hinata

>

キャンプ用品

>

アウトドアブランド

>

スノーピーク

>

数ある焚火台の中でスノーピークが選ばれるワケとは?『焚火台』の魅力にせまる!

数ある焚火台の中でスノーピークが選ばれるワケとは?『焚火台』の魅力にせまる!

 キャンプ用品

揺らめく焚き火と焚き火に当たる人

出典:スノーピーク

多くのアウトドアブランドから発売されている焚火台。アウトドアを楽しむ人には欠かせないものとなっていますが、中でもスノーピークの『焚火台』が人気を集めているのをご存知ですか?大人気アイテム、スノーピークの『焚火台』の魅力や、使い道を徹底的にほりさげていきます!


 目次


そもそも焚火台って?

燃え盛る焚き火がのった焚き火台    

出典:スノーピーク

焚火台とは、その名の通り、焚き火をするための台です。今、キャンプでは欠かせないアイテムとなっていて、夏場でも夜になるにつれ肌寒くなる自然界の環境では、暖を取るのにはとても重宝します。また、暖を取るだけではなく、夜に必要な灯りとして周りを照らしてくれる役割も果たしてくれるものが、焚火台です。

そもそも、焚火台が誕生した一番の理由が、地面の上で直接焚き火をしないという風潮が生まれたことにあります。地面で直接焚き火をしてしまうと、土や自然界の草木、土の中の微生物まで焼いてしまい、その後草が生えてこないといったような現象が起きてしまいます。

最近のキャンプ場では、直火NGな場所も多く、焚火台を求められる場所も少なくはありません。自然を愛するキャンパーにとっては、自然を傷つけてしまうこともありえる、焚き火を直接地面でやるのではなく、焚火台を使う事とがマナーでもあるのです。

スノーピークの『焚火台』!その魅力とは?

使い方が簡単!

スノーピークの『焚火台』は、何といっても設営がとても簡単!パッと開いて、置くだけというとても簡単な方法で設営することができ、片づけるときもその反対でパッと折りたたむだけ。初めて使用する人にも優しい手軽さです。

考え抜かれた設計!

スノーピークの焚き火台の部分名称説明    

出典:スノーピーク

スノーピークの『焚火台』は、他のブランドとは違い、逆三角形の設計となっています。逆三角形の設計とすることで、燃焼した炭は下へ、新しく足す炭は空気を上手に取り入れ着火するよう考慮されています。他のブランドが展開している焚火台と大きく差をつける設計です。

ダッチオーブンも乗せてOK!丈夫で安定感抜群!

   

出典:Instagram (@snowpeak_lumine_shinjuku)

焚火台に求められる要素のひとつが、安定性です。安定感がなければ、けがや火傷などの最悪の事態も考えられます。スノーピークの『焚火台』はそういった面も考慮し、脚部はステンレスパイプを使用し、特徴的な逆三角形のフレームの接地部をうまく受け止めることで、安定感を実現しています。ずっしり重いダッチオーブンを乗せて料理もOK!

また、三角のプレート4枚で構造されている『焚火台』は、厚さ1.5mmのステンレス材を使用しており、1.5mmという絶妙な厚さは、何度もフィールドテストを経て決められた、高温に耐えられるスペックとなっています。実体験のテストは、なによりもの証となっていて、発売から14年たつ現在でも人気が劣る事のないギアである理由の一つです。

スノーピークの『焚火台』は、使い道が無限大!

何年たっても人気が衰えることのない、スノーピークの『焚火台』は、使い道がたくさん!オリジナルを見つけることで、その使い道は無限大に広がり、アウトドアをより一層楽しい時間にさせてくれることでしょう!さっそく、その使い道を見ていきましょう!

寒い時の暖房として!

   

出典:pixabay

冬のキャンプで暖を取るとき、焚き火は欠かせません!そのときは焚火台が必須です!

温かい焚き火を囲んで、満天の星空の下、気の合う友達や家族と最高の時間が過ごせることでしょう!アウトドアを思いっきり楽しむなら、暖房家電より焚火台をオススメします!

キャンプの灯りとして!

   

出典:pixabay

焚き火の灯りは、思っている以上に広い範囲を照らしてくれることをご存知でしょうか。広い面積を照らしてくれる、焚き火の日は大人数でのキャンプにとても役立ちます!

また、人工的な灯りとは違い、とてもリラックスできる灯りとしてキャンパー達を魅了し続けています。アロマキャンドルがリラックスできるのと同じく、炎が創り出す灯りは、日常のいやなことも全て忘れさせてくれるほど、リラックスさせてくれるのです。

料理やバーベキューに使える!

   

出典:pixabay

スノーピークでは、『焚火台』を使って料理を楽しむことができるオプションが、とても充実していることも魅力のひとつではないでしょうか。

『焚火台』を中央にセットできるテーブルや、『焚火台』に合わせた鉄板、網など様々展開しています。オプションを上手に使うことで、アウトドアの楽しさが広がりますね!

スノーピークの『焚火台』をサイズごとにチェック!

スノーピークの『焚火台』は3サイズ展開していて人数に合わせて購入できるのが嬉しいポイントです。

小技:炭床のサイズは焚火台の一回り下がちょうど良いかも?

   

出典:Amazon

炭床は焚火台と炭の間に挟んで炭を燃えやすくする道具で、スノーピークでは焚火台の各サイズS、M、Lに対応したサイズの炭床が販売されています。しかし、焚火台と同じサイズの炭床を使ってバーベキューすると、炭と網が近すぎる、という声も。そこで、「焚火台Lに炭床M」や「焚火台Mに炭床S」のように、焚火台より一回り小さい炭床を買うとGOOD♪炭と網がちょうど良い距離感になるんです。

網や鍋も一緒に!オプションアイテムを手に入れよう♪

ブログで見る!『焚火台』の口コミとお手入れ・メンテナンス方法!

口コミは?

耐用年数が噂によると半永久的。(と言っても15年くらいで買い替えた方がベストな気もします。)
重たいだけあって、焚火台のフレーム厚が1.5mmと作りがしっかりしています。
炭床も鋳物で形が変わるということがありません。ずっしりと重たく安定感抜群です。

ママはずぼら

フレームも厚く、安定感抜群のスノーピークの焚火台。ずっしりと重くダッチオーブンなど重たいものを置いてもビクともしないので、安心感があります。

とまあ批判もあるスノピ道具ですが、この焚火台は間違いなくいいです。重いし高い。でもそれなりの安心感のある道具です、もうちょっと安ければ言うことありませんが、だからといってこの値段出しても惜しくはありません。道具として持つことに喜びを感じられる道具です。でも奥さんは絶対に持ってくれないですけどね。ケースに収めた焚火台を持つときは、膝を曲げて「よいしょっ」と声をかけて持ち上げるようにしましょうね。ちなみに今現在持ってるセットで、16.2kg。腰が砕けそうになりますぜ。

使ったもののことだけ書く

やっぱりずっしり安心感がある焚火台なので、耐久性もすばらしく、半永久的に使えます。ただ、重さはネックなようです。女性だけのキャンプで使うときは腰に気をつけて運びましょう!

非常に秀逸なのが、ワンタッチで直ぐに畳むことができることだ。これは撤収時に非常に楽である。

折りたたみ

他のメーカーの質実剛健な焚火台は、結構、組み立てが面倒な場合もあり、片づけるのが大変になりがちなので、このワンタッチで直ぐに畳める機能は非常に優秀である。

kazukazu721's interest

他社の商品と比べて設営が簡単。ワンタッチで簡単に畳むことができるので、スムーズな片付けをサポートしてくれますし、部品がなくなるなんてこともなく安心です!

お手入れ・メンテナンス方法は?

スノーピークの焚火台は表面だけでなく、中までステンレスなのでたわしなどでこすっても表面から錆びてきてしまうなんてことはありません。ただ傷つくのが怖い人はスポンジで洗いましょう!

ただ焚火台は使い込むことで生まれる汚れや変色を楽しむ方もいるので、灰などを簡単に落とすだけでも大丈夫です。

オプションのグリルブリッジや網などは食材を扱い、綺麗に保つ方がいいので、こちらはスポンジでしっかりゴシゴシと洗ってあげましょう!

まとめ

いかがでしたか?見た目も使い道も文句なしのスノーピークの焚火台を、持っていく事で楽しさが倍にふくらむことでしょう!自分なりの新しい使い方を見つけ、アウトドアライフを思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。使えば使う程、味が出てきて愛着がわいてくる、スノーピークの焚火台はキャンプの相方的存在になることでしょう。


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪