hinata

>

アクティビティ

>

登山

>

初心者だって日本百名山に挑戦できる!オススメの山Vol.14「仙丈ヶ岳」

初心者だって日本百名山に挑戦できる!オススメの山Vol.14「仙丈ヶ岳」

 アクティビティ

傾斜が急な山

出典:Daisuke tashiro / flickr

南アルプスの中でも、初心者に登りやすい山といえば、仙丈ヶ岳。危険箇所はありません。穏やかな山容なのに、山頂からの展望は極めて良く、南アルプスや北アルプス、中央アルプスや富士山など、憧れの山のオンパレード!山がもっと好きになる登山に、もってこいの山が仙丈ヶ岳なのです。


 目次


仙丈ヶ岳ってどんな山?

下から見た仙丈ヶ岳    

出典:Daisuke tashiro / flickr

標高3,033mの仙丈ヶ岳は、長野県伊那市と山梨県南アルプス市にまたがっており、南アルプスの入門編とも言われています。歩きやすいだけでなく、高山植物も多く、山頂部に3つのカール(小仙丈カール、藪沢カール、大仙丈沢カール)があるのが特徴。カールというのは、氷河の浸食により椀状にえぐられた谷のことです。

仙丈ヶ岳に生えている植物    

出典:kabacchi / flickr

交通アクセス

電車・バス利用の場合

伊那市バスターミナル~伊那市駅~高遠駅~仙流荘

車利用の場合

中央高速道 伊那ICで降りて高遠城通貨、国道152号線を南下
仙流荘無料駐車場350台
夜叉神峠無料駐車場約90台
芦安市営無料駐車場約600台

初心者にオススメのルート

仙丈ヶ岳は往復でも7時間なので、日帰りでも充分可能な登山です。でも、せっかくならば、もっとこの景色を堪能したいと思う方もいるのでは。そんな方には、ぜひ馬の背ヒュッテまたは仙丈小屋に宿泊することをオススメ。一日あたりのコースタイムも短くなるし、観光や温泉も楽しめて盛りだくさんの旅に!

初心者にオススメなのは、藪沢小屋コースと古仙丈尾根コースの二つ。
大滝ノ頭までは同じルートを辿り、ここから道が分かれます。

薮沢小屋ルート

コース:北沢峠登山口~大滝ノ頭~薮沢小屋~馬の背ヒュッテ~~丹渓新道分岐~仙丈小屋~仙丈ヶ岳
コースタイム:往復で約5時間半

薮沢小屋ルートを歩く2人組    

出典:Iwao Kobayashi / flickr

このコースは樹林帯が続き、高山植物を楽しめるコースです。北沢峠のバス停近くになる登山口からスタート。展望がきかない樹林帯の中を黙々と登り、約2時間で5合目の大滝ノ頭に到着。この大滝ノ頭は、小仙丈ケ岳への道との分岐点でもあります。

薮沢小屋ルートに流れる沢    

出典:Iwao Kobayashi / flickr

ここからダケカンバの林の中をさらに進み、3つの沢を超えます。沢の水量は少ないので、初心者でも大丈夫ですよ。先ほどの分岐から約20分で、藪沢小屋に到着。この小屋は無人小屋なので、宿泊するならば、馬の背ヒュッテか仙丈小屋がいいでしょう。薮沢小屋から約15分で馬の背ヒュッテに到着。さらにジグザグに登ると、約10分で馬の背に着きます。

そして丹渓新道分岐から約10分でまた展望が開け、仙丈小屋を目指します。だんだん仙丈小屋が近づくと、登りがきつくなってきます。藪沢カールの底にある登山道を右手に進み、藪沢カールの右手から稜線に上がります。中央のピークが日本百名山の仙丈ヶ岳!

稜線歩きが楽しい!小仙丈尾根ルート

コース:北沢峠登山口~大滝ノ頭~小仙丈ヶ岳~仙丈ヶ岳
コースタイム:往復で約5時間半

山が連なる仙丈ヶ岳    

出典:Iwao Kobayashi / flickr

簡単な岩場は多少ありますが、初心者でも問題ありません。このコースの魅力は、なんといっても稜線歩き!展望を楽しみたい方にぴったりです。数ヶ所に岩場はありますが、さほど難しくありません。

北沢峠のバス停近くになる登山口から、スタート。展望がきかない樹林帯の中を黙々と登り、約2時間で5合目の大滝ノ頭に到着。ここは、藪沢小屋に向かうルートとの分岐ですが、そのまま樹林帯の中を登ります。大きな石がごろごろと転がるハイマツ帯の中を登ったら一気に展望が開けるので、景色を楽しみながらの登山になりますよ。

小仙丈尾根ルートの砂利道    

出典:Iwao Kobayashi / flickr

広々とした斜面の登山道を登っていくと、ようやく小仙丈ヶ岳到着。広い稜線を進んでいくと、岩場の出現。この尾根では唯一の岩場です。長さ30メートルほどの岩場は傾斜もありますが、ステップなどもあるので、初心者でも慎重に下れば問題ありません。

傾斜が急な岩山    

出典:Iwao Kobayashi / flickr

岩場を降りきると、小さな岩稜を右から巻いて、さらに下ります。ちなみに、「巻く」というのは、岩場やガレ場などの危険箇所を避け、ピークを通らないで斜面を横切って通過するときの言い方です。

下りきるとゆるい登りが続き、仙丈ヶ岳もいよいよもうすぐ。帰り道は藪沢ルートを使用してもいいし、同じルートを戻っても、そのときの気分で決めてもいいですね。

そして仙丈ヶ岳で宿泊するなら、馬の背ヒュッテか仙丈小屋がおすすめ。

【基本情報】
名称:仙丈ヶ岳 馬の背ヒュッテ
TEL:090-2135-2500
営業期間:7月中旬~10月中旬
予約制、宿泊は大部屋、小屋の前に水場あり
料金:1泊2食 8,500円
素泊まり(寝具付き)5,500円
※+1パーティー8000円で個室の用意も可(当日の受付順)
収容人数:100名
HPはこちら:仙丈ヶ岳 馬の背ヒュッテ

【基本情報】
名称:仙丈小屋
TEL:090-1883-3033
営業期間:6月中旬~10月末(予約制)
収容人数:55名、水場あり
HPはこちら:仙丈小屋

仙丈ヶ岳登山の注意点

山の中の手水場    

出典:Syunichi kouroki / flickr

小仙丈尾根ルートには、水場がありません。充分水を用意してから、登山すること。そして、ここで紹介した二つのコースはどちらも初心者でも問題ないコースですが、小仙丈尾根コースにある岩場には充分気を付けましょう。雨の降った後は、滑りやすくなっているので落ち着いて行動を。

おわりに

稜線歩きも楽しめるし、高山植物も豊富な仙丈ヶ岳は、山の魅力がたっぷりと味わえるから、登山初心者も大満足!日本百名山で南アルプスに挑戦してみたいと思っている方は、まずは仙丈ヶ岳に登山はいかがでしょう?きっと、南アルプスの魅力がわかり、より登山が好きになるはず。


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

登山


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪