、川旅だけでなく海でのシーカヤックにも適したオールラウンドなカヤックです。収納すると95cmほどのキャリングパックに入る大きさになります!

最大積載量が290kgもあるので、大人2人と子供1人が乗っても安心。ファミリーで楽しみたい人にも支持されています。この性能とリーズナブルな価格、最初の1艇としても要チェックです!

名称:ボイジャー 460T
重さ:20kg
サイズ:全長/460cm、最大幅/77cm、コックピットサイズ(縦×横)/206×40cm
収納サイズ:95×40×33cm
最大積載量:290kg
価格:220,000円(税別)
購入はこちら:モンベル

日本の“おりがみ”から発想を得た、フォールディングカヤックの進化系!

モンベルのカヤック、ビーチ(オルカヤック)    

出典:モンベル

総重量がわずか12kg!組み立てるためのセットアップ時間わずか5~10分!全く新しいタイプのフォールディングカヤックとして世界のカヤック愛好家から注目を浴びています。おりがみを折るような感覚でパタン、パタンと本体を折り曲げて収納できるのは驚きです。ビーチはオルカヤックの中でも一番扱いやすく、最短時間で組み立て可能なモデル。

コックピット内は広々で、圧迫感がなくリラックスして操縦できます。背もたれの高さ調整ができるシートやフットブレイス装備、サイド部分をボックス状にしたデザインのおかげで軽量ながら十分な船体強度があります。見た目は白と黒で“和”を意識したカラーがおしゃれだし、女性でも軽々持ち運び可能な点や手頃な価格も魅力的ですね!

名称:ビーチ(オルカヤック)
重さ:12kg
サイズ:全長/370cm、最大幅/71cm
収納サイズ:84×30×76cm
価格:169,000円(税別)
購入はこちら:モンベル

もっと手頃なカヤックがほしい人には10万円以下でも探せます!

1人でのんびり、気軽に楽しみたい場合におすすめなのは1人乗り用のカヤックです。

モンベルで販売しているカヤックの中で最も手軽でリーズナブルなタイプはコレ!

モンベルのカヤック、チヌークXP ONE(アクアグライド)    

出典:モンベル

レクリエーションカヤックとして、誰でもすぐに楽しめる汎用性の高い1人乗り用カヤックです。静水または水の流れが穏やかな場所での使用に適しています。値段が手ごろなので、キャンプの合間にちょっと水に浮かんでカヤック遊びを楽しんでみたい、という人にぴったり!

名称:チヌークXP ONE(アクアグライド)
総重量:10.0kg
全長:274cm
最大幅:91.5cm
最大積載量:113kg
収納サイズ:59×24×50cm
価格:49,800円
※リペアキット、収納袋つき
購入はこちら:モンベル

静水から流れのある川、穏やかな海の沿岸部分まで対応可能な入門者向けモデル

モンベルのカヤック、ザイディゴ 9.0    

最大積載量が100kgと少なめですが、湖やトロ場などの静水域から穏やかな海まで使用可能な1人乗りカヤックです。入門者向けモデルとしておすすめ!フィールドを選ばないので、気分に合わせてとにかく気軽に乗ってみたいという人はぜひ!

名称:ザイディゴ 9.0
総重量:17kg
全長:276cm
最大幅:72cm
高さ:36cm
コックピットサイズ(縦×横):98cm×55cm
最大積載:100kg
価格:68,000円(税別)
購入はこちら:モンベル

空気を入れるだけ!撤収もカンタンなインフレータブルカヤック

水から上がったら、水分をタオルなどでふき取り、乾燥させるだけなのでメンテナンスも手間いらず。何かと忙しい子連れキャンパーや、とにかく身軽にカヤックを楽しみたい人におすすめのインフレータブルカヤックを紹介します!

子供やペットと一緒に楽しみたい♪さっと膨らませて水上散歩へGO!

モンベルのカヤック、シェランHB タンデムXL(アクアグライド)    

出典:モンベル

着脱式キッズシートが標準装備され、子供やペットと一緒にタンデムできるカヤックです!1~3人まで乗ることができる、ファミリーで楽しむのに最適なレクリエーションカヤックとしておすすめ!ドレンプラグが装備されていて艇内にたまった水抜きが簡単。さらにフロアボードは取り外し可能。遊んだあとの撤収やメンテナンスも容易です!

名称:シェランHB タンデムXL(アクアグライド)
総重量:19.1kg
全長:457cm
最大幅:91cm
最大積載量:272kg
価格:156,000円(税別)
※キャリーバッグ、リペアキットつき
購入はこちら:モンベル

とっても軽いから担いで持ち歩くこともできちゃうスグレモノ!

モンベルのカヤック、ホーネット ライト(ココペリ)    

出典:モンベル

総重量がわずか2.2kg!船体を1気質仕様にし、背もたれをなくすなど徹底的に軽量化にこだわったデザインです。最軽量で収納性に優れた1人乗り用カヤック。穏やかな流れの川や湖での使用に適しています。標高の高い場所にある山の上の湖でツーリングすることも夢じゃないです!

名称:ホーネット ライト(ココペリ)
総重量:2.2kg
全長:216cm
最大幅:94cm
最大積載量:113.4kg
収納サイズ:69×36×18cm
価格:88,000円(税別)
※ポンプバック、コンプレッションストラップ×2本、簡易リペアセットつき
購入はこちら:モンベル

カヤックを楽しむためのアイテム紹介

安全にカヤックを楽しむにはパドルの他にもいくつかのアイテムが必要です。これだけは用意したい、カヤックツーリングの基本装備を紹介します!

パドル

モンベルのパドル    

出典:モンベル

カヤックに乗るときに進行方向を操る舵として、重要な役割を果たすのが「パドル」です。パドルにも素材から形状まで様々な種類がありますが、基本的にカヤックで使用するパドルはシャフトの両側に水をとらえるブレードがついている“ダブルブレードパドル”です。

分割することができるパドルもあります。分割できるタイプは携行性に優れているので、フォールディングカヤックとの相性もばつぐんです。シーカヤック・ツーリングでは長距離を自分で漕いで移動しなければならないので、軽量モデルがおすすめ!

購入はこちら:モンベル

ライフジャケット

モンベルのライフジャケット    

出典:モンベル

水辺では必ず全員が着用しておきたいアイテムです。安定感のあるカヤックでも転覆してしまう危険はあります。水の中に投げ出さたとしても、ライフジャケットを着用していれば十分な浮力を備えているので安心です。用途に合ったモデルを選びましょう。

購入はこちら:モンベル

フローテーション(浮力体)

モンベルのフローテーション    

出典:モンベル

カヤック装備で初心者から上級者まで経験を問わず必要なアイテムが「フローテーション」と呼ばれる浮力体です。カヤックがひっくり返ってしまうことを“沈(ちん)”と呼びますが、このときにカヤックが完全に沈んでしまうのを防ぐ役割があります。

一般的にカヤック前部に取り付けるバウ用と、カヤック後部に取り付けるスターン用の2つが必要です。カヤックの形状に合ったフローテーションを選ぶのがポイント!

購入はこちら:モンベル

ドライパック

モンベルのドライパック    

出典:モンベル

水で濡らしたくない荷物は全て防水バッグに入れて持ち運びましょう!キャンプツーリングであれば、テントや寝袋など大きなものから着替え用の衣類、食料、カメラなど水に濡れては困るものは全て詰め込みます。モンベルには80Lや130Lといった大きなサイズのバッグから5Lの小さなバッグまで様々な防水バッグが揃っています。

購入はこちら:モンベル

コーミングカバー

モンベルのコーミングカバー    

出典:モンベル

コックピットからの水の侵入を防ぐためのカバーです。一人乗り用と二人乗り用があるので、用途にあったカバーを選びましょう。

購入はこちら:モンベル

おすすめの服装

カヤックを快適にする楽しむには、服装選びも重要です。動きやすいことはもちろんですが、最も大切なのは“濡れてもすぐに乾きやすい”という点です。また、防寒対策としてアウターも忘れずに!

春先の川や海の水温はまだまだ冷たく、外気温との差が大きいです。グローブやヘルメット、フットウエアなどの小物も活用し、速乾性と保温性に優れたものを選ぶようにしてください。

モンベルカヤックの実物が見られる店舗

モンベルの店舗に並んだカヤック    

百聞は一見にしかず。気になるカヤックや挑戦してみたいカヤックスタイルがあれば、実物を見にお近くのモンベル店舗へ足を運んでみましょう!
カヤック本体や必要装備など実物を見ることができる店舗は、モンベルのサイトで検索することができます。チェックしてみてください!

カヤック製品を取り扱うモンベル店舗はこちら:モンベル

まずはカヤック体験ができるイベントに参加してみよう!

カヤックを漕ぐ2人組    

出典:モンベル

モンベルではカヤックを始めてみたい方から、レベルアップしてみたい方、カヤックのもっとディープな楽しみを知りたい方などに向けて、講習会やカヤックツアーといったイベントを企画・運営しています。
どのイベントも単純に漕ぎ方を教えてもらえるだけでなく、用途に合ったカヤックの選び方や自分に合うのはどんなタイプなのかといったアドバイスまで聞けるのでおすすめです!購入前には1度と言わず何度でも参加してみましょう。

カヌー&カヤックのイベントについて詳しくはこちら:モンベル

まとめ

モンベルだから叶うカヤックの世界。カヤックはアウトドアライフを広げてくれる遊び道具であり、水の上を進む移動手段の一つ。楽しみ方も必要な知識や道具もいろいろです!初心者にも経験者にも、モンベルならあなたにぴったりのアイテムが揃っています。

店舗へ足を運んで実物を見たりイベントに参加したりしてみましょう。お気に入りのカヤックに出会えたら、週末のおでかけやキャンプでの過ごし方がきっと変わるはず。


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪