hinata

>

キャンプ

>

アウトドアブランド

>

荷物はバックパック1つだけ!モノラルがかなえるマイクロキャンピング!

荷物はバックパック1つだけ!モノラルがかなえるマイクロキャンピング!

 キャンプ

モノラルの焚き火の上で料理をする様子

出典:MONORAL

バックパック1つで好きな時に、好きな場所でキャンプをする、そんなキャンプスタイル憧れませんか?MONORAL(モノラル)のキャンプ用品がそれをかなえます!びっくりするほどコンパクトで、あっと驚くほど高性能!今までに見たことのないアイテムばかり♪今こそモノラルでマイクロキャンピング!ここではモノラルのアイテムの紹介と、おすすめのソロキャンプスタイルについてご紹介します!


 目次


MONORAL(モノラル)とは

モノラルで焚き火をする様子    

出典:MONORAL

MONORAL(モノラル)は、2010年にスタートしたインディーズのアウトドアブランドです!モノラルのコンセプトは、「マイクロキャンピング」。人の手で手軽に持ち運べて、簡単に収納、撤収ができるアイテムの開発に力を入れています!

気が向いたら、バックパック1つにアイテムを入れて、すぐにキャンプに出発!なんだか今日はアウトドアな気分だな、、、そんな気持ちが芽生えたら、モノラルがすぐにそれを実現してくれます!たくさんの荷物を詰め込んだ大型のバックパックでの縦走スタイルではなく、オートキャンプのように移動に車を必要とするのでもない。モノラルは、快適に、自由気ままなアウトドアスタイルを提案しています♪

独創的なアイテム

モノラルのアイテムの特徴は、もちろん軽量でコンパクトであること。バックパックに簡単に収まり、持ち運びの負担はほとんどありません!

またシンプルながら、他のアウトドアブランドにない効果的な機能を持つのもモノラルの特徴!インディーズならではの、独創的なアイテムを使えば、さらにキャンプが楽しくなること間違いなし♪

それでは、モノラルが誇る、コンパクトで高性能なアイテムをご紹介します!

連れて歩く焚き火台<ワイヤフレーム>

モノラルのワイヤフレーム    

出典:MONORAL

モノラルの一番人気の商品が、この焚き火台、ワイヤフレームです!他のブランドの焚き火台とは、一風変わったデザインがかっこいいと評判を呼んでいます♪

やはり何より注目すべきポイントは、やはりコンパクト性!火床には特殊耐熱クロスが使われているので丸めることができ、本体の骨組みは分解できるので、とても小さく収納できます♪

モノラルの焚き火の上で料理をする様子    

出典:MONORAL

重さは900gと軽量にもかかわらず、組み立てれば頑丈で、耐久性も抜群です!オプションアイテムを使えば、焚き火だけでなく料理も楽しむことができます♪

焚き火ツールラップ    

出典:MONORAL

もちろんオプションアイテムもコンパクトに収納できます!別売りの焚き火ツールラップなら、焚き火台本体とオプションアイテム、ライターやその他小物まで賢く収納できちゃいます♪

ワイヤフレームの商品情報
価格:16,800円(税別)
収納サイズ:直径9cm×37cm
重量:980g
購入はこちら

まるで空のような一枚<スカイフィルム180>

張られたスカイフィルム180    

出典:MONORAL

キャンプで快適なリビングを作り出すのに、タープは欠かせません。スカイフィルムは、簡単設営で占有スペースが小さく、ソロキャンプにぴったり♪

内側が淡い水色のスカイフィルム180    

出典:MONORAL

淡い空色のタープは、タープの下にいても圧迫感がなく、青空が広がっているような開放感があります♪通常のキャンプ用のタープは過度に高耐水圧を追求したものが多いですが、このようなタープは布が厚くなってしまい、収納時にかさばり、重量も重くなってしまいます。スカイフィルムは耐水圧ではなく、撥水加工と雨の裏染みを抑える加工がされています!これにより屋根としての機能を損なわず、薄くて軽いタープとなっているんです♪

スカイフィルムの商品情報
価格:17,500(税別)
収納サイズ:直径9cm×25cm
重量:590g(本体、張り網)
購入はこちら

スライドポール200-160

スライドポール200-160    

出典:MONORAL

ポールは別売りです。スカイフィルム専用の伸縮式のスライドポールです!ポールの内部が空洞になっており、一般的な折りたたみ式のポールよりも軽量になっています♪

スライドポール200-160の商品情報
価格:6,800円(税別)
収納サイズ:直径18mm、66cm
重量:260g
購入はこちら

さあ、ソロキャンプにいこう

夜の空に映えるモノラルの焚き火    

出典:MONORAL

持ち物はバックパック1つだけ。焚き火台とタープを入れたら、それだけで手軽にアウトドアを楽しむことができます♪

ワイヤフレームスカイフィルム180スライド―ポール2本を合わせても重量は2,060g!たったの2kgなんです!しかも、どのアイテムもコンパクトなので、バックパックにはまだ余裕がありますよね!さらにマイクロキャンプをさらに快適に楽しむためのおすすめアイテムもご紹介します♪

腰を落ちるつける<チェア>は欲しい

自然の中でタープの下でチェアに座ってのんびりするのは最高です♪焚き火をする時にもチェアがあれば、作業するのに快適!火を起こした後は、座っててのっびり炎を眺めるのも雰囲気がありますよね♪

デイキャンプを楽しむというのならば、焚き火台、タープ、チェアの3点セットがあれば完璧です!

hinata編集部おすすめのチェアは、「ALITE」!最軽量590gのポータブルチェアで、バックパックにも、もちろん入ります♪
ALITEのチェアをもっと知りたい人はこちら↓↓

1人でも<クッカー>でおいしくご飯

モノラルの焚き火とクッカーを使って料理をする様子    

出典:MONORAL

焚き火をするなら、その火を有効活用して料理も楽しみたいところ。バックパックに入るコンパクトなクッカーなら、ちょうど一人分の料理が作れます!またホーロー製のマグカップや、シェラカップなども直火にかけることができ、軽量でかさばらないので、マイクロキャンプと相性抜群♪

ソロキャンプでのおすすめ料理をまとめたこちらの記事も要チェック↓↓

アウトドアでも<シュラフ>で快眠したい

デイキャンプではなく、アウトドアで一夜を明かすとなれば、シュラフは必須アイテムです!バックパックにも入るようなコンパクトなシュラフを求める場合、ダウン製のものをおすすめします♪化学繊維のシュラフよりも価格は高めですが、保温性が高く軽量なので、マイクロキャンプにもってこいです!
コンパクトシュラフを詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック↓↓

やっぱり<テント>も持っていきたい

キャンプ泊でシュラフだけだと、ちょっと心細い。デイキャンプでも荷物を置いて、休める拠点がほしい。そんな方には、テントも必要になってきますよね。どうしても、テントも1つのバックパックに入れたい!という人には、登山用のテントがおすすめ♪軽量でコンパクト、設営・撤収もスムーズです!
ソロキャンプ用のテントについて詳しく知りたい方は、こちらをチェック↓↓

さらなるアウトドアへ挑戦<ブッシュクラフト>

「ブッシュクラフト」ってご存知ですか?最小限の荷物を持って、現地で食材や道具を調達するアウトドアスタイルです!

モノラルのブッシュクラフト    

出典:MONORAL

ブッシュクラフトで、必需品になってくるのがナイフです。モノラルの小割銀鉈は、軽量・コンパクで、何より使いやすい!普通のナイフよりも、キャンプでの薪割に特化したつくりになっています!ブッシュクラフトに挑戦するのはハードルが高いという方は、焚き火用の薪割りだけでも、自分で挑戦してみてはいかがでしょう♪

小割銀鉈の商品情報
価格:14,500円(税別)
サイズ:全長23cm/刃渡り9cm
重量:295g
購入はこちら

ブッシュクラフトについてもっと知りたい方はこちらの記事をチェック↓↓

まとめ

ブッシュクラフトのタープと海    

出典:MONORAL

バックパック1つのマイクロキャンプ。そんな理想のキャンプスタイルもついに現実のものになりました!思い立ったら、すぐにキャンプに向かって、撤収も簡単にスピーディー。スマートなソロキャンプってかっこいいですよね♪今までのソロキャンプをさらに快適にしたい人も、この記事を読んでてソロキャンプに挑戦したくなった人も、モノラルを要チェックです!


あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪