キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

スキットルおすすめ19選!選び方と洗い方も解説

デニムのポケットにスキットルを入れている人の画像

出典:Amazon

映画やドラマなどでもよく目にするスキットルに、一度は憧れを抱いたことがある人も多くいると思います。お酒好きであれば、飲み方にもこだわりたいもの。今回は、バーベキューやキャンプ、そして山登りなどのアウトドアシーンにもぴったりで、ウイスキーやジンなどのお酒が何倍もおいしく感じるおしゃれなスキットルを紹介します。

スキットルとは?

スキットル

出典:Amazon

スキットルとは、ウイスキーやジンなどお酒を持ち歩けるボトルです。ただ持ち運べるだけではなく「お酒の風味を損なわずに持ち運べる」のがスキットルの利点。また「スキットル」のほかに、「フラスコ」や「ウイスキーボトル」と呼ばれることもあり、世代や地域によって呼び方は異なります。 一般的に普及されているものは、ジーンズのポケットに収納がしやすいように婉曲しており、持ち歩きに便利です。オールドファッションからモダンなデザインまで、さまざまなタイプのスキットルが販売されています。

スキットルの種類と選び方

スキットルの種類

出典:Amazon

中身に何を入れるかによって、どの素材のスキットルを選ぶか変わります。中身の飲み物に味のこだわりがない方はステンレス製のスキットルがおすすめです。反対に、中身の飲み物の味や風味にこだわりがある方は、チタン製スキットルを選ぶのがおすすめ

素材

ステンレス ステンレス素材は一般的な水筒に使われている素材で、軽量で手入れしやすく、丈夫な点が魅力です。また、価格がお手頃なため、初めてスキットルを購入してみようと思っている方も気軽に購入出来ます。ステンレス製スキットルは、金属特有の香りがお酒に移ってしまうことがあるため、お酒の味や香りをしっかり楽しみたい方はあまりおすすめ出来ませんチタン チタン製スキットルは、丈夫でさびにくく、軽量。ステンレス製スキットルと比べると、より耐久性が高く、アウトドアでも気にせず使用可能です。金属特有の香りがお酒に移ることもないため、お酒本来の味を楽しめます。ステンレス製スキットルと比べると価格が少し高価ですピューター ピューターは、錫を多く含んだ合金のことです。錫は不純物を吸収する性質があるため、水を浄化する作用があります。イオン効果が高く、お酒や水の味をまろやかにしたり、柔らかい金属なため、加工しやすく、凝ったデザインのスキットルが多い特徴があります。ピューター素材は柔らかいため、変形したり、傷が付きやすいです。値段も高価なものが多くなっています。 プラスチック プラスチック製のスキットルは、軽量でアルコール、ノンアルコール飲料どちらも入れられる、便利な実用的スキットルです。また、価格もお手頃なため、さまざまな用途で気軽に使用出来ます。

容量

スキットルはアルコール濃度が高いお酒を入れる前提で作られていため200mlのもが多いです。200mlはパンツのポケットに入る大きさでコップ1杯分。手軽に持ち運べる大きさです。容量に迷ったら200ml前後を目安に選ぶのがおすすめ!200ml以上のスキットルもありますが、スキットルに入れる飲み物のアルコール度数や、何日間持ち歩くのかを考えて購入しましょう!

デザイン

スキットルのデザインはポケットに入れて持ち運びやすいように四角形で内側にカーブしたものが多いです。またブランド独自の装飾や丸みを帯びたものもあります。デザインに迷っている方や初めて買う方は、扱いやすい四角形で湾曲したデザインのスキットルがおすすめです。

漏斗の有無

スキットルのデメリットとして口が狭いとこ。スキットルにお酒を注ぐ際にこぼしてしまう可能性があります。それを防ぐためにも漏斗は必須。初めてスキットルを買う方は漏斗が付属してるかも確認しておきましょう

スキットルおすすめ19選

おすすめのスキットルをステンレス・チタン・ピューター・プラスチックに分けて紹介します。

ステンレス

チタン

ピューター

プラスチック

スキットルの洗い方を解説!

スキットルは口が狭くて洗いにくいと感じた方も多いのでは無いでしょうか。ここではそんな悩みを解決するスキットルの洗い方を紹介します。

洗い方にコツがいる

グラスを洗いっているところの画像

出典:Pixta

注ぎ口の小さなスキットルは洗うのが難しい。そんな悩みを抱えている方も多いと思います。スキットルを清潔に保つにはどうすれば良いのでしょうか?お気に入りのスキットルを長く愛用するためにも、お手入れは念入りにしたいところです。スキットルはお酒を入れるものなため、長い間お酒を入れっぱなしにしていたりすると、ステンレスの変色や異臭の原因となってしまいます。そのため、使用後は極力すぐに洗浄をするのがおすすめです。 一般的な洗浄方法は、スキットルの中に熱湯と洗剤を入れ、しばらくつけ置きする方法です。注ぎ口はスポンジ、そして届く限りのところまでは歯ブラシなどで洗います。ブラシで洗い終わったら汚れを流し、再び熱湯で消毒しましょう。また洗剤が中に残らないように十分にすすぐのも重要なポイントです。

砂や卵の殻を使用する

なかなか奥の汚れまでブラシが届かないなど悩んだ方も多いと思います。そこで使用するのが砂や卵の殻です。細かく砕いた卵の殻や砂を混ぜスキットル内部に入れ、その後洗剤とお湯を入れ軽くスキットルを振りましょう。最後にスキットル内部を良く洗い流し、熱湯で消毒したら終了です。

頻繁に使用しない方はダブル洗浄がおすすすめ

スキットルを頻繁に使わない場合は、使用前に水で薄めた漂白剤をつけ置きしてから上記で説明した洗浄方法とダブルで洗浄を行います。臭いが気になる場合は、薄めたお酢をしばらくつけておくのも効果的です。洗い終わったら完全に乾燥させてから保管するようにしましょう。 ※洗浄方法は製品の素材によって適切な洗浄方法が異なることもあるため、まずは説明書などに記載された方法で洗浄するようにしましょう。

内部をしっかり乾燥させる

スキットル内部に水分が残っていると雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうため、なるべく乾燥しやすい場所に置いたり、水分を拭き取れる部分は拭き取り、水分が残らないよう心がけましょう!

スキットルでおしゃれにお酒を飲もう!

あなたのお気に入りのスキットルは見つかりましたか?上記で紹介したアイテム以外にもさまざまなタイプのスキットルが販売されているため、自分のスタイルにぴったりのスキットルを見つけてアウトドアシーンでのお酒を今まで以上に楽しんでください!

今回紹介したアイテム

商品画像スタンレー マスターフラスコ 0.23Lスタンレー クラシックフラスコ 0.23Lスタンレー SSフラスコ 0.14Lランムユキ ステンレススキットルDUG スキットル佐藤金属興業 バッカスウィスキーボトルオールステンZippo ステンレススチール フラスコ スキットル 3ozPerfeclan スキットルオーディオファン スキットルスノーピーク チタンスキットルBoundless Voyage チタン製スキットル ZY Voyageバーゴ チタニウム ファンネル フラスコ T-447ファイアーメープル バッカス チタンスキットルジャックダニエル フラスク4点セットピューター スキットル ハイランドA.E.Williams スキットル ハンティングピンダーブロス ピュータースキットル SP074アルコールフラスコ ポケット ウォーターボトル
商品名スタンレー マスターフラスコ 0.23Lスタンレー クラシックフラスコ 0.23Lスタンレー SSフラスコ 0.14Lランムユキ ステンレススキットルDUG スキットル佐藤金属興業 バッカスウィスキーボトルオールステンZippo ステンレススチール フラスコ スキットル 3ozPerfeclan スキットルオーディオファン スキットルスノーピーク チタンスキットルBoundless Voyage チタン製スキットル ZY Voyageバーゴ チタニウム ファンネル フラスコ T-447ファイアーメープル バッカス チタンスキットルジャックダニエル フラスク4点セットピューター スキットル ハイランドA.E.Williams スキットル ハンティングピンダーブロス ピュータースキットル SP074アルコールフラスコ ポケット ウォーターボトル
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事