キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

コンセント付きで万能!モバイルバッテリーおすすめ15選

白いモバイルバッテリーで充電中のスマホ

出典:PhotoAC

コンセントに直挿しできるプラグ付きのモバイルバッテリーは、小型デザインが多く、持ち運ぶのにとても便利です。今回はモバイルバッテリーのおすすめ14選を紹介。ケーブル内蔵モデルやQi、PD対応モデルなどさまざまなプラグ付きモバイルバッテリーの選び方も解説します!

一台にバッテリーとコンセントがついている!

手のひらサイズのプラグ付きモバイルバッテリーのブラック

出典:Amazon

外出先でのスマホやタブレットの充電に欠かせないモバイルバッテリー。一般的なモバイルバッテリーはそれ自体を充電するのにACアダプターや充電器が必要ですが、プラグ付きモバイルバッテリーの場合はACアダプターや充電器は不要で、コンセントから直接の充電が可能。 使える電源さえあれば、ACアダプターなどがなくても外出先でモバイルバッテリー自体に充電できるのが「プラグ付きのモバイルバッテリー」。外出先でモバイルバッテリー自体の充電がなくなってしまっても、電源カフェなどで充電できるのでとても便利です。

コンセント付きのモバイルバッテリーの魅力

コンセント対応プラグ付きモバイルバッテリーの魅力を2つ説明します。モバイルバッテリー自体の充電を忘れがちな方や、外出時の荷物を減らしたい方はプラグ付きモバイルバッテリーがおすすめですよ。

直挿し可能でバッテリーの充電もデバイスの充電も同時にできる

壁のコンセントにモバイルバッテリーのプラグを挿そうとしている手

出典:Amazon

プラグ付きモバイルバッテリーの1つ目の魅力は、コンセントへの直挿しが可能でデバイスへの充電完了後はバッテリーへの充電がそのままできること。一般的なモバイルバッテリーは、まずモバイルバッテリーを充電してからデバイスへ充電となりますが、プラグ付きモバイルバッテリーの場合はデバイスを先に充電できるのが特徴です。 また、充電器やACアダプターを介さずコンセントへ直挿しできるので、見た目がスッキリとしてコード類のゴチャつきが気になりません。

持ち運ぶものが少なくなる

壁のコンセントに差した白いモバイルバッテリーにつないだスマホ

出典:Amazon

プラグ付きモバイルバッテリーの2つ目の魅力が、持ち運ぶものを減らせることです。出張や旅行など、モバイルバッテリーへの充電が必要になるシーンでも、プラグ付きモバイルバッテリーならケーブルさえあればデバイスへの充電が可能。一般的なモバイルバッテリーのように、充電器やACアダプターなどを持ち運ぶ必要がありません。

コンセント付きモバイルバッテリーのデメリット

持ち運びや充電に関してはとても便利なプラグ付きモバイルバッテリーですが、一般的なモバイルバッテリーよりも劣る面があるのも事実。購入の前にデメリットを把握しておきましょう。

他と比べて容量が小さい

モバイルバッテリで一番重要とも言えるのが容量。モバイルバッテリーのパッケージなどに大きく表示されている「10,000mAh」などの数字が容量です。例えば、スマホの容量が3,000mAhだとするとフル充電した10,000mAhのモバイルバッテリーならば単純計算すると3回はスマホに充電できることになります。 ただし、充電時のロスがあるので実際にはパッケージに表示されている数値の7割程度が実際に充電可能な容量。容量10,000mAhのモバイルバッテリーであれば、3,000mAhのスマホに2回のフル充電が可能と考えるのが妥当です。 プラグ付きモバイルバッテリーの場合は本体がコンパクトで、容量5,000~10,000mAhのものが多いです。一方で一般的なモバイルバッテリーでは大容量の25,000mAhのものなどがあり、ゲームや動画などでデバイスを頻繁に使う場合はプラグ付きモバイルバッテリーの容量では、役不足に感じることも。ただし、容量が大きくなるほどモバイルバッテリー本体のサイズも大きくなってしまうので、デバイスの使用状況に応じたモバイルバッテリーを選ぶことが重要です。

分厚い作りになっている

プラグ付きモバイルバッテリーの場合は、本体にコンセントへ挿し込むプラグが付いているのでどうしても本体が分厚い作りになってしまいます。ただ、中にはスマホと重ね持ちが可能な薄型デザインのタイプもあるので、利用シーンに応じたデザインのものをチョイスしましょう。 分厚いデザインのプラグ付きモバイルバッテリーでも、サイズはクレジットカード程度のコンパクトなものが多いので、持ち運ぶ際に邪魔になることはありません。

コンセント付きモバイルバッテリーの選び方

コンセント付きモバイルバッテリー選びのポイント
プラグ付きモバイルバッテリーの種類は豊富で、機能面もさまざまです。急速充電できるものや、手のひらサイズのデザイン、差し込み口の数など、どの機能を優先して選ぶべきかを解説します。

出力

輪にしてまとめられた白いUSBケーブル

出典:Pixabay

モバイルへの充電時間に影響するのが出力の大きさ。出力の大きさは製品パッケージや説明書きに記載されているA数で確認できます。「製品仕様」を見ると定格入力と定格出力の項目がありますが、モバイルへの充電速度は定格出力のA数の大きさで確認します。一般的なモバイルバッテリーでは2,0~2,4Aの出力なので、2,4A以上の出力のモバイルバッテリーなら急速充電ができます。 ちなみに、入力に記載されているA数はモバイルバッテリー本体への充電速度を表しています。

サイズ

デスクの置いたスマホを操作するネイルが施された指先

出典:Pixabay

毎日カバンに入れて持ち運ぶことになるモバイルバッテリー。カバンやポケットに入れても負担にならないサイズや重さのものを選ぶことが重要です。特に「モバイルバッテリーで充電しながらスマホ操作することが多い」という場合は、スマホと重ね持ちが可能なスマホサイズのプラグ付きモバイルバッテリーが便利です。 ただし、プラグ付きモバイルバッテリーの場合は、厚みがありコンパクトなデザインのモバイルバッテリーがメイン。手のひらに収まるサイズがほとんどなので、使い慣れてしまえば不便に感じることはありません。

差し込み口の数

数台の小型ゲーム機やスマホ

出典:PhotoAC

差し込み口の数によって、同時に充電できるデバイスの数に違いがでます。差し込み口が2つあれば、スマホとタブレットの同時充電も可能。ただし同時にいくつものデバイスに充電すると、1台だけで充電するときよりも充電に時間がかかってしまいます。数台のデバイスを同時に充電することが多いのであれば、差し込み口の数が多く、なおかつ出力A数の高いモバイルバッテリーを選ぶことが重要です。

ケーブル内蔵

パソコンにUSBケーブルを挿し込むところ

出典:PhotoAC

プラグ付きモバイルバッテリーの中には、モバイルバッテリー本体にケーブル内蔵のタイプもあります。内蔵ケーブルの他に差し込み口が設けられており、同時に4台の充電が可能なものも。ケーブルが内蔵されていると、別でケーブルを持ち運ぶ必要がないので、ケーブルをなくしてしまいがちな方や、究極に荷物を減らしたい方にはおすすめです。電源が確保できないアウトドア時など、同時に数台のデバイスを充電したいときには便利に使えます。 その反面、モバイルバッテリー本体のサイズが大きくなってしまうこと、内蔵ケーブルが破損した場合に取り換えができないなど、多少のデメリットがあることも認識しておきましょう。

PD(Power Delivery)

標準的な充電の何倍もの速さで充電できるのがPD(Power Delivery)です。一般的なモバイルバッテリーの消費電力は5Wなのですが、PDでは消費電力が最大で100Wとなり、一般的なモバイルバッテリーの20倍ものパワーがあります。それにより従来よりも短い時間でのフル充電が可能。従来のモバイルバッテリーの充電速度に不満を感じている場合は、PD対応のモバイルバッテリーを検討してみましょう。 PDの注意点は、PDはUSB Type-AやMicro USBには対応しておらず、現時点ではUSB Type-Cのみに対応していること。また、USB Type-Cの全てがPDに対応しているわけでもありません。充電するデバイスとモバイルバッテリー、それらをつなぐケーブルの3点全てがPD対応となったときに、従来の何倍もの速さでの充電が可能になります。

コンセント付きモバイルバッテリー人気おすすめ15選

コンセント付きモバイルバッテリーのおすすめブランドを紹介

プラグ付きモバイルバッテリーのおすすめブランド「Anker」と「RAVPower」の2つを紹介します。どちらも中国ブランドですが、日本に支店がありアフターフォローや品質に関して定評があります。初めてモバイルバッテリーを購入するという方には「Anker」や「RAVPower」は使い勝手が良く安心です。

Anker

モバイルバッテリーの中でトップクラスの人気と信頼を誇るのが「Anker(アンカー)」。コンパクトで持ち歩きやすいデザイン性、Anker独自の急速充電テクノロジー「PowerIQ」などの機能性が優れており、アマゾンや楽天などの商品レビューでも常に高評価を得ています。 信頼できるモバイルバッテリーを探している方はAnkeを選べば間違いありません。アマゾンや楽天、公式オンラインショップの他、ヨドバシカメラの一部店舗にもAnkeコーナーが設けられています。また東京などの4都市で「Anke Store」が、ショップインショップのスタイルで全国14カ所に「Anker Store Select」が展開されています。 詳しくはこちら:Anker店舗

RAVPower

「Anker」よりも知名度は劣りますが、リーズナブルで高品質、「Anker」と比較されることも多いのが「RAVPower」のモバイルバッテリー。購入条件によっては最大2年半の長期保証がつき、アフターフォローもしっかりしていることから商品購入への安心感があります。 アマゾンや楽天などのネットショップの他、ヨドバシカメラなどの家電量販店での購入も可能です。
プラグ付きモバイルバッテリーのおすすめ14選を紹介します。出力やサイズ、急速充電など「モバイルバッテリーの選び方」で解説したポイントを参考にして、条件に合ったプラグ付きモバイルバッテリーを選びましょう。

コンセント付きモバイルバッテリーを持ってどこでも安心して充電しよう

両手でスマホを構えて海を撮影している

出典:Pixabay

持ち運びの荷物を減らしたい方や、モバイルバッテリー自体への充電を忘れがちな方にぜひおすすめしたいのがプラグ付きモバイルバッテリー。本体がコンパクトなので、一般的なモバイルバッテリーに比べると容量が少ないという面もありますが、それを補う使いやすさがあります。荷物を極力減らしたい方には、ケーブル内蔵のプラグ付きモバイルバッテリーが最適です! ▼こちらの記事も読まれています。

今回紹介したアイテム

商品画像Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh)RAVPower モバイルバッテリー コンセントモバイルバッテリー 20W対応 15000mAh モバイルバッテリー コンセント 9600mAh【2in1】 充電器 iPhone 軽量 USB ACアダプタSuperMobileCharger Lite USB-A 小型 軽量 5200mAhモバイルバッテリー( PSE認証済み 10000mAh 3ケーブル 1USBポート)Lettop モバイルバッテリー 搭載 USB急速充電器 6000mAh モバイルバッテリー ACプラグ内蔵 10000mAh 最大2.1A出力モバイルバッテリー USBポート2個付き 6700mAh 最大2.4A出力エレコム モバイルバッテリー AC充電器一体型 5800mAh 2.4A出力モバイルバッテリー 大容量 10000mAh 折りたたみ式 急速充電器 3in1サンワサプライ  モバイルバッテリーPawinpawモバイルバッテリー 大容量 30000mAh Lakko モバイルバッテリー大容量 15000mAh
商品名Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh)RAVPower モバイルバッテリー コンセントモバイルバッテリー 20W対応 15000mAh モバイルバッテリー コンセント 9600mAh【2in1】 充電器 iPhone 軽量 USB ACアダプタSuperMobileCharger Lite USB-A 小型 軽量 5200mAhモバイルバッテリー( PSE認証済み 10000mAh 3ケーブル 1USBポート)Lettop モバイルバッテリー 搭載 USB急速充電器 6000mAh モバイルバッテリー ACプラグ内蔵 10000mAh 最大2.1A出力モバイルバッテリー USBポート2個付き 6700mAh 最大2.4A出力エレコム モバイルバッテリー AC充電器一体型 5800mAh 2.4A出力モバイルバッテリー 大容量 10000mAh 折りたたみ式 急速充電器 3in1サンワサプライ モバイルバッテリーPawinpawモバイルバッテリー 大容量 30000mAh Lakko モバイルバッテリー大容量 15000mAh
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事