キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

選ぶならコレ!人気アウトドアブランドが手がけるでかいリュック6選

でかいリュックを背負って自然をハイキングしている人達の画像

出典:PIXTA

かなりの荷物を手で持つとなると大変だと思います。そこで役立つのがでかいリュックです。荷物を一つにまとめることができ、手で持つよりも断然楽々。今回は、本格的なアウトドアで活躍するおすすめのでかいリュックについて選び方やチェックポイントをご紹介します。買う前に要チェックです。

本格的なアウトドアに便利なでかいリュックのサイズをチェック!

でかいリュックを背負ってハイキングを楽しんでいる人達の画像

出典:PIXTA

本格的なアウトドアをする場合、宿泊するためのテント用品を入れることもできるため、でかいリュックが便利です。かなりの荷物を入れることができますが、長時間歩くことも考え自分が背負えるサイズを選びましょう。登山の初心者や女性は、50Lサイズくらいが理想的です。

でかいリュックを選ぶときの3つのポイント

一口にでかいリュックといっても種類が豊富で、選ぶときに迷いますよね。どのような点に注意すれば良いのか3つのチェックポイントを見ていきましょう。

防水・撥水に優れているか

アウトドアで急な雨はつきものです。そのため、でかいリュックに防水や撥水加工がされているかチェックしましょう。なお、防水と撥水では役割が違います。撥水とは水を弾く効果のこと、防水とは水分の侵入を完全に防ぐ効果のことです。

バックパネルの快適度は高いか

リュック本体と背中が触れるバックパネルには、メッシュ素材を採用するなど通気性が優れた素材でつくられているかチェックしましょう。また、クッションに工夫を凝らしたものが良く、背負ったときのしっくり感は重要ポイントです。

荷物の出し入れや整理はしやすいか

でかいリュックは、メインコンパートメントが大きいので荷物整理のために仕切りが設けられているものを選びましょう。荷物の出し入れのためにフロントアクセスだけでなく、サイドアクセスが付いているとより便利です。ギアの整理に便利な外部ポケットの数や位置もチェックしましょう。

特に両サイドにある縦に開くポケットは、すぐに取り出したい物を入れておくのにとても便利だと感じました。トップリッドにあるポケットも左右二つに独立していて細々とした物を分けて収納することができます。

沢山ポケットがあり、また背中部分のクッション性も良く、長時間担いでも疲れにくいです。

機能的で快適なでかいリュックの人気があることが口コミからもわかるかと思います。

快適で機能的なつくりのでかいリュック6選

でかいリュックを背負ってアウトドアへ出掛けよう!

今回ご紹介した高機能で使い勝手の良いでかいリュックは、甲乙つけがたい優れモノ揃いです。どれを購入しても満足できるはずです。丈夫で長持ちするので、きっとアウトドアの相棒となってくれることでしょう。背負い心地や使い勝手が気に入ったら、サイズ違いや色違いでそろえるのもいいですね。

今回紹介したアイテム

商品画像ミレー プロライター 60+20カリマー クーガー 75-95Lマムート Trion Spine 50ミステリーランチ MARSHALLサイバトロン バックパック 65Lグレゴリー バルトロ75
商品名ミレー プロライター 60+20カリマー クーガー 75-95Lマムート Trion Spine 50ミステリーランチ MARSHALLサイバトロン バックパック 65Lグレゴリー バルトロ75
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事