防水リュックサックをお探しですか?タウンユースから本格的なものまで紹介!

 ファッション

バックパックを背負い自転車に乗る男性

出典:Pixabay

自転車での帰り道、急に雨に降られて何もかもびしょびしょ、なんて経験ありますよね。しかもバッグの中には大切な書類とノートパソコンが。今回は通勤、通学、アウトドアなど様々なシーンに合わせた防水、撥水に特化したリュック・バックパックを特集してみました。


 目次


防水と完全防水の違い

リュックを背負っている男性の写真    

出典:Pixabay

リュックサックには、防水と完全防水の種類があります。どのように違うのか、またどっちを選べば良いのかわからないという方もいるのではないでしょうか?ここでは、防水と完全防水の違いについて詳しくご紹介します。

防水と完全防水

防水のリュックサックは、防水加工の施されてあるリュックや防水素材を使用しているリュックサックのこと言います。一方で、完全防水のリュックサックは、防水加工、防水素材を使用していますし、縫い目やジッパーにも防水処理が施されています。

防水リュックサックは、多少の雨では平気なように加工されているので、普段使いなどでは防水リュックサックで十分です。しかし、急に天候が変わるような登山や、海や川でのスポーツなど水辺でがっつり使いたいという方には、完全防水リュックサックがおすすめです。

開口部の種類によって防水機能は変わる?

開口部によって防水機能に変わりはあるのか。リュックサックには、ロールトップタイプとジッパータイプと大きく分けて二つの開口部で種類を分けられます。ロールトップタイプは、リュックの上を丸めて折りたたみ閉じる種類で、ジッパータイプはリュックについているジッパーを閉めることによって閉じれます。

ロールトップタイプの防水機能

コールマンのロールトップタイプアトラスリュックの画像    

出典:Amazon

ロールトップタイプのリュックサックは、開口部を折りたたむことで、開け閉めを行うので、閉めている状態の時は雨がリュックの中に浸みこむことはあまりありません。なので、ロールトップタイプのリュックサックの場合、開口部から雨が浸みこむという心配がなく使えます。

しかし、防水機能が高い反面、リュックの開け閉めを行う時に、底の部分に入っている荷物を取り出しづらいというデメリットもあります。

ジッパータイプの防水機能

アークテリクスのジッパータイプのリュックサックの画像    

出典:Amazon

ジッパータイプのリュックサックは、ジッパーで開け閉めを行うので、出し入れが簡単にできます。また、防水加工をされたリュックのジッパーは、止水ジッパーになっているので、ジッパー部分にもしっかりと防水機能が施されています。

ですが、止水ジッパーになっているとはいえ、長時間雨に打たれ続けると中に浸水してしまうので、完全に水を中に入れないという訳ではないので、注意が必要です。

急な雨にも対応できるタウンユース向けバックパック

お天道様というのは気まぐれです。それは大自然でもあなたの暮らす街でも変わりません。そんな気まぐれからあなたの大事な所持品を守ってくれるバックパックを紹介します!

ここまではタウンユースとしても気軽に合わせやすいデザインのものを特集してみました。

普段の生活の中だと、防水機能だけで十分ですが、荒々しい自然の中では本腰を入れた準備が必要となります。もし雪山に出かけたならば、暖を取るための器具が必要になったり、厚い積雪の中を移動するための道具を運ばなければいけません。

山奥の川でフィッシングをするならば、収納力を備えつつ、防水機能を兼ね備えている必要があります。そこで、次はそんな自然の脅威にも負けないための準備ができるバックパックをご紹介します。

アウトドア実践編

リュックの中身の写真    

出典:instagram(@yokowakerock・)

TellusPhoto40だと容量が40Lあるのでこのくらいの荷物は綺麗に入れることができそうです。

防水リュックサックで雨を気にせずアウトドアを楽しもう!

機能性とともにデザイン性もしっかりしたものばかりでしたね。このリュックサックたちを背負っていたらもう雨やら雪やら怖くありません!それでは楽しい雨の日をお過ごしください!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪