キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンプにおすすめのラグ9選!おしゃれな万能ラグを見つけよう!

出典:sumally.com

キャンプサイトをおしゃれにしたい!そんなときおすすめなのが「ラグ」です。人気のメキシカンラグやペンドルトンのラグを1つ取り入れるだけで、キャンプサイトが何倍もおしゃれに!今回は、キャンプラグの魅力や使い方、サイズ別のおすすめアイテムを紹介します。

ラグの魅力と使い方

キャンプやアウトドアシーンにラグを取り入れると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。かわいさやおしゃれさだけでなく、キャンプを快適に過ごすマストアイテムであるラグの魅力と使い方を紹介します。

テントの中に敷く

ラグが敷かれたキャンプサイト
キャンプラグの使い方として、もっとも定番なのはテントの中に敷くパターンです。ラグをテント内に敷いておけば、地面の凸凹や地面から伝わる暑さや冷たさが軽減されます。また、おしゃれなデザインのラグを敷けば、テントの中があっという間におしゃれ空間に!お気に入りの一枚を敷くことで、テント内がさらに快適になるでしょう。

地面に敷く

ラグ

出典:楽天

ラグを地面に敷いて使うのもおしゃれ!テントの出入り口に敷くと、一気にグランピングテントのような雰囲気になります。また、キャンプではチェアとテーブルスタイルが多いですが、小さな子供のいるファミリーキャンパーには大きなラグを広げた、ピクニックスタイルがおすすめ!チェアからの落下の心配もなく自由に歩き回れ、親子一緒にゆったりと楽しむことができます。

椅子にかける

ラグ

出典:楽天

ラグをチェアの上にかける使い方もおすすめです。体への負担を軽減するクッション代わりになるのはもちろん、チェアの隙間から入る風を防ぐこともできます。また、焚き火やBBQを行う際に飛んできた火の粉で座面や背面に穴が開くこともありますが、難燃素材で作られたラグをかけておけば、飛んできた火の粉によるチェアの穴あき対策になるのも魅力的なポイントです

防寒具にする

ブランケット

出典:楽天

キャンプ場は山間部にあることが多いため、朝晩は冷え込みやすいです。持っていった防寒具が思っていたよりも足りず、寒い思いを経験した人も多いはず。そんなときにも、ラグが使えます!肌ざわりの良いラグを用意しておけば、あっという間に防寒具に変身。寒いシーンでは敷物として使っていたラグを、ひざ掛けや掛け布団として活用できます

キャンプにおすすめラグ【大判サイズ】

大判サイズのキャンプラグは、1枚でテント内を彩ることができます。キャンプのオフシーズンには、お部屋のラグとしても使えるサイズなので万能です。ここでは、1辺200cm以上の大判サイズのおすすめアイテムを紹介していきます。

キャンプにおすすめラグ【普通サイズ】

ここでは1辺約90cm〜150cm程度の、ちょうど良いサイズのラグを紹介!持ち運びに便利なサイズなので、キャンプシーン以外にも、ピクニックなどのちょっとしたお出かけにも使える便利なサイズのラグです。

お気に入りのラグを見つけてキャンプをもっと楽しもう!

キャンプサイトをおしゃれに演出するのに欠かせないラグを紹介しました。おしゃれなだけではなくレジャーシートや防寒具代わりにもなるので、快適なキャンプには欠かせないアイテムです。自分のお気に入りのラグを見つけて、おしゃれなキャンプサイトを作ってください!

今回紹介したアイテム

商品画像ペンドルトン リビングラージマットアジアン ラグマット エルパソサドルブランケット メキシカンラグキャプテンスタッグ ラグマットネイチャーハイク ラグマットペンドルトン キッチンラージサイズマットペンドルトン プリンテッドラウンドタオルMobigarden ネイティブ柄ラグcut shuttle ネイティブ柄フロアラグ
商品名ペンドルトン リビングラージマットアジアン ラグマット エルパソサドルブランケット メキシカンラグキャプテンスタッグ ラグマットネイチャーハイク ラグマットペンドルトン キッチンラージサイズマットペンドルトン プリンテッドラウンドタオルMobigarden ネイティブ柄ラグcut shuttle ネイティブ柄フロアラグ
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事