揺らめく焚き火と焚き火に当たる人

出典:スノーピーク

スノーピークの焚き火台が選ばれるワケとは?その魅力・使い方に迫る!

数々の名作を世に送り出している日本のアウトドアブランド「スノーピーク」。数あるキャンプギアの中でも、『焚火台』は特に人気のアイテムです。1996年の発売以降、なんと25年間も愛され続けています。今回は、そんなスノーピークの焚き火台の魅力や使い方を徹底解説!これから『焚火台』の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

スノーピークの『焚火台』!その魅力とは?

設営しやすい

スノーピークの『焚火台』は、何といっても設営がとても簡単!収納ケースから取り出したら、パッと開いて置くだけ、ワンタッチで簡単に設営でき、片づけるときも折りたたむだけとシンプルな作り。焚き火台を初めて使用する人にも優しい手軽さです。

燃焼効率が良い

スノーピークの焚き火台は、逆三角形の構造です。この構造は、逆三角形の設計にすることで、燃焼した炭は下へ、新しく足す炭は空気を上手に取り入れ着火しやすいように工夫されています。燃焼効率に優れている要因として挙げられるのは、サイドパネルに空気を通す穴が空いている点。機能的にも優秀です。

丈夫な設計

焚き火台は最大1000℃前後もの高温を受け続けるため、使っているうちに歪みなどの劣化が見られます。三角のプレート4枚で構成された焚き火台は、厚さ1.5mmのステンレス材を使用。何度もフィールドテストを経て決められた1.5mmというこだわりの厚さが、高温に耐えられる強靭なスペックを実現しました。タフな作りなので、ダッチオーブンの使用もOKです。

安定感がある

焚き火台に求められる要素のひとつが、安定感です。焚き火台がバランスを崩し倒れた際、衣類や落ち葉などに引火し、けがや火傷など最悪の事態も考えられます。 スノーピークの『焚火台』はそういった面も考慮し、脚部はステンレスパイプを採用、逆三角形のフレームの接地部をうまく受け止めることで、安定感を実現しました

使用人数でサイズを選べる

スノーピークの焚き火台は、S、M、L、LLの4サイズ展開しています。使用する人数や目的に応じて適切なサイズを選びましょう。 サイズごとの利用人数の目安
  • S:1〜2人
  • M:2〜3人
  • L:3〜4人
  • LL:5人以上、大家族やグループ向け
商品名焚火台S焚火台M焚火台L焚火台LL
画像スノーピーク焚火台L
容量310ml0.9L2L4L
重さ1.8kg3.5kg5.5kg11kg
使用人数1〜2人用2〜3人用3〜4人用5人以上

スノーピークの焚火台をサイズごとに紹介!

スノーピークの『焚火台』は4サイズ展開しているので、人数に合わせて購入できるのがうれしいポイントです。

迷ったらこれ!スノーピークの焚き火台セットを紹介!

商品名焚火台M スターターセット焚火台L 4点セット
画像
セット内容焚火台M ベースプレート 炭床Pro 収納バッグ焚火台L グリルブリッジ ベースプレート 炭床Pro 収納バッグ

スノーピークの焚き火台に使えるオプションを紹介!

焚き火の際の必需品もチェック

焚き火台を囲んで団らんのひとときを

暖を取ったり、キャンプ料理にはもちろん、リラックス効果もあることから一日の締めくくりにぴったりの焚き火。スノーピークの『焚火台』はデザイン、機能性に優れた人気のアイテムです。ぜひ、この機会に焚き火台を使って、団らんのひとときを過ごしてみてください。

特集・連載


あわせて読みたい記事