キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【アウトドア名品かるた/くやまけふこ】ヒルバーグの最高峰テント「ケロン」に万能ラックまで。全キャンパー必読のギア傑作選!

名品かるた5

どんな分野にも、時代に左右されずに愛され続ける「名品」が存在するもの。長きにわたって多くのキャンパーに愛用され続ける至高の名品を、いろは順に毎日紹介する企画「アウトドア名品かるた」。5日目の今回は「く」「や」「ま」「け」「ふ」「こ」の6アイテムです。あなたの手持ちギアに「名作」と呼べるものはあるでしょうか?

アウトドア用品の「名品」とは?

キャンプギア

出典:PIXTA

2022年お正月の特別企画「アウトドア名品かるた」。時代やトレンドに左右されないアウトドアアイテムの「名品」を、hinata編集部が厳選。お正月遊びの定番、かるたになぞらえて、頭文字の「いろは」順に紹介していきます。登場するのは「本当に良いものは色あせない」を体現する珠玉の定番品だけ。知られざる名品を知るチャンスです! ▼前回までの記事はこちらをチェック!

【く】クロノスドーム/モンベル

モンベルのクロノスドーム4
クロノスドーム 4
モンベルの「クロノスドーム」は、自立式の3シーズン型ダブルウォールテント。4本のポールをクロスさせ、インナーテントとグランドシートに固定したらフライシートをかぶせるだけと、簡単に設営できるのが大きな特徴です。荷物を軽くしたいソロキャンパー向けの「クロノスドーム1」、1人で寝て荷物を置くスペースもある「クロノスドーム2」、大人2〜3人で寝られる「クロノスドーム4」の3サイズで展開。 一番大きな「クロノスドーム4」でも税込み39,380円とお手頃価格。キャンプ・登山初心者のエントリーテントとして人気です。フロアマットやつり下げ式の収納ロフトなど、オプションも豊富。 詳細はこちら:モンベル

【や】焼き上手さんα/イワタニ

イワタニの焼き上手さんα
カセットこんろの祖とも言える「カセットフー」シリーズをはじめ、家庭で手軽に使えるガス製品を多数展開すイワタニ。なかでもアウトドア好きから「最強」と称されるのが、こちらのカセットボンベ式ホットプレート「焼き上手さんα」です。 電力で加熱するホットプレートは、調理面が広く、一度にたくさんの量を調理できるのが利点。フタを閉めれば蒸し焼きもできるので、厚みのある肉や魚の調理にも向いています。しかし、電源が必要だったり、コードが邪魔だったりと、キャンプシーンで使うには面倒な点もありました。 「焼き上手さんα」は電源もコードも不要。ホームセンターやスーパーで調達しやすいカセットボンベ(CB缶)さえあれば、手軽にホットプレート調理ができます。プレートの下には五徳が付いており、通常のカセットこんろとしても使える一石二鳥のアイテムです。 詳細はこちら:イワタニ

【ま】マイクロチェア/アディロンダック

マイクロチェア
1977年の創業以来、数多くの海外ブランドの商品を日本に輸入販売し続けている「エイアンドエフ」は、日本のアウトドア文化を牽引するトップランナー。国内のアウトドア事情をどこよりも知り尽くしている企業です。そんなエイアンドエフが、日本人の好みと品質基準に見合ったもの作りをするべく立ち上げたオリジナルブランドが「アディロンダック」です。 今回紹介する「マイクロチェア」は、キャンプや釣り、音楽フェスなどで大人気のコンパクトチェア。アディロンダックのラインナップのなかでも、圧倒的人気を誇るベストセラー商品です。重さは547g。折りたたむと厚さはわずか4.3cmと、雑誌1冊持ち運ぶのとほぼ変わりません。頑強なアルミ合金フレームに、防弾チョッキにも使われるハードナイロンの座面を採用。見た目以上に頑丈で、長く愛用できます。 詳細はこちら:A&F

【け】ケロン/ヒルバーグ

ヒルバーグのケロン3
ケロン3 グリーン
アウターとインナーが一体になった「ダブルウォール構造」のテントを世界で初めて生み出した「ヒルバーグ」。同社を代表するのが、雪山に吹くブリザードにも耐えうる屈強なトンネル型テント。 「ヘラグス」「ナロ」などさまざまなモデルが展開されていますが、その原点であり不動の看板モデルであるのが「ケロン」です。 居住空間の広さ、強度、タフさなど、ヒルバーグのテントの魅力を全て持ったアイコンモデル。ポールが全て同じ長さに設計されており、通す場所を間違えることがないので、誰でも簡単に設営ができます。 サイズや細かな仕様違いでいくつかバリエーションがありますが、最も定番といえるのは「ケロン3」。大人3人が入れる大きさのわりに、重さは約4kgと比較的軽量。キャンプでも登山でも、シーンを選ばずに使い勝手の良いテントです。 詳細はこちら:ヒルバーグ

【ふ】フィールドラック/ユニフレーム

ユニフレームのフィールドラック
ユニフレームのフィールドラック
サイト内にラックがあると、ごちゃつきがちな小物やボックス類を整理整頓できて見た目が格段にスッキリします。さらにはキャンプ道具を地面に直置きせずに済むので、撤収時や帰宅後の後片付けがずいぶん楽になるという利点も。 2018年に発売されたユニフレームのスチール製ラック「フィールドラック」は、キャンプの万能棚として多くのキャンパーを魅了しています。 耐荷重は30kgと、見た目以上に頑丈。フィールドラック同士は縦に重ねられるので、複数買いすれば「1つはテーブル横に置くクーラースタンド、3つを重ねて収納棚に」「今日は人数が多いから、ラックを4段にして食器類をまとめておこう」など、その日のスタイルに合わせて使い方を変えられます。 別売りの専用天板やメッシュボックスと組み合わせれば、テーブルや調理台としても使用可能。 詳細はこちら:ユニフレーム

【こ】コンボクッカー/ロッジ

ロッジのコンボクッカー
キャンプでよく使われる定番の調理器具といえば、鋳鉄製のフライパン「スキレット」と深鍋「ダッチオーブン」が2大巨頭ではないでしょうか。焚き火・炭・ガスとあらゆる熱源に対応しているほか、「焼く」「煮る」「蒸す」など、ひとつでさまざまな調理方法ができることから広く愛用されています。 2021年に創業125周年を迎えた世界的メーカー、ロッジが販売する「コンボクッカー」は、ダッチオーブンとスキレットを一体化させた画期的アイテム。一般的なダッチオーブンと同じく、ふたの上に炭をのせて上下から加熱したり、ふたの重みを利用して無水調理をしたりは朝飯前。 ふたにもハンドルが付いているので、スキレットとして単品使いもできるようになっています。煮込み料理を深鍋で作った後に、ふたでステーキを焼いてそのまま食卓へ…ということも可能。IH調理も可能です。1セット買うだけで、キャンプ料理の可能性が何倍にも広がります。 詳細はこちら:ロッジ

次回は「え」「て」「あ」「さ」「き」「ゆ」「め」が頭文字の名品を紹介!

2022年の元日から毎日、「いろはにほへと」順にアウトドアの名品を紹介している「アウトドア名品かるた」。6日目となる明日は、「え」「て」「あ」「さ」「き」「ゆ」「め」の7アイテムが登場します。一体どんな名品があるのか、お楽しみに!

今回紹介したアイテム

商品画像モンベル クロノスドームイワタニ 焼き上手さんαアディロンダック マイクロチェアヒルバーグ ケロンユニフレーム フィールドラックロッジ コンボクッカー
商品名モンベル クロノスドームイワタニ 焼き上手さんαアディロンダック マイクロチェアヒルバーグ ケロンユニフレーム フィールドラックロッジ コンボクッカー
商品リンク
series top img

どんな分野にも、時代に左右されずに愛され続ける「名品」が存在するもの。星の数ほどの新商品が日々発売され、めまぐるしくトレンドの変わるアウトドア用品も例外ではありません。長きにわたって多くのキャン...

記事一覧へ
 最終更新日:

あわせて読みたい記事