スタイル優先!テント購入におけるおすすめの7ポイント

hinata

>

キャンプ

>

スタイル優先!テント購入におけるおすすめの7ポイント

スタイル優先!テント購入におけるおすすめの7ポイント

 キャンプ

さぁキャンプを始めよう!と思ってまず真っ先に頭に浮かぶのは食べる、寝る、ですが…今回は寝るの部分で最も重要となるテントについて注目してみましょう。今、世界的にもキャンプブームは盛り上がりを見せ、テントも多種多様なモノが市場に出回ってますが…いざ購入となると価格もサイズもピンからキリまであるのが現状です。選ぶポイントを知っておくとお役立ち間違いナシと言うことで今回はテントについてご紹介したいと思います!

   

①先ずは何人で寝るか?…がスタート
テントにはそれぞれ何人用という人数表記がありますが、この表記…実は就寝サイズで最大何人か?の目安の表記なのです。二人で使うから二人用テントと単純に購入するとシュラフ(寝袋)だけで目一杯、荷物の置場がどこにもない!なんてことになるのが普通です。 使用人数に最低でも1名をプラスして検討するのが賢い選択です。

②高さが重要!
テントは用途によって高さがまちまちです。高さがあれば居住性が上がりますので、テント内での着替えも楽ですし、出入りも楽ですが、風に弱くなるという物理的な問題も生じます。逆にテントは寝るだけと割り切って背の低いテントを選べば、安全性が高くなりますので、キャンプ場での過ごし方も実はテント選びには関係するんですね。

③スタイルを考える
単純にキャンプを考えたときに、どう過ごすか?実はこれを早目に確定させておくと自ずとテントの形が決まる場合が多いです。例えば、刻々と変わる気象条件もポイントの一つ。急な大雨に見舞われそれが断続する様なケースでも快適に過ごせるテントというのがあります。(ツールームテント、ロッジタイプ、シェルタータイプ、など)晴れる事が前提ならば、一般的なドーム型テントだけで最低限の用は足りますが、日差しが強すぎる場合や時折小雨の様な天候ならばプラスαでタープを準備するなど他の道具も必要になってきたりするので、天候はどうか?雨の時どう過ごすか?これをある程度イメージしておくとテントの確定により近づくというわけです。雨が降らない事が前提ならば木陰にリビングスペースを置くというのも最高のキャンプになります。

④好き嫌いを考える
キャンプ場でくつろぐ時間や遊んでいる時も常に自分のサイトのシンボルとなるのがテントです。出来ることなら、キャンプ場内が混んでる時でもキチンと目印になって見て納得できる自分のお気に入りデザインのテントを選びたいところですね。

⑤性能はどうなの?
テントで重要なのは防水性と引裂き強度と呼ばれる幕自体の強度…これは雨と風という屋外キャンプにおいて突然やってくる天候の悪化時に重要となるものです。それぞれメーカー・商品毎に、耐水圧などの表記がありますので頭に入れておきましょう。ちなみに初心者のうちは荒天の時は、キャンプをしないという判断も重要です。

⑥大まかな目安
オールラウンドに使い勝手がよい→ドームテント 強い雨に見舞われても家族キャンプを楽しむ居住性重視→ツールームテント 風が強い春先にキャンプをしたい機能性重視→背が低く骨格のしっかりしたテント 雪中で暖まりながらのキャンプ+見た目重視→ティピー型(三角テント)シェルター バイクでキャンプをしながら旅をしたい→パッキングが小さくなるソロ用テント

⑦テントの種類
テント一つとっても様々なタイプやスタイルが各メーカーより提案されています。こうなると右も左も分からない初心者が、テントを選ぶといっても至難の業ですよね。そこで、一目見てこれがいいかも!とはならないまでも実際の形を知れば自分のスタイルがだせそうなテントが見つかるかも知れません。

ドーム型テント (オールラウンド◎)

ワンポール型テント(見た目重視◎)

   

出典:テントマーク

こいしゆうかさんプロデューステント ビビッドな赤が印象的で可愛いですね。

トンネル型テント (機能性◎ 見た目◎)

   

山岳用にも使え世界中から信頼のあるヒルバーグテント

商品詳細はコチラ

   

家族で使える2ルームトンネルテントこちらもお洒落キャンパー御用達

商品詳細はコチラ

オールインワンテント (居住性◎、見た目○)

広大なリビングが特徴で突然の雨でも快適です。 キャンパルジャパンのオールインワンテントは骨組みが内側に、スノーピークの場合は外側に骨組みが設計されています。スノーピークはポールの色に合わせてスリーブにポールを差し込むスタイルなので慣れれば一人でも設営し易い作りこみがされています。 設営には慣れと時間が必要ですが、これが設営出来れば脱初心者といえますね。

ロッジテント (居住性◎ 機能性◎)

シェルター型 (見た目○ 居住性○)

http://www.campal.co.jp/ 

   

モノポールテントの手軽さに居住性をプラスしたシェルタータイプ。小型のドームテントを入れて、カンガルースタイルでの幕営も出来ます。

   

もちろん全ての季節・条件でそれぞれを使用しても問題はありません。何度かキャンプを経験しスタイルが決まってきてから買い換えるという人も非常に多いので、最初に選ぶテントは安価でクオリティの高いドームテントに落ち着く人が多いというのが実情のようですね。 さて気に入ったテントは見つかりましたか?


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner