キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

もう熱くない!スキレットのハンドルカバーで、ヤケド防止&おしゃれ度アップ♪

スキレットで作る料理

出典:Amazon

スキレットブームの火付け役「ニトスキ」をはじめ、キャンプや家庭でレシピの幅も広がると人気のスキレットですが、何しろ鉄製なので、ハンドル部分がものすごく熱くなってしまうのが懸念点…!そこで今回は、おすすめのハンドルカバーから手作りハンドルカバーの作り方まで、対策方法やアイテムを一挙ご紹介☆

スキレットってどんなもの?

ハンドルカバーを付けたスキレットで調理する様子

出典:Amazon

テレビや女性誌でたびたび紹介される「スキレット」。家庭でもキャンプでも大活躍の鉄製フライパンです。すでに持っている人も多く、持っていない人でもぜひ手持ちのアイテムに加えたいと思っているのではないでしょうか? スキレットは鉄の鋳物なので蓄熱性が高く、長い時間温度が高い状態をキープすることができます。また、小型のスキレットは、調理してそのまま食卓に出せるという手軽さもキャンプで大人気☆スキレットブームはまだまだ過ぎそうにありません!

調理中も安心、ハンドルカバーのすすめ

スキレットで調理する様子

出典:Pixabay

鉄の鋳物で高温の状態が続くスキレット。実は一番気をつけたいのが、ハンドル部分をうっかり触ってしまってのヤケド。熱の伝導率がよいスキレットは、ハンドル部分にももちろん熱が伝わってかなりの高温になるので、とても素手で持つことができません。 そこで利用をおすすめしたいのが、スキレットのハンドルカバー。これですっぽり覆ってしまえば、調理中はもちろんのこと、火元から移す時もいちいちミトンをはめる必要がなく、何より見た目もおしゃれ♪スキレットで調理してそのまま食卓に出す時も、子どもがうっかり触ってしまいそうで何となく心配だな、という時も、カバーをつけてしまえば安心です。

スキレットのハンドルカバーはここで手に入る!

ブルーのハンドルカバーを付けたスキレット

出典:Amazon

スキレット&カバーをセットで手に入れておくのが一番手軽。素材によっては、熱に弱く調理中に使えないものもあるので、購入前によく確認しましょう。

ハンドルをすっぽり覆うニトスキのハンドルカバー

ニトスキのハンドルカバー

出典:Amazon

ニトリのスキレットにぴったりなハンドルカバー。スキレット同様、低価格で手に入れられます。ポリエステル製で熱に弱いため、スキレットをつけたまま調理はできません。引掛けられるようにループ付き。 素材:綿、ポリエステル サイズ:約幅15.2×奥行き7.6cm 詳しくはこちら:ニトリ

ハンドメイドで愛着がわく♪自作ハンドルカバー作りにトライ!

ハンドルカバーを作る様子

出典:Pixabay

おしゃれなキャンパーは、アイテムの1つ1つに個性を出したいもの。色や素材などにこだわって作れば、より大切なアイテムになること間違いなしです。キャンプに欠かせない調理道具のスキレットも、ハンドルカバーを自作する人も多く、器用な人なら、手軽にできる革のクラフトセットと好きな皮を用意して、チクチクとハンドメイドで仕上げてしまうことも!

ちょっとの布で簡単にできる、スキレットカバーの作り方

スキレットカバーを作るための道具

出典:Pixabay

かわいい布をちくちく縫うだけでスキレットカバーが作れます!キルティング生地で作ればより熱さを感じません。
<用意するもの> ○表になる布 縦・スキレットのハンドルの長さ 横・スキレットのハンドルの幅×2倍したものに2 cm位の余裕を持たせます。素材は綿がおすすめです。表の布に柄がある場合、向きに注意しましょう。 ○内側になる布(いらないタオルでOK) サイズは上と同じ 火に近づきすぎると燃える危険もあるので、できあがりの寸法はスキレットのハンドルの長さよりも短くなるようにしましょう。
<作り方> 1. 表になる布の裏側に、内側になる布を重ねて、上から1cm位の部分を内側に折って端を並み縫いします。糸が表に出るので、布と色を合わせるか、アクセントにわざと目立つ色にするのもありです。 2. (1)を、内側になる布が表になるように、縦に半分に折り、端から5mm位のところを並み縫いし、筒状にします。 3. (2)の下部分を、スキレットのハンドルのカーブに合わせるように、並み縫いします。 4. (3)の表裏をひっくり返して、形を整えたら完成です。

ハンドメイドならではの味わいあるハンドルカバー

どんなものを作っているのか、スキレット愛用者のカバーをのぞいてみましょう!

スキレットのハンドルカバーをレザークラフトで!

革をカットして編んでいき、仕上げには蜜蝋を塗ってツヤ出し。スキレットのハンドルカバーは作りもシンプルなので、初めてのレザークラフトにもおすすめです。

上級者編!木製スキレットハンドルカバー

こちらはなんと木を削って作った木製のスキレットハンドルカバーです。専用の器具が必要になるため、手軽に、とはいかないものの、なんとも味わいのある仕上がり。ちなみにこのスキレットハンドルカバーは、取り外してスキレットの蓋の着脱にも使える優れものです。

まとめ

「これ欲しい♪」「これ作りたい!」と思ったハンドルカバーはありましたか?キャンパーの中には、100円ショップで手に入るライターの革製ケースホルダーをハンドルカバーにしている人も。火に近づきすぎると燃えてしまう素材のものもありますので、使う時にはよく注意しながらスキレット料理を楽しみましょう♪

今回紹介したアイテム

商品画像 使うほどに革がなじむ、ロッジのハンドルホルダーLODGE製のシリコーン・ハンドルホルダー色のバリエーションが豊富なC&C.P.H.EQUIPEMENTのハンドルカバー
商品名 使うほどに革がなじむ、ロッジのハンドルホルダーLODGE製のシリコーン・ハンドルホルダー色のバリエーションが豊富なC&C.P.H.EQUIPEMENTのハンドルカバー
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事