hinata

>

キャンプ用品

>

スノーピーク

>

スノーピークの焚き火台が選ばれるワケとは?その魅力・使い方に迫る!

スノーピークの焚き火台が選ばれるワケとは?その魅力・使い方に迫る!

キャンプ用品

揺らめく焚き火と焚き火に当たる人

出典:スノーピーク

スノーピークの焚き火台は、数ある焚き火台の中でも特に人気のアイテム。S、M、L、LLとサイズが豊富で、オプションが充実しているのも魅力のひとつです。今回は、そんなスノーピークの焚き火台の魅力と、使い方を徹底的に解説します!

目 次

スノーピークの『焚火台』!その魅力とは?

燃え盛る焚き火がのった焚き火台

出典:スノーピーク

使い方が簡単!

スノーピークの『焚火台』は、何といっても設営がとても簡単!パッと開いて置くだけ、ワンタッチで簡単に設営でき、片づけるときも折りたたむだけ。焚き火台を初めて使用する人にも優しい手軽さです。

考え抜かれた設計!

スノーピークの焚き火台の部分名称説明

出典:スノーピーク

スノーピークの焚火台は、逆三角形の設計となっています。逆三角形の設計とすることで、燃焼した炭は下へ、新しく足す炭は空気を上手に取り入れ着火しやすいように工夫されているためです。

また、三角のプレート4枚で構成された焚き火台は、厚さ1.5mmのステンレス材を使用。何度もフィールドテストを経て決められた1.5mmというこだわりの厚さが、高温に耐えられる強靭なスペックを実現しました。

ダッチオーブンも乗せてOK!丈夫で安定感抜群!

焚き火台の上で燃える薪

出典:Instagram (@snowpeak_lumine_shinjuku)

焚火台に求められる要素のひとつが、安定性です。安定感がなければ、焚火台がバランスを崩し倒れた際、衣類や落ち葉などに引火し、けがや火傷など最悪の事態も考えられます。スノーピークの『焚火台』はそういった面も考慮し、脚部はステンレスパイプを使用し、特徴的な逆三角形のフレームの接地部をうまく受け止めることで、安定感を実現。そのため、ずっしり重いダッチオーブンを乗せて料理も可能です。

使用人数でサイズを選べる

スノーピークの焚き火台はS、M、L、LLの4種類サイズ展開しています。使用する人数や目的に応じて適切なサイズを選びましょう。

サイズごとの利用人数の目安
  • S:1〜2人
  • M:2〜3人
  • L:3〜4人
  • LL:5人以上、大家族やグループ向け

スノーピークの焚火台をサイズごとにチェック!

スノーピークの『焚火台』は4サイズ展開していて人数に合わせて購入できるのがうれしいポイントです。

商品名焚火台S焚火台M焚火台L焚火台LL
画像スノーピーク焚火台L
容量310ml0.9L2L4L
重さ1.8kg3.5kg5.5kg11kg
使用人数1〜2人用2〜3人用3〜4人用5人以上

ソロキャンプにおすすめ!

カップルや友達と一緒に!

ファミリーキャンプに!

大家族やグループキャンプに!

焚火台のセットアイテム

商品名焚火台M
スターターセット
焚火台L
4点セット
画像
セット内容焚火台M
ベースプレート
炭床Pro
収納バッグ
焚火台L
グリルブリッジ
ベースプレート
炭床Pro
収納バッグ

小技:炭床のサイズは焚火台の一回り下がちょうど良いかも?

焚き火台に敷かれる炭床

出典:Amazon

炭床は焚火台と炭の間に挟んで炭を燃えやすくする道具で、スノーピークでは焚火台の各サイズS、M、Lに対応したサイズの炭床が販売されています。しかし、焚火台と同じサイズの炭床を使ってバーベキューすると、炭と網が近すぎる、という声も。そこで、「焚火台Lに炭床M」や「焚火台Mに炭床S」のように、焚火台より一回り小さい炭床を買うとGOOD。炭と網がちょうど良い距離感になります。

商品名炭床Pro S炭床Pro M
画像
重さ1.4kg2.4kg
使用人数1〜2人用3〜4人用

焚き火の際の必需品もチェック

商品名タキビツールセットプロファイヤーサイド
グローブ
画像
おすすめポイント火かき棒・
ショベル・火ばさみ
のセット
薪やダッチオーブンの移動ができる

網や鍋も一緒に!オプションアイテムを手に入れよう

グリルブリッジ

商品名グリルブリッジMグリルブリッジL
画像
重さ1Kg1.6kg
使用人数3〜4人用5〜6人用

焼アミ

商品名焼アミ
ステンレスハーフ PRO
焼アミ Pro.M焼アミ Pro.L
画像
重さ600g1.26kg1.56kg
使用人数1〜2人用3〜4人用5〜6人用

グリルプレート

商品名グリルプレートハーフグリルプレート
黒皮鉄板
画像
重さ1.6kg3.6kg
使用人数1〜2人用3〜4人用

焚火台テーブル

『焚火台』のお手入れ・メンテナンス方法!

スノーピークの焚火台は設営が簡単なワンタッチ仕様。スムーズな準備、片付けをサポートします。また、部品がなくなることもなく安心して使えます。

焚火台は使い込むことで汚れや変色が生じます。その変化を楽しむのも醍醐味の一つ。使用後は、灰などを簡単に落としましょう。スノーピークの焚火台は錆びにくいステンレス素材なので、汚れが気になるときはスポンジやタワシなどで丸洗いも可能。オプションのグリルブリッジや網などは食材を扱うので、洗剤やスポンジを使いしっかりと洗いましょう。

焚き火台を囲んで団らんのひとときを

暖を取ったり、キャンプ料理にはもちろん、リラックス効果もあることから一日の締めくくりにぴったりの焚き火。スノーピークの焚火台はデザイン、機能性に優れた人気のアイテムです。ぜひ焚火台を使って、団らんのひとときを過ごしてみてください。
▼焚き火台以外にも、スノーピークについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!
▼スノーピークと、ホールアースの焚き火台を比較してみました!

今回紹介したアイテム

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事



おすすめのキーワード