キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ソログルキャンは現地集合、現地解散でもOK!いいとこどりの「気を使わない」キャンプとは?【プロ店員のみっちり講座】

エルブレス ドームつくば学園東大通り店のプロスタッフがおすすめするキャンプスタイル

出典:PIXTA

キャンプを始めたい家族や初心者のため、アウトドアのプロ店員たちが徹底サポート!道具の選び方やキャンプ当日の動きを解説します。今回は大型アウトドア専門店「エルブレス ドームつくば学園東大通り店」(茨城県土浦市)のプロスタッフに、ソロキャンをグループで行う「ソログルキャン」の利点を最大化するためのコツを教えてもらいました!

グループキャンプのメリットは、仲間たちと過ごす時間!

エルブレス ドームつくば学園東大通り店のプロスタッフがおすすめするキャンプスタイル

出典:PIXTA

休みの日に合わせ、キャンプ場を予約する。当日に向けて新しいギアを買ったり、ユーチューブでおいしそうなキャンプ飯の作り方を学んだり、前回は上手くいかなかったテントの張り方を復習したり……。 そんなふうに、キャンプへ行くことが決まると気分が上がりますよね。回数を重ねれば重ねるほど、奥深くなっていくのがキャンプ道。季節によっても味わい方が違ってきますし、新しいキャンプ場にチャレンジするという楽しみもあります。これは、初心者でもベテランでも変わりません。二度と同じ環境が訪れない自然の中での遊びだからこそ、飽きることなく続けられるのがキャンプなのです。 そんなとき、気の置けない仲間がいれば、得られるものはもっと多くなります。もちろん、ソロキャンプだって魅力的。しかし、やはり誰かと共同で開催するグループキャンプなら、その楽しさは何倍にもなるでしょう。体験できるギアの種類や食べられるキャンプ飯の幅も広がりますし、なにより同じ趣味を持った仲間と行動をともにする時間は有意義なもの。そんな何物にも代えがたい魅力が、グループキャンプにはあるのです。

お互いに気を使わないスケジュールを立てよう

エルブレス ドームつくば学園東大通り店のプロスタッフがおすすめするキャンプスタイル

出典:PIXTA

ただし、そうして数人の仲間たちが集うグループキャンプだからこそ、注意するべきことがあります。 大型アウトドア専門店「エルブレス ドームつくば学園東大通り店」(茨城県土浦市)のプロスタッフ・高石宗敬さんによれば、通常のグループキャンプにソロの要素を取り入れた「ソログルキャン」が、その注意点を解決する鍵なのだとか。 初心者でも始めやすい、仲間と楽しむキャンプスタイルをもっと知るために、今回はそのあたりを詳しく聞いてみました。
person icon

高石さん

やっぱり仲間と一緒に遊ぶのって、楽しいもの。グループキャンプ最大の魅力は、そこにあります。 でも、集合から解散までずっと一緒に行動をともにするのは、意外としんどかったりしますよね。関係性というか、距離がそこまで近くない人と一緒の場合もあるので…。そんなとき、行き帰りの車や、寝る場所まで同じだと気を使います。そこで、グループのワイワイ感を味わいつつもリラックスした空間を確保できる「グループ×ソロキャンプ」がおすすめ。どちらのメリットも手に入れて、快適なキャンプライフを送りましょう。
▼グループ×ソロキャンプで選ぶべき道具とは? 前回の記事をチェック!

グループ×ソロキャンプを快適に過ごすテクニックとは?

【その1】集合場所はフレキシブルに

エルブレス ドームつくば学園東大通り店のプロスタッフがおすすめするキャンプスタイル

出典:PIXTA

person icon

高石さん

通常のグループキャンプの場合、朝どこかにみんなで集合し、車を連ねて一緒に現地へ向かいますよね。でもこれって、住んでいる場所などの問題もあるので、意外と大変なもの。それにグループといっても、そこまで親しくない人がいる場合もあります。 そこで、車の台数や集合場所に柔軟性を持たせて、参加する人それぞれが気を使わなくてもいい方法を採用してみましょう。たとえば5人のグループで、カップル1組、そのほか3人とかだったら、2人と3人に分かれて車2台で行動してみたり。
エルブレス ドームつくば学園東大通り店のプロスタッフがおすすめするキャンプスタイル
person icon

高石さん

集合場所はいったん、買い出しも兼ねて、キャンプ場までの道中にある道の駅やスーパーでもいいでしょう。食材の買い出しなど、「誰がなにを担当するのか」だけ事前に決めておけば、キャンプ場で落ち合うのもアリだと思います。

【その2】まずはタープの設営を

エルブレス ドームつくば学園東大通り店のプロスタッフがおすすめするキャンプスタイル

出典:PIXTA

person icon

高石さん

キャンプ場に着いたら、まずはみんなの集合場所となるタープを建てましょう。キャンプ場によっては、テント単位で料金がかかることもあるので、各自がテントを持参するグループ×ソロキャンプではフリーサイトの施設を選ぶといいですよ。 もちろん、フリーサイトであっても、あまりスペースを広げると周囲のキャンパーに迷惑がかかるので、全体をなるべくコンパクトにまとめることを意識しましょう。
エルブレス ドームつくば学園東大通り店のプロスタッフがおすすめするキャンプスタイル
person icon

高石さん

その次は、テントを張ります。各々が、快適に過ごせる位置に設置しましょう。テントのサイズ自体も、あまり場所をとらないコンパクトなものがいいですね。場合によっては、軽さに特化した山岳用のテントを持参してもいいかもしれません。

【その3】設営後はまったりと過ごす

エルブレス ドームつくば学園東大通り店のプロスタッフがおすすめするキャンプスタイル
person icon

高石さん

みんなの集合場所と寝場所を確保したら、あとはフリータイムです。食事を作ったりお酒を飲んだりしながら、ダラ~っと過ごすのがいいと思います。 グループの場合、たいてい料理好きが1人はいるので、食事はその人に任せるのもアリ。その代わりにほかの人はタープやテーブルを持っていく、などと担当を事前に決めておきましょう。

【その4】寝るまで焚き火を楽しむ

エルブレス ドームつくば学園東大通り店のプロスタッフがおすすめするキャンプスタイル
person icon

高石さん

あとはやはり、焚き火をするのがいいですね。グループキャンプって結局、みんな最後は焚き火のまわりに集まるんですよ(笑)。火をぐるりと囲んでお酒を飲んだりしながら、ワイワイとお喋りするのが醍醐味ともいえます。
エルブレス ドームつくば学園東大通り店のプロスタッフがおすすめするキャンプスタイル

出典:PIXTA

person icon

高石さん

そうして焚き火をしていると、みんなは盛り上がっているけど、自分は眠くなってしまうことってありますよね。 そんなときにほかの人と同じテントだと、先に寝床へ向かうのは忍びないもの。ですが今回ご紹介している、各自がマイテントを持ち寄るグループ×ソロのスタイルなら、みんなにひと声掛ければあとは自分のテントで寝るだけ。変に気を使わず、ストレスなく自分の時間を確保できるんです。

【その5】朝の焚き火もアリ

エルブレス ドームつくば学園東大通り店のプロスタッフがおすすめするキャンプスタイル

出典:PIXTA

person icon

高石さん

泊まった翌日、ぜひトライしてほしいのが「朝焚き火」。キャンプをするときって、帰る日の朝は片付けが大変だから焚き火をしない人が多いと思うんです。 でも実は、チェックアウトの時間まで余裕があったり、早朝から始めたりすれば、朝の焚き火ってとてもいいものなんですよ。
エルブレス ドームつくば学園東大通り店のプロスタッフがおすすめするキャンプスタイル

出典:PIXTA

person icon

高石さん

そうして早朝、空気のきれいな時間に焚き火にあたりながら、のんびりとコーヒーを飲んでみてください。こんなときにシングルバーナーがあると、手早く火の準備ができて便利。 ひと通り終わったら、あとは自分のテントやテーブルなどを撤収し、仲間に挨拶をして帰宅です。帰りもほかの人の予定に合わせる必要がないので、翌日もスケジュールが組みやすく、休日をフルで楽しめますよ。

ストレスフリーで、快適なキャンプライフを!

エルブレス ドームつくば学園東大通り店のプロスタッフがおすすめするキャンプスタイル
グループ×ソロキャンプを成功させるためには、仲間同士でもある程度の距離感を持つことが大切。まずは、プライベートな寝床の確保を忘れないようにしましょう。 「この人数のグループキャンプだったら、どんな道具が向いてる?」「おすすめのキャンプ場って?」と疑問のある方は、気軽にお店を訪れてみてください。グループ×ソロキャンプに精通したプロスタッフが、丁寧にアドバイスをしてくれます。 【店舗情報】 エルブレス ドームつくば学園東大通り店 住所:茨城県土浦市中村南6-12-18(スーパースポーツゼビオ店内) 電話:029-843-6610 営業時間:10:00〜21:00

グループキャンプのイロハを知りたいなら!

エルブレス ドームつくば学園東大通り店を見る
 最終更新日: