登山に着ていきたいザ・ノース・フェイスのレインウェア!口コミも!

 ファッション

ノースフェイスのレインウェアのロゴ

出典:Alan C. / flickr

ック!ザ・ノース・フェイスのレインウェアは、大きくゴアテックスとハイベントという素材に分けられ、登山のレベルや、予算に合わせてラインナップ豊富!今回は、そんなザ・ノース・フェイスのレインウェアを、メンズ・レディース・キッズに分けて紹介します。口コミも!


 目次


ザ・ノース・フェイスレインウェアの魅力

ザ・ノース・フェイスは、登山用具やアウトドア用品はもちろん、普段使いもできる衣服の制作と販売も手がけるアメリカのメーカー。アウトドア好きだけでなく、世界中のファッション好きの方に愛されています。

ザ・ノース・フェイスの中でアウトドアでもライフスタイルでも使用できる人気ウェアの1つがレインウェア。ザ・ノース・フェイスのレインウェアが他のメーカーと比べて優れているものとして、3点挙げられます。

防水性

レインウェアで最も重要なポイント。「レインウェア」っていうんだから、どこのメーカーも同じくらいの防水性でしょ?と思うかもしれませんが、実はそうでもないのです。メーカーによって雨を防ぐレベルに違いがあります。

ザ・ノース・フェイスのレインウェアは、素材に「ゴアテックス」のものだけでなく、ザ・ノース・フェイスが独自開発した「ハイベント」という素材を使用していて、他のメーカーのものと比べて防水性に優れています。

透湿性

レインウェアを着て登山すると、想像以上に汗をかいて蒸れます。この蒸れ(水蒸気)を外に出す機能である透湿性も、防水性と同様に、メーカーによって違いがあるのです。先ほど紹介した「ゴアテックス」と「ハイベント」は、透湿性でも優れています。

快適性

@___famiがシェアした投稿 -

ここでいう「快適性」というのは、動きやすさ、着心地のよさのことです。いくらレインウェアとしての機能が良くても、ゴアゴアして動きにくいとか、ベタつき感があって気持ち悪いとなると、ストレスになってしまいます。

ザ・ノース・フェイスのレインウェアの裏地は特殊なプリントが施されているため、ミッドレイヤーを着用していても生地の摩擦が少なくすむように設計されています。また、この裏地は滑らかなため、肌へのベタつきも抑えてくれるのです。

ザ・ノース・フェイスのレインウェアには、2つのタイプが!

ゴアテックス

いわずと知れた素材。防水性、透湿性、防風性を兼ね備えていて、かつ軽量で携帯性に優れている素材です。多くのメーカーで採用されています。

ゴアテックスは洗濯も可能!詳しくはこちら▽

ハイベント

ザ・ノース・フェイスが独自開発した素材です。こちらも、防水性、透湿性、防風性を兼ね備えています。ゴアテックスに比べると劣りますが、その分低価格で手を出しやすい!

それでは、いよいよ、おすすめのレインウェアをご紹介していきます!

【メンズ】【レディース】おすすめレインウェア

ザ・ノース・フェイスのレインウェアの定番といえば、レインテックスシリーズ。ここでは、ジャケットとパンツの上下セットになっているタイプをご紹介。登山がはじめての方にとって最初に買うにはうってつけです。レインウェアとしての機能性、快適性、さらに、ポケットの大きさや位置、数といった細かい部分まで行き届いた製品です。

登山用としては「エアロ」、「クラウド」があります。

今はゴア以外にも各社独自の防水 透湿素材を開発しているので選択肢は増えた。ハイベント はソフトな着心地で、長時間着用していてもストレスを感 じることがない。

奇跡の今日一日

身長165cm、体重63kgで普通体型の私はMサイズを購入しました。サイズ感はレインウェアの下に春服を着てちょうど良い感じなので冬の厚着時では窮屈になると思います。

山に魅了された男の登山記録

以上、レインテックスシリーズです。

これからは他シリーズのおすすめをご紹介!

この価格でゴアテックス(R)マイクログリットバッカー3層はやっぱりすばらしい。
買って正解だったと思います。
デザインもシンプルでオシャレ。

海が俺を呼んでいるby豚骨安藤

単純な雨対策ならゴアテックスを買えば間違いない。しかし、年間を通じて雨の中に走る事は稀である。レインウェア(レインスーツ)に高い資金を投入するよりもSTYやUTMFの参加資金として貯金した方が良い。

尚且つコンパクトで持ち運びが楽な奴となるとノースフェイス・ベンチャージャケットだ。このノベルティーベンチャージャケットもかなり高額だがこの先、UTMFやUTMBを完走する事を考えると軽量・コンパクトでしっかりした雨具を持っておきたい。

なので、ベンチャージャケットNP61515ZZ(NP11536)を購入した。

トレイルラン・フルマラソン・ロードバイク等の趣味ブログ

メリット
シルエットがカッコいい、値段がそこまで高くない、防風性、防水性に優れている、ほぼ一年中着ることができる。

デメリット
これ自体には保温性はないので冬だと着込まなければならない、裏地がビニル素材なので半袖の上に着ると少し違和感がある

サイズ感
ネットで買う際はこれが1番不安になることだと思います。私は身長175cm、体重70kgで全体的にガッチリ体型です。Lサイズを着用していますが、結構大きめです。中に着込むことも想定してLにしたのですが、正直Mのほうが見た目はいいので、少し後悔してます。ですので、目安として身長180cm以上の方はLで大丈夫かなとは思います

ノースフェイス野郎のブログ

3レイヤーながら130gと超軽量。耐水機能はゴアテックスに及びませんが、透湿性は上回るようです。

まっちゃんの桜の木陰日記

走っていても動きやすく、寒い時期にはウィンドブレーカーがわりとしても活用しています。この間八ヶ岳を走りに行った時は強風と雨がすごかったんです。でも7、8時間行動していてもこれ1枚で十分で問題なかったです。もちろん天候、ルート、己の体力などの掛け合わせで考えるべきことなので、誰もが大丈夫とはいえないですが、軽量なんだけどしっかりと雨風から身を守ってくれたという実感がありました。

山旅旅

【キッズ】おすすめレインウェア

おしゃれさん必見!他にもザ・ノース・フェイスの情報が盛りだくさんの特集も見てください♪
詳細はこちら:ザ・ノース・フェイス特集

【番外編】フェスにおすすめなポンチョレインウェアも!

まとめ

ザ・ノース・フェイスのレインウェアは、他のメーカーと比べて、防水性、透湿性、快適性の3つで優れています。今回は、メンズ、レディース、キッズに分けて、それぞれのおすすめをご紹介しました。たくさんあるレインウェアから何を基準に選べばいいかわからない方にとっての一助になれば幸いです!

ノースフェイスのアウトレット情報はこちら▽

ノースフェイスのアウターをもっと知りたい方はこちら▽


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

登山 アクティビティ アウター ウェア

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪