キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
スノーピーク(snow peak) ローチェアショート アイボリー LV-093IV

スノーピークのローチェアでラグジュアリー空間を!座り心地抜群でリラックス!

※本記事には一部プロモーションが含まれます

スノーピークのローチェアはコンパクトなのに抜群のリラックス感。今回は、家でもアウトドアでも大活躍のスノーピークのローチェアの魅力と、大人気のローチェア30、ロースタイルのサイトコーディネートなどを紹介します。モデルごとの違いも解説しているので、購入時の参考にしてみましょう。

ローチェアって何?

おしゃれなキャンプサイトで見かけることが多くなったローチェアですが、どうしてこんなに普及するようになったのでしょう?きっと、ロースタイルならではの魅力があるに違いありません。まずはローチェアの特徴を紹介します。

座面の高さが地上高30cm

私たちが普段の生活の中で座ることの多い、ダイニングテーブルで使用するような椅子の座面高は、床上から40cm前後です。それに対し、ローチェアの座面高は床上から30cm以下とされています。地面に近すぎるほど目線が低いのが特徴で、安定感があり、座りやすいです。

ソファのような座り心地

ローチェアは、一般的な体型の大人であれば足を前に伸ばして投げ出すような体勢になって座ります。ソファでのんびりするのと同じ姿勢です。腰を深く落としてゆったりと座るので、背筋や腹筋などの緊張がほぐれ、それと連動して気持ちまでリラックスします。

ローチェアの良い点は?

見た目はコンパクトなのに、座ってみるとゆったりできるのがローチェアの良いところ。では、キャンプで使用する際はどんなメリットがあるのか、みていきましょう!

子どもも大人もちょうどいいサイズ感

まだ小柄な体格の子どもにとって、一般的な高さの椅子は座るときに「ヨイショ!」と登るような感じです。座ってしまえば特に問題ありませんが、キャンプで使うような折りたたみ式のチェアの場合、座るときにぐらついたりバランスを崩しそうになったりと少し危なっかしいのが問題。 ローチェアの場合は、大人はもちろん、子どももお尻から座れる高さなので、ぐらつきやバランスを崩す心配がなく、安心して使用できます。

焚き火をより近くに感じられて暖かい

座面が低いと必然的に目線も下がります。身体も地面に近づくので、地面から上がってくる土の香りや芝の緑の様子、焚き火の炎などがより近く感じられると思います。自然から得られるさまざまな刺激をよりダイレクトに受け取ることができ、アウトドアでの癒し効果もより高まることでしょう!

天井が高く感じられる!

テントやタープの下で使用する場合、ハイバックチェアを設置するのはかなり無理がありますが、ローチェアは背が低いので椅子から天井までの間が広くなります。インテリアでも背の低い家具は空間を広く感じさせる効果があるように、ローチェアも限られたスペースをなるべく広く使いたいときに有効なアイテムです!

ポールの高さを下げて、強度を上げることが可能に!

タープとローチェア、そしてハンモックのみというシンプルさが潔い使い方。椅子の背が低ければ、その分天井の高さも低くして大丈夫なので、ポールの長さを短くすることも可能です。ポールが短いと、強度があがるといううれしいおまけつき。 デイキャンプなら余計なものは持たずにタープとローチェアのみ、と割り切ってしまえば、さっぱりとしていて十分快適なサイトが作れます。

どんなアウトドアシーンにもはまる

ローチェアをキャンプでだけ使用するのはもったいないです。ローチェアを持って近くの公園へ、はたまた川や海へと好きな場所へ出かけてみましょう。気に入った場所が見つかったら、そこでローチェアを広げて腰かけてみてください。のんびりできる特等席のでき上がりです!

スノーピークのローチェアならではの魅力とは?

スノーピークのアイテムは機能だけでなく、デザイン性にも優れています。シンプルなデザインが多く、室内・室外ともにおしゃれにキマるのが人気の理由の一つです! 少し値段は張りますが、買ってよかった!という声も多いのも事実。ここでは、スノーピークのローチェアならではの座り心地、デザイン、収納力の高さまで、人気の秘密に迫ります。

頑丈で壊れにくい!

スノーピークのアイテム全ては永久保証。一つ一つ丁寧に作られているため、頑丈で壊れにくいのが大きな魅力です。ローチェアの耐荷重についてカタログ等に記載はありませんが、80kgは余裕で耐えられるように設計されています。また、持ち運びやすさも追求し、ユーザビリティが非常に優れているのも特徴です!

アイボリー色がおしゃれ!

新作のローチェアショートアイボリーには、背面にメッシュの収納ポケットや小物をかけられるフックが付いています。部屋の中に置いておいても浮かないシックなデザインは、カラフルな色使いが多いアウトドアグッズとは一線を画す存在。 フレームの色がシルバーからブラックに変わり、ひじ掛け部分の素材も竹集成材からチークに変更されているおかげで、アウトドアだけでなく室内インテリアに使用してもおしゃれです!

あっという間に簡単に開閉できる!

ローチェアショートアイボリーおよびローチェア30の収納時、椅子の中央にフレームを集めるようにして折りたたみます。中央収束型と呼ばれる仕組みで、分解や組み立ての手間がありません。いつでも座りたいときにさっと座れて撤収も簡単です!

永久保証で修理サポートが万全!

ローチェアの生地は使っている間に色あせてしまうこともあります。正しく使用していても経年劣化などで修理が必要になることもあるでしょう。そんなときこそ、スノーピークにおまかせ! スノーピークはブランドポリシーとして自社製品を購入後もしっかりサポート(時には無償修理)してくれる会社として有名です。もちろんローチェアの生地の色あせや破損などにも対応してくれます。 ローチェア30のOEM製品もありますが、修理が必要になったときOEM製品は修理の対象とならない点にご注意ください。お気に入りのローチェアを末永く大切に使っていきたいと考える人には、スノーピークの手厚いサービスは強い味方となってくれます!

シェラカップと組み合わせてさらに使いやすく!

スノーピークのシェラカップをローチェアのひじ掛け部分に引っ掛けると、ちょうど良くはまります。ここにドリンクを置いたり、携帯電話を置いたり使い勝手が格段にアップするアイデアです!

グラマラスに決まる!スノーピークのローチェアたち!

さまざまなブランドから出ているローチェアの中でも、スノーピークのローチェアは特に人気のあるアイテムです。そんなスノーピークのローチェアを紹介します!

ローチェアショート

ローチェア30

ローチェア関連アイテム

ローチェアを使ったサイトコーディネート例

スノーピークのローチェアを使って、素敵なサイトコーディネートを実践している様子をインスタグラムからピックアップしてみました!使用しているローチェアの数や並べ方、他のアイテムとの組み合わせ方など、サイト作りの参考にしてください。

グリーン&イエローの組み合わせが爽やか!

ノルディスクのレイサとスノーピークのローチェア30の組み合わせ。コンパクトなローチェアだから、窮屈にならず広々と見える上手なコーディネート。 全体的な色味をグリーンとイエローで揃えているので、ナチュラルでさわやかな印象です。ローチェア30はゆったりと座れる割には、ひじ掛けのおかげで椅子から立ち上がるのも比較的楽です。

グループキャンプやアウトドアミーティングにも良さそうなレイアウト

スノーピークのランドロックを連結して、ローチェア30とローテーブルをずらっと並べています。ローチェアは座面が低いので、大人から子どもまで使いやすいのが魅力です。

カラフルな色使いが印象的なコーディネート

見るからにくつろげそうな、素敵なコーディネートを発見しました!さまざまなテイストと色を使っているのですが、ごちゃごちゃせずまとまっていてセンスの良さが感じられます。すっきり見えるのは、センターテーブルの高さやクッキングコーナーの棚の高さをそれぞれ揃えているのがポイントです。

カンガルースタイルでも大活躍!

タープの中に居住空間を全て取り込んだカンガルースタイル!きゅっと全てまとまっているので一見すると狭そうにも見えますが、実は動線が良く過ごしやすいサイトコーディネートです。小さな子どものいるファミリーにおすすめのスタイル。

おうちのインテリアに取り入れても!

スノーピークのローチェアは、シンプルで飽きのこない見た目がアウトドアだけでなく、日常のインテリアに取り入れてもほどよくマッチしてくれます。ローチェアがおしゃれなインテリアをインスタグラムからピックアップしてみました!

コーヒー片手に読書...くつろぎコーナーが完成!

やっと手に入れたスノーピークのローチェアで妄想キャンプ中。このまま部屋使いしても素敵です!ローチェアを2脚並べて、ソファ代わり。ミニマリスト的。自作のコーヒーテーブルが落ち着いたブラウンで、ローチェアとの相性も良く、空間を引き締めてくれています。

ダイニングテーブルを低くして家の中でもロースタイル!

ロースタイル好きが高じて、ダイニングテーブルの脚をローチェア30の高さに合わせて切っています。本当に、大胆!このように家具の高さを全体的に低くすると空間が広く感じられます。お気に入りのローチェアとダイニングテーブルで、食事の時間も会話が弾みそう!リラックスしてゆっくり楽しみましょう。

大きなソファと組み合わせてもGOOD!

木の壁とグリーンが心地よいリビングです。ローチェア30を一人掛けソファのように見立てて、大きな白いソファと組み合わせています。ローチェアなら気分によって配置を変えることも簡単なので、模様替え好きな人にはぴったりのアイテムです。

家の中にいても自然を身近に感じられるインテリア

こちらはスノーピークアイテムのライフスタイルパッケージ販売と住宅リノベーションを提案している「ヒ・グラシ」の販売住宅です。スノーピークのアウトドアアイテムだけで、こんな素敵なインテリアコーディネートが楽しめます!こんな部屋に住んでみたいと思ってしまう方が多いのも納得です。

ベランダでも

アルパカストーブとローチェアの組み合わせが和みます。ローチェアに座ると空が広く感じられるので、自宅の中庭やベランダからいつもと違う空が見られること間違いなし!もし、天気が悪くなったとしたら、すぐに片づけられる点も便利です!

手軽なリメイクで自分だけのローチェアができ上がり!

シンプルで飽きのこないデザインが魅力のスノーピークのローチェアですが、より自分好みにしかも大切に使っていきたいということで、リメイクを取り入れている人もいます。手軽にできるリメイク術を紹介!

焚き火の火の粉が気になる人はカバーで対策を

焚き火をするとき、火の粉が飛んできてローチェアの生地に当たってしまうと、そこに穴があいてしまいます。大事なローチェアをきれいな状態で長く使うため、カバーを装着する方が多いです。これなら汚れてもジャブジャブ洗えるし、万が一、穴があいてしまってもカバーを取りかえるだけですむので安心!

リメイクしたローチェアでシックに決めたサイト

ローチェア30のひじ掛け部分の白木を外し、代わりに色目の濃い木材を取り付けてリメイクしています。右側がリメイク済みのもの、左側がリメイク前のもの。同じアイテムでもひじ掛けの素材を変えるだけで印象が違って見えます。ドライバーひとつの簡単リメイクです!

ローチェアにくつ下を履かせて室内仕様に

室内でローチェアを使う場合、床に傷がついてしまわないか心配です。もし、床に傷をつけたくないのであれば、ローチェアの足の先に靴下を履かせてあげましょう!伸縮性がある厚手のニット素材がおすすめです。

スノーピークのローチェアの使用時の注意点

スノーピークのローチェア座面に採用しているのは耐久性に優れたポリエステル素材。破れにくく丈夫な素材ですが、火の粉で穴が空く恐れがあります。生地が厚いので多少の火の粉であれば焦げ付くだけに抑えやすいですが、燃えないということではありません。焚き火の近くに設置する場合は十分気を付けましょう。

スノーピークのローチェアは洗濯できるの?

洗濯機を覗き込む男性

出典:monkeybusinessimages / ゲッティイメージズ

スノーピークのチェアは洗濯機で丸洗いができません。シートが取り外せれば洗濯機で丸洗いできましたが、現在のモデルは座面シートが取り外しできないようになっています。 洗濯する場合は、直接中性洗剤をお湯で薄め、柔らかい布に含ませ軽く絞って拭き取ってください。また洗剤が残っているとシミになってしまうので、しっかりとすすぐことをおすすめします!乾燥は、陰干し必須です。

「OEM」 のローチェアもチェック!

OEM商品とは他社ブランドの製品を製造することを言います。今回の場合はスノーピークと同じ製造方法を取っている他ブランドのチェアということです。

スノーピークのローチェアでゆったりくつろごう

リラックス感たっぷりのロースタイルキャンプ。今回は、キャンプサイトや自宅のインテリアで実際にローチェアを使って上手にコーディネートしている様子を紹介しました。スノーピークのローチェア30と新作のローチェアショートアイボリーでとっても素敵な空間を作ってみましょう! OEM製品も出ていますが、修理しながら安心して長く使える点はスノーピークならではの魅力です。少し高価なアイテムですが、自宅でもアウトドアでも使えるのならコスパも良し。上品なローチェアでおうちもキャンプもおしゃれに決めるチャンスです。

\スノーピークのチェアをまとめてチェック/

今回紹介したアイテム

商品画像ローチェア ショート アイボリーローチェア ショート グレーローチェア30 アイボリーローチェア30 グレーローチェア30 カーキローチェア30 ブラウンローチェアクッション プラスローチェアカップホルダーCHANODUG ローチェア30
商品名ローチェア ショート アイボリーローチェア ショート グレーローチェア30 アイボリーローチェア30 グレーローチェア30 カーキローチェア30 ブラウンローチェアクッション プラスローチェアカップホルダーCHANODUG ローチェア30
商品リンク


あわせて読みたい記事