モンベルのスキーウェアが選ばれる理由とは?評判と洗濯方法も解説

 おでかけ

モンベルのスキーウェア

出典:モンベル

スキーの季節がやってきました!今年から始めようとする人も、今年は本格的にやろうって人も、まず考えるのはスキーウェア購入ですよね。でもスキーウェアってたくさん種類があって、どう選んだらいいか悩む方も多いのでは。そこで今回はスキーウェアの選び方と、それを踏まえておすすめしたいモンベルのウェアをご紹介!本来は冬の登山用に作られたものですが、山に詳しいモンベルだからこそできた魅力たっぷりなウェアは必見です☆


 目次


モンベルのスキーウェアはどう選ぶ?

スキーをする人    

出典:pixabay

スキーウェア選びで大切な基準は以下の5つです。

①デザイン
②サイズ
③値段
④防水・耐水性
⑤透湿性


①デザインはある程度探せば自分好みのものが見つかるでしょう。

②サイズは基本的にはいつも運動着を選ぶときのサイズと同じで大丈夫です◎

③スキーウェアの値段はピンからキリまでありますが、だいたい上着だけで20,000円~40,000円くらいのものが相場です。もっと安いものもありますが、安いものは耐久性や機能性に優れないものが多く、結局気に入らなかったりダメになってしまったりで買い替えることになります。なので長い目で見ればある程度いいものを購入することをおすすめします。

④転ばないくらい上手な人でも、濡れたリフトに座っているときや、滑っているっているときにはどうしてもウェアに雪が付いてしまします。付いた雪は徐々に溶けて、じんわりとウェアが濡れてしまうことに!寒いゲレンデで下着まで濡れてしまうと滑るどころではなくなってしまいます。そうならないためにも水が染みない機能は絶対必要。ではその機能はどうしたらわかるのか?というと、商品紹介等に記載してある「耐水圧」の数値を見てみてください。最低ラインは耐水圧10,000mmです。それ以下になると、浸水による不快感や冷えが著しくなるので、あまり妥協しないことをおすすめします♪

⑤透湿性とはウェア内の湿気を逃がしてくれる機能です。スキーは思った以上に汗をかきますから、ウェア内のムレを逃がさないと徐々に体が冷えてしまいます。何を見ればわかるかというと使われている素材です。「ゴアテックス」「フリーズドライテック」「DiAPLEX」「ドライライトテック」「スーパーハイドロブリーズ」「ハイベント‐D」「ベルグテック」などが主な透湿性に優れた素材です。店舗での買い物なら、店員さんに聞いてみても◎

以上の点を考慮したうえで、今回はモンベルのスキーウェアをおすすめしたいと思います!

モンベルのスキーウェアをおすすめしたい理由は?

モンベルのスキーウェアを着用してスキーを楽しむ人々    

出典:MontbellJP / Facebook

結論から言うと、安いのにデザインも良くて機能も十分だから!デザインはもちろん好みにもよりますが単色でシンプルな万人受けするものが多いです♪登山ブランドなのでちょっと年齢層が高めなのかも…と思われがちですが、若い男性女性にも選ばれているかわいいデザインですよ♪予算は上下で50,000円ほど。同じ価格帯のブランドもありますが、同価格帯のアイテムと比べて機能性にも優れているのが一番の魅力です。

ではなぜモンベルウェアは値段が抑えめなのか?というと、モンベルはワンプライス、適正価格で勝負しているからです。モンベルはセールで値段を下げません。もとからそれ以上下げられない値段設定で販売しているということです。だから値段が低くても機能が同時に低くなるというわけではないんですね!

モンベルのおすすめスキーウェア5選!

モンベル コスミック パーカ

   

出典:Amazon

こちらは少々値段は高めですが、さらに防水性に優れた男女兼用のソフトシェルです。デザインも落ち着きのある上品な感じで、バイカラー仕様がおしゃれですね。素材は「ドライテック」というものを使用していて、裏地は裏起毛なのでとても暖かい♡すべての縫い目に防水処理を施してあるので雪、風もしっかり防いでくれます。もちろんムレもきちんと逃がしますよ。インナーウェアを変えれば真冬から春先まで幅広く使えそうです♪

口コミや評判をチェック!

滑り終えた直後は暑くなり、リフトに乗っていると寒くなる。スノーボードをしている最中は衣服の着脱は普通行いませんので、簡単に体温調節ができる脇下のジッパーは必須

スノーボード カービングターン上達のまとめ!!

脇下のジッパーがアクティビティ中の体温調節を容易にしてくれます。また、”ポケットが大きめで便利”という声が多く見られました。一度ゲレンデを出たらロッカーに戻るのも大変ですから、ポケットにグローブや財布などを安全に入れておけるのは便利ですよね。”軽い”、”しっかり防風”、などの声は商品の紹介通りで、”小さく畳めて持ち運びが楽”だったり、”雪が表面にくっつかない”などの声はさすがは山ブランドといったところです。着心地はストレッチ性には優れていますが”少しごわごわしている”との声もありましたので、購入する前にぜひ一度試してみるといいかもしれません!

口コミや評判をチェック!

いや雪国の普段着としては最高なんですよ。ダウンジャケットは雪で段々と濡れてきちゃうし屋内で暑すぎるし、メルトンコートなんかは雪が付きまくって5分もせずに全身真っ白になっちゃって失笑されるし。そういうシチュエーションにパウダーシェッドは最高です。そこそこ保温性あって風も防ぐし雪はパラパラと落としてくれる(パウダーシェッドという名前の由来)。

北の雲

撥水性が良く、水分を長時間弾いてくれます。”予想以上に暖かい”、”ポケットが使いやすい”等、やはりコストパフォーマンスばっちりです。唯一弱点といえば、”サイズはちょうどいいのに腕が少し長め”という点。海外仕様なのでしょうか…。でも、手首の調節でマジックテープを絞めれば問題ないそう。サイズを見るときは腕に気を付けて選ぶといいですね♪また、これはあくまでソフトウェアですから、インナーウェアを合わせて着ることを忘れずに☆

モンベル ノマドパーカ

   

出典:Amazon

汎用性が高く、動きやすさ重視のウェアです。パステルカラーの女性らしいデザインがかわいいですね♡こちらは「クリマプロ200」という素材で裏は裏起毛ですが速乾性に優れています。お値段も抑えめで幅広い場面に対応してくれます☆

口コミや評判をチェック!

雨の日の常用服はノマドパーカと決めています。これを買ってからは雨の日がそれほど苦でもなくなりましたね。なぜならノマドパーカは、水滴を適度に弾き、速乾性に優れていて蒸れないから。

ソロニワ

”着た時のシルエットと着心地がいい”というのが多く見られた評価でした!色味もかわいいですし、やはり見た目を大事にしたい女性にはうれしいデザインです♡着心地に関しては”やわらかい”、”軽い”と高評価♪対して、”通気性はいい”けれど逆に風を通しすぎる場面もあるみたいなのでインナーウェアでばっちりカバーが必要になりそうです!

モンベル パウダーライトパーカ

   

出典:Amazon

保温性に最も優れたパーカです。その秘密は「エクセロフト」という独自素材で、水にぬれても布に水が染み込まないのでウェア内の温度をしっかりキープしてくれます。ふわふわ素材ですが、動きやすさと軽さも兼ねそろえていて、しかも長く使ってもそれが衰えにくいんです。機能が優れている分お値段も少し上がりますがそれでも20,000円台はお得です♡デザインも凝っていて高級感があります。斬新なカラーが◎

口コミや評判をチェック!

アウトドアメーカーのウエアは初めて購入しました。
防水性能が高く、少々の雨なら平気です。防水ジッパーになっている事も特筆です。
保温性能 透湿性も十分で大抵のコンディションなら快適です。
178センチの普通体型ですがでぴったりでした

Amazon

保温性はもちろん、”透湿性もいい”のが高評価の決め手。”軽い着心地”で”動きやすい”というのが定番ですがやはり大事な要素ですから見逃せませんね!他にも”ポケットがたくさん”、”派手な色目だが実際見ると抑えめで上品”などの声がありましたよ♪ネガティブな声はあまりなく、”ちょっともこもこし過ぎている…”なんて声もありましたが暖かさ重視ですから仕方ないとも言えますね。

口コミや評判をチェック!

レインウェアに一番期待したい機能である防水・撥水性に関しては全然問題ありません。驚くほど水を弾いてくれました。さすがゴアテックスだなって感じです。

はたのブログ

”薄さに対する想像以上の暖かさ”は、本当のようです。中にフリース等を着ればなお良いとの声も◎また、”ファスナーを上まで上げたらネックウォーマーになるので便利”なんだとか♪ただ、通気口はないので、そこだけは購入前にチェックしたいポイントです!それでも仕上がりは快適☆冬の活動に幅広く対応してくれそうです。

キッズ向け!おすすめスキーウェア2選

モンベル パウダーライトジャケット

   

出典:Amazon

中綿入りジャケットで暖かく、雪遊びやスキーにぴったり!中綿には、お手入れが簡単な化繊綿のエクセロフト(R)が使用されています。成長に合わせてサイズ調整が行えるため、成長が早い子どもでも長く着用できる!汚れたら家庭で洗濯できるのも嬉しいポイント♪防水性はないため、購入時に防水スプレーをしておきましょう。

詳細はこちら:パウダーライト ジャケット

パウダーステップ ジャケット

   

出典:Amazon

スキーや冬のトレッキングなど、本格的な使用に適した中綿入りの防水ジャケット。左袖にはリフト用ICチップを収納できるジッパー付きポケットが付いていて、スキー場でも便利♪こちらもサイズ調節ができ、成長の早い子どもでも長く着用できるため、買い替えの頻度が減ってコスパよく利用できます。

詳細はこちら:パウダーステップ ジャケット

モンベルスキーウェアの洗濯方法

ウェアに付着した汚れの放置は、機能性悪化や素材劣化を促進する原因になります。ウェアを長持ちさせるためにもメンテンスは必須です。クリーニングに出すのが一番手っ取り早い方法ですが、自宅でも十分洗濯は可能です。

①ファスナーを閉めて、洗濯用ネットに入れ洗濯機へ。
②O.D.メンテナンス ベースクリーナーまたは中性洗剤を入れ洗濯する。
③普通の服の2倍ほど、十分にすすぐ。

詳しい洗濯方法は、モンベル公式サイトでチェック!

モンベルの店舗やアウトレット情報

▼モンベルの店舗やアウトレット情報について詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェック!

まとめ

以上モンベルのスキーウェアを5つ紹介しました!山ブランドでスキーウェアをそろえるときの最大の強みであるスキーだけでなくタウンにも、アウトドアにも、季節をまたいでも使えるという点はどれもばっちりです♪あとは細かな性能の差で選んでみてくださいね!

▼スキーウェア以外にも、人気アイテムやお得な情報など、モンベルについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪