hinata

>

キャンプ用品

>

ベスト・ヒッツ

>

2021年にランタン勢力図を変えたあの製品が大賞に。小物部門を発表!【hinataアウトドア大賞】

2021年にランタン勢力図を変えたあの製品が大賞に。小物部門を発表!【hinataアウトドア大賞】

キャンプ用品

アウトドア大賞

その年に発表されたキャンプ用品・サービスの中から、最も優れたものをhinata編集部が独自に表彰する「hinataアウトドア大賞」。機能やデザインの斬新性、読者・スタイリストの声を踏まえ、全5部門で大賞を発表していきます。「テント」と「焚き火」に続き、今回の「小物」の部門で選ばれたのは、テーブルランタンの勢力図を変えたとされるあのガスランタン。選定理由に加え、ブランド担当者に聞いた開発への思いや受賞コメントも合わせて紹介します。

目 次

「hinataアウトドア大賞2021」とは?

hinataアウトドア⼤賞は、読者やスタイリストの推薦、掲載した記事の反応、キャンプ業界での反響を加味しながら、編集部がその年に発表された商品・サービスを独⾃に選定する表彰です。キャンプでの実⽤的な機能性はもちろん、デザインや発想の斬新性、アウトドアファン拡⼤への貢献を評価して決定。2021年が1回⽬となり、今後も毎年、年末に発表していく予定です。

【小物部門】多機能性×デザイン性、プラスアルファが求められた2021年

hinata大賞

出典: PIXTA

テントや寝袋に次ぐキャンプ小物として欠かせない小物といえばランタン。コンパクトなLEDランタンの人気は衰えず、「ゴールゼロ」の一強とも言える図式が続く中で、さまざまなガレージブランドがゴールゼロ人気に乗って、多種多様なランプシェードを発売しました。その牙城を崩そうと、新しいランタンが続々と登場したのが2021年。

LEDが主流になりつつある中だからこそ、キャンプで眺める炎のあたたかさに気づく人が多かったのも事実。デイツ、フュアーハンドなどのハリケーンランタンの品薄は今年も続き、それに付随して、上にのせるカップウォーマーやランタンケースなども、飛ぶように売れていました。

【大賞】SOTO Hinoto(ヒノト)

hinata大賞

汎用性・デザイン性に“癒し”を兼ね備えた逸品

炎のゆらぎを手軽に感じられるテーブル用のガスランタン。本体に取り付ける専用のガスタンクは、CB(カセットボンベ)缶とライターガス缶から直接、OD(アウトドア)缶は別売の専用アダプターで充填できます。OD缶単体での使用も可能です。外径38mmとキャンプ用のテーブルの上でも場所をとらないコンパクトな設計。オンとオフ、炎の調整が外周のリングでできるスマートな仕様になっています。

【基本情報】
商品名:Hinoto(ヒノト)
サイズ:‎幅38×奥行38 ×高さ156mm
燃焼時間:充てん式専用タンクで1~2時間 *タンク充てん状況や火力により変動
重さ:232g
価格:6,930円(税込)
詳細はこちら:SOTO

選定理由

hinata編集部

hinata編集部

テーブルランプ向きのガスランタンの勢力図が固定化していた中で、充填式のタンクとOD缶の両方を使えるようにした 汎用性の高さはもちろん、スタイリッシュでコンパクトなデザインで、ランタンの新たな価値を創造しました。

SOTO広報担当・坂之上丈二さんに聞いた開発秘話と受賞の喜び

アウトドア大賞
——「Hinoto」の製品の開発の苦労やこだわりについて教えてください。

坂之上丈ニさん(以下「坂之上さん」):SOTOはこれまで、ガスと酸素を混合させた、すすが発生しない「完全燃焼」の青い炎を作り出してきました。高温で安定もしているため、調理をする際などの実用性に優れています。

しかし、Hinotoはこれまでつくり続けてきた完全燃焼の炎ではなく、ガスが自然のままに燃える赤い炎。実用性よりも“癒し”を求めた製品づくりへの挑戦の結果生まれた製品です。赤い火は、屋外で当たり前のように吹いている風にとても弱いため、耐風性をアップさせるための工夫に注力しました。製品の存在感よりも癒しの灯りを主役にするため、本体にツマミを付けないなど、シンプルなデザイン性にもこだわっています。
アウトドア大賞
——受賞コメントをひとことお願いします!

坂之上さん:
これまでのSOTO製品とはひと味違った癒しの赤い火。この新しいチャレンジに対してご評価いただけましたことは、今後のさらなる製品開発の励みになります。
▼hinata編集部によるHinotoのレビューはこちらもチェック!

【次点】5050WORKSHOP ミニマライト

アウトドア大賞

出典: Amazon

ハンディライト、ランタン、モバイルバッテリーとして使える、超小型のLEDライト

底部分はズーム調整することで、広範囲や最大100m先まで照らせるハンディライトに。ボディ部分は、お好みで色温度を暖色と温白色の2種類に、光量を2段階に調整でき、ランタンとして使えます。

いざというときは、モバイルバッテリーにもなる頼もしさ。ふたつ購入し、スタンドにつるしてテーブルランプのように使ったり、手持ちのネックストラップやカラビナに付けて持ち歩いたりと、使い道は無限大。超コンパクトでありながら、「置く」「吊るす」「身につける」の3WAYを実現した多機能性、デザイン性の高さが秀逸な新世代ライトです。

【基本情報】
商品名:ミニマライト
カラー展開:ブラックトライバル、オリーブペイズリー
サイズ:‎幅26.5 ×奥行26.5 ×高さ123mm
重さ:約107g
内蔵バッテリー:2500m Ah リチウムイオン
価格:2,860円(税込)
詳細はこちら:5050WORKSHOP
▼ミニマライトについてもっと詳しく知りたい方はコチラ

【次点】ポストジェネラル ハングランプ タイプワン

落としても割れない!裸電球のようなデザインが斬新なLEDランプ

アウトドア大賞

出典: Yahoo

電源のない場所でも使える、画期的なデザインと素材を採用したLEDランプ。ガラスではなく、耐衝撃性や耐久性に優れたポリカーボネート製の電球なので、落としても割れません。雨による水滴や、水しぶき程度はしのげる生活防水の仕様で、屋外での使用も安心。カスタムランプシェードで、ガラリと雰囲気を変えることも。ヴィンテージ感あるデザインが、キャンプサイトでのくつろぎタイムに一役買ってくれます。

【基本情報】
商品名: ハングランプ タイプワン
カラー展開:サンドベージュ、ブラック、ホワイト、オリーブカーキ、サックスブルー
サイズ:‎直径60×高さ220mm
重さ:約107g
バッテリー:単4電池×3本
価格:1,540円(税込)
詳細はこちら:ポストジェネラル

残り2部門も続々発表。何が大賞に選ばれるかお見逃しなく!

「ごはん」「サービス」部門の大賞も、2021年12月31日(金)までに順次発表します。愛用のアイテムは入賞しているでしょうか。来年にギアチェンジや新規購入を考えている方も、ぜひお買い物の参考にしてくださいね。
▼発表済みの「テント部門」「焚き火部門」はこちらをチェック!
hinataアウトドア大賞2021

2021年に発表されたキャンプ用品・サービスの中から、最も優れたものをhinata編集部が独自に表彰する「hinataアウトドア大賞」。機能やデザインの斬新性、読者・スタイリストの声を踏まえ、「...

記事一覧へ
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事