オールキャンパーズジャパン

家族キャンプの楽園!?「All Campers Japan 2022 SUNSET」レポート

2022.12.08キャンプ場

hinataがメディアパートナーを務めた「All Campers Japan 2022 SUNSET」が、2022年10月29日から2日間にわたって開催されました。hinataが会場内で一番「キャンプを楽しんでいる!」と感じたサイトに送られる「hinata賞」の受賞サイトをはじめ、会場の熱気と雰囲気をレポート。ヘッドライナーであるYouTuber「伊豆のぬし釣り」さんをはじめ。豪華ゲストも登場しました!

「オールキャンパーズジャパン」は全国からキャンパーが集う一大イベント

参加者は全国からのべ1,100人超え!

オールキャンパーズジャパン
北は北海道、南は九州からのべ1,100人を超えるキャンパーが参加。朝9時過ぎ、受付に並ぶ車列はまさに圧巻。これからはじまる2日間のイベントの盛り上がりが感じられます
「キャンプをとことん楽しみぬくイベント」として、年に2回開催されるオールキャンパーズジャパン。大人の時間を朝まで楽しむ「SUNRISE」と、家族全員で日暮れまで遊ぶ「SUNSET」、回によって異なる2つのコンセプトが特徴です。ヘッドライナーは、大人気のキャンプ系YouTuber「伊豆のぬし釣り」さん。 2022年10月29、30日に開催されたイベントのコンセプトは「SUNSET」。「大人もこどもも夢中になれる時間」というテーマのもと、全国からのべ1,100人を超えるキャンパーが静岡県裾野市の大野路キャンプ場に集結!会場内には、太陽のある時間を家族全員でこれでもかと楽しめるアクティビティが充実していました。 そして日暮れの後には子どもたち期待のハロウィンパーティも。参加したファミリーキャンパーがこぞって「最高!!」と絶賛した、大満足のキャンプイベントの様子をレポートします!

お腹を満たして、ギアを漁ろう。メインエリアには充実の出店!

クラフトビール好きからの支持高い「Repubrew」や「反射炉ビヤ」も出店!

オールキャンパーズジャパン
サイトで設営を終えた参加者たちがまず向かったのはメインエリア。ここには物販スペースのほか、地元静岡県から集まった実力派の飲食店も集結。特に、ビールにおいては沼津を拠点にする「Repubrew」、静岡県伊豆市の「反射炉ビヤ」が出店。全国的にも人気のあるブルワリーとあって、初日から多くの人が列を作っていました。
会場雰囲気
メインステージの横にはスポンサーであるコカレロのブースも。ハーブをブレンドしたリキュールであるコカレロは、多くのパーティシーンをサポートしていることもあり、近年は野外フェスを筆頭にアウトドアシーンでもファンが増えているドリンクの一つ。 ブースには日中から夜まで常に参加者が訪れており、改めて人気の高さを伺わせます。

オールキャンパーズジャパンは子どもも楽しめるアクティビティが豊富!

子供エリア
メインエリアの一角に設けられたキッズエリアはとにかく広大!
家族全員で楽しめるオールキャンパーズジャパンだけに、子どもも楽しめるアクティビティはキッズエリアのみならず!キャンドルづくりや、パラコードを使ったブレスレットづくりなどのワークショップも実施されていました。 そして、夜は子どもたちお待ちかねのハロウィンパーティ。家族全員で参加できる仮装大会は思い出作りにピッタリです。
ハロウィン
10月末ということもあり、多くのテントサイトにハロウィンの飾り付けを発見。シンプルなものから、サイト全体を装飾したものまでさまざま。

人気キャンプYouTuberのテントサイトをチェック!

伊豆のぬし釣り
ヘッドライナーを務める伊豆のぬし釣りさんのサイトは「THE NORTH FACE ジオドーム」にオリジナルブランド「HILLS FIELD」のタープを合わせたスタイル
メインエリア内には、キャンプYouTuberのサイトを実際に見れるエキシビションサイトも。中でもチャンネル登録者数42.9万人(2022年11月29日現在)を誇る伊豆のぬし釣りさんのサイトは、めったいない機会とあって大人気! 普段は映像の中でしか見ることのないサイトということもあり、も多くの人が足を止めるスポットになっていました。
shiromani
ちょうどエキシビションサイトで作業中だった、ゲストYouTuberのshiromaniさんを直撃。元気な男の子兄弟二人とファミリーキャンプを楽しむパパならではの、サイトへのこだわりなどを聞きました。
shiromani
家族4人でキャンプを楽しむ様子が人気のYouTubeチャンネルということもあり、「テント選びで重要視するのは設営の簡単さと中のスペースの広さ」というshiromaniさん。この日のテントは発売して間もないゼインアーツのロロ。 ワンポールテントの難点であったデッドスペースの多さを、サポートポールによって解消した構造が人気のテントです。

大人も子どもも関係ない!キャンプ場ではじまる大運動会「オールキャンパーズカップ」

アクティビティ
玉入れ
今回のイベントでは、参加者全員を4つの寮に分け、それぞれのチームがアクティビティやテントサイトの完成度などで総合得点を競うオールキャンパーズカップも開催。コロナ禍で運動会が遠のいていた子どもたちはもちろん、久しぶりの運動会に大人たちも熱が入ります!

完成度の高いテントサイトを讃える「グッドキャンパー賞」も

テント
テントサイトはグルキャン・ファミキャン・ソロなどでエリア分け
さすがは「オールキャンパーズジャパン」、日本中全てのキャンパーのためのイベントというだけあって、参加者こだわりのテントサイトが並ぶ会場内。オールキャンパーズカップの一環として、魅力的なサイトへおくられる「グッドキャンパー賞」の審査も実施されました。審査員はゲストやスポンサー、そしてメディアパートナーであるhinata。参加者同士でも投票しあい、「キャンパーズ賞」「コカレロ賞」「グッドキャンパー大賞」そして「hinata賞」が決まります。
camper賞
早速ソロキャンエリアにてオーラの違うサイトを発見。サンドカラーのテントが多い中でまるでオアシスのように見える一角。

ランタンや焚き火によるキャンプ場の「夜景」は圧巻!

キャンプ場夜景
白熱した日中のアクティビティが終わり、日が暮れはじめるとサイトにはランタンと焚き火のあかりが灯りはじめます。会場内には夕食を囲むにぎやかな声が響き、これからはじまる夜のアクティビティに向けて、エネルギーチャージの時間です。
オールキャンパーズジャパン
気温も下がり、焚き火が最も心地よい季節に。

キャンプ場でのハロウィンナイト!

ハロウィン
日暮れのあとは子どもたちのハロウィン仮装大会も開催!こちらもオールキャンパーズカップとしてポイントが付与されるため、各チームから趣向をこらした仮装をした子どもたちが参加しました。
ハロウィン
ハロウィンの飾り付けをしたサイトも多く、テントサイトを歩いているだけでワクワクしてきます! hinataでは仮装をした子どもたちにお菓子を配布。合言葉はもちろん「トリック・オア・トリート」!

トークショーのテーマは「家族×キャンプ」の楽しみ方

トークライブ
遊び疲れた子どもたちが寝静まる夜の時間には「家族キャンプ」をテーマにしたトークショーも開催。伊豆のぬし釣りさん、Shiromaniさん、KEN10さん、みっちゃんさん、とゲストが勢ぞろいし、hinataのPR担当・小畑も登壇。それぞれが思う、家族と楽しむキャンプのあり方などをシェアしました。「子どもたちが主体的に、さまざまなことにチャレンジできる時間」であるという話のあとには、客席に座る多くの参加者からも拍手があがりました。

快晴の2日目、ついにオールキャンパーズカップの各賞が決定!

富士山
平年よりも早く雪化粧をした富士山が見下ろすキャンプ場でスタートした2日目の朝。メインステージでは10:00より、それぞれの表彰担当者が選んだサイトに送られるグッドキャンパー賞と、各アクティビティでのポイントをチームで競ったオールキャンパーズカップの表彰式がスタート。
オールキャンパーズジャパン
数々の賞が発表される中、見事「hinata賞」をゲットしたのは地元静岡県内から参加したキャンパー。hinataから賞状と、景品としてPASECOの石油ストーブが送られました。
hinata賞
なんと、hinata賞を受賞したキャンパーが所属する寮「SUNSHINE TARP」が総合得点もトップに!
hinata賞
「hinata賞」をゲットしたキャンパーのサイトがこちら。「日頃から一緒にキャンプをすることが多い」という2組の家族で設営したサイトは、左右対称に並んだ「コールマン マスターシリーズ」のテントが特徴的。 「年間を通して家族が安全かつ快適に、キャンプを楽しめるギアを選んでいます」という言葉の通り、基本をおさえたうえで、装飾など所々に子どもたちの遊び心が見えるサイトが、今回のテーマとマッチしていたことが決め手となっての受賞でした。

次回開催は2023年春!朝までキャンプを楽しむSUNRISE

大人も子どももみんなで楽しめるイベントとして大盛況で幕を閉じた「All Campers Japan 2022 SUNSET」。会場はつねに子どもたちの笑顔があふれ、まさに「大人もこどもも夢中になれる時間」を体現したイベントとなりました。 次回は2023年春、オトナ向けの朝までキャンプを楽しむイベントの「SUNRISE」が開催予定。就寝時間、消灯時間ともに設定のない、さらに非日常を感じるイベントとなること間違いなし。hinataでも引き続き、イベント情報を紹介していきますのでお見逃しなく!

会場の熱気感じる写真と次回の開催情報は要チェック!


特集・連載


あわせて読みたい記事