虫嫌いでも子供づれでも!知っていると便利なキャンプ時の虫除け対策まとめ

hinata

>

キャンプ

>

虫嫌いでも子供づれでも!知っていると便利なキャンプ時の虫除け対策まとめ

虫嫌いでも子供づれでも!知っていると便利なキャンプ時の虫除け対策まとめ

 キャンプ

出典:Coleman Japan(コールマンジャパン) / Facebook

子供に自然を体験させたい!一緒にキャンプを楽しみたい!けど虫が怖い…。と、思ってなかなかキャンプへの第一歩を踏み出せないママ達も多いのではないでしょうか?ママだけではなく、キャンプは好きだけど虫が嫌いでなかなか行く決心がつかない女性も多いと思います。アウトドアにはどうしても虫がつきものですが、キャンプに行く場所や対策で避けることができます。今回は虫嫌いな方や、子供のキャンプデビューにとっておきのキャンプ場、そして虫対策をご紹介していきます!

キャンプはしたい!でも虫は苦手!

   

出典:flickr

キャンプには行きたい…けど虫が苦手だからとなかなかキャンプに行く決心がつかない人も多いのではないでしょうか。
自然に虫はつきものなので、完全に避けることはできません。しかし、虫対策のアイテムを上手に利用し、キャンプをする場所や時期を選ぶ事で苦手な虫から避け、楽しくキャンプをすることができます!

虫除けのポイント!

服装!

   

出典:flickr

虫に刺されないためにもキャンプに行くときの服装も重要ポイントです。なるべく肌の露出部分を減らす服装を心がけましょう。今は夏でも汗をかいても涼しくいられる長袖のアイテムも数多く販売されています。防止をかぶるのも1つの手です。そういったアイテムを上手に利用し、なるべく露出部分を減らしましょう。

夜の灯りに集まる虫...

   

出典:Coleman Japan(コールマンジャパン) / Facebook

夜になると、虫たちは灯りを求めて寄ってきます。昼間はあまり見ることのない大きめの蛾も灯りを求めて次から次へと集まりだします。虫嫌いな人にとって見たら最強の敵ともいえる大きな蛾も、夜の照明を少し工夫をするだけで回避することができます。

虫の少ないキャンプ場を選ぶ!

キャンプ場もいろいろな場所がありますが、虫を極力避けるためには虫が少ないキャンプ場を選ぶことをオススメします。


虫が多い場所は、木や草がたくさん生い茂った林や陽のあたらない日陰となっている場所、さらに水たまりや水場、湿気の多い草むらは虫が多くいるので避けた方がいいでしょう。


逆に広く開けて陽の当たる、芝生の短い場所は虫が寄りつきにくいので、そういったキャンプ場を選ぶことがポイントです。

キャンプに行く時期

   

出典:flickr

季節によっても虫の多い少ないは大きく変わってきます。夏の暑い時より冬の寒い時期の方が虫は少ないですが、かといって寒さに震えながらのキャンプも少し気がひけますよね。心地よくキャンプを楽しむためにはゴールデンウィーク前の春先や10月下旬から11月上旬の秋頃がもっともオススメの時期です。


6月から10月上旬は虫が嫌いな人には1番さけておきたい時期です。6月から9月は蚊やブヨ、7月から10月は大きめの蛾がたくさんよってくる時期なのでこの時期だけはさけた方がよさそうです。

虫が寄りつきにくい工夫を!

虫が寄りつきにくい場所や時期を選んでも完全に虫がいないというわけではありません。灯りの他にも匂いや体温が高い赤ちゃんやアルコールを飲んだ方にはどうしてもよってきてしまうものです。虫を寄せ付けないためにも食事で出たゴミはすぐ片付ける事や夜の灯りの工夫、虫除け対策も大切です。

それでも出ちゃう虫への対策アイテム10選

   

出典:flickr

虫除けのポイントがわかったら、それを実行へ移しましょう!
ポイントをさらに助けてくれるアイテムから、ポイントを押さえても出てきてしまう虫への対策に有効なおすすめのアイテムをご紹介します♪

【飛んでくる虫には】メッシュタープ

食事をするときの虫対策におすすめです!
壁面がメッシュで囲まれた作りになっていて外からの虫の侵入を防ぐことができ、少しの雨にも耐えることができます。テントと連結可能なものもあるので寝室とリビングをわけて使う事もでき入口の開け閉めを最小限におさえることで虫の侵入を抑えることができます。

【灯りを求めて集まってくる虫には】LEDランタン

大きな蛾の対策にはLEDランタンがおすすめです!
蛍光灯の灯りは虫を寄せ付けやすいのに対して、LEDの灯りは紫外線を出さないので虫には見えづらい灯りとされていて虫を寄せ付けません。蛍光灯のランタンはテントから離れた場所に置き、虫たちを寄せ付け、テント付近にはLEDランタンを置くなどの対策をするのもおすすめです。

【蚊に!】つり下げ型虫除け器

テントやタープ内に入ってくる虫対策にはつり下げ型の虫除け器!
出入りすることで入口からどうしても入ってきてしまう虫たちはこれで除去しちゃいましょう!テントやタープの入り口付近につり下げるタイプの虫よけで蚊取り線香とは違い煙が出ないので、煙が苦手な人にもおすすめのアイテムです。

【飛ぶ虫、はう虫に】3次元虫除けバリア

キャンプをする場所を囲むように地面に粉末をまくだけではってくる虫も飛んで近寄ってくる虫も寄せ付けることなく強力にバリアしてくれるアイテムです。長時間効果を発揮するものを選び、虫が出てきやすくなる夕方にまくことをおすすめします。また、テント一周をまく分の量を考慮して準備することが必要です。

【全ての虫に!】強力蚊取り線香

通常のものよりも、さらに強力な蚊取り線香があるのをご存知ですか?そこまでいくと蚊以外の虫にまで効いちゃいます!線香の香りが好きな方にはおすすめです。

【刺す虫から子供を守る為に!】虫除けバンダナ

なんと防虫加工を施したバンダナがあるんです!
おしゃれな服装を楽しみながら虫除けができるのは嬉しいですね♪

【飛んでくる虫に】虫除けシール

小さな子供や肌が弱い方にはこれ!
服の上から貼るタイプの虫除けシールです。スプレータイプは子供に何度もかけるのが少し気がひけるという方にはオススメです!また、スプレータイプは汗で流れてしまい効果がなくなってしまいます。貼るタイプはそんな心配がないので頭から足まで5〜6枚貼るだけで虫をよせつけません!香りがなくなったら張り替えるだけで虫除け効果は持続します。

【灯りに集まる虫に】オイルキャンドル

リラックスしながら虫除け対策!
虫が嫌いな香りなのでキャンドルを付けるだけで防虫対策ができるアイテムです。キャンプでキャンドルの灯りをともすことで幻想的な空間にもなります。雰囲気よく、キャンドルの灯りでリラックスしながら虫除けができるのはとても魅力ですね。特に女性に人気のアイテムです!

【刺す虫に!】ボディースプレー

虫除けスプレーとは違い、香水のようなさわやかなに香るものです。
さまざまなエッセンシャルオイルを含んだタイプがあり、皆さんの好きな香りを選べるますよ♪

【刺す虫に!】虫除けスプレー

定番の通常の虫除けスプレーも忘れてはいけません!
今では様々なタイプが用意されているので、自分の用途にあったものを選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?
キャンプの虫対策は場所や時期、近寄らせないための工夫をするだけで最小限に抑えることができます。虫除け対策のアイテムを上手に取り入れることで虫を気にせずに楽しいキャンプの時間を過ごすことができることでしょう! 虫対策をしっかりし、家族や友人と思いっきりキャンプを楽しんでくださいね!


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

キャンプ初心者
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner