キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ノースフェイスの30Lリュックを用途別に解説!

ノースフェイス リュック

出典:楽天

ノースフェイスの30Lリュックはとにかく種類が豊富! 使いたいシチュエーションや用途によってデザインや形、機能性が異なります。 登山用のバックパックやジュニア向けの登山用バックパック、通勤で使用できるビジネスバック、普段使いができるバックパックなど、幅広い用途に合った種類のリュックを選べます。 今回はノースフェイスの中でも人気の30Lリュックを紹介します。

ノースフェイスの30Lリュックの特徴

ノースフェイスの30Lリュックは種類が豊富。 同じ30Lでもリュックによって生地やデザイン、形が異なり、 使いたいシーンに特化した機能がそれぞれのリュックに備わっています。 登山用のバックパック通勤で使用できるビジネスバッグ普段使いできるデイパック、 また、キッズやジュニア向けのデイパックなど、幅広い用途に合ったリュックが展開されています。

ノースフェイス30Lリュックの用途と機能

背負いやすい登山リュック

ノースフェイス テルス30

出典:Amazon

テルス30・35
日帰りハイキング小屋泊の荷物が入るちょうどいいサイズ感のリュック。 縦長のリュックは重心が安定するため、大きな荷物を長時間背負いながらい移動する登山にはうってつけです。 また、ノースフェイスの登山リュック「テルス30・35」の背面部分にはポリエチレンシート(PEシート)が使用されています。 軟性と耐衝撃性が高く、背中の形にフィットする柔らかい素材となっています。

キッズやジュニア向けの登山リュック

ノースフェイス サニーキャンパー

出典:Amazon

サニーキャンパー
子どもの林間学校キャンプ登山に適した、荷物がたっぷり入るリュック。 30Lと大きい容量ながら、クッション性のあるショルダーベルトのため、子どもでも背負いやすいです。 ノースフェイスのキッズ向けリュックはポケット収納が豊富なタイプが多いため、 メインルームに着替えとシュラフを入れ、フロントポケットやサイドポケットに雨具を入れるなど、 どこに何を入れるかを決めて、一人で整理がしやすい仕様になっています。

機能性と撥水性を重視

ノースフェイス ボストーク

出典:楽天

ボストーク
普段使いがしやすく、ポケット収納が充実している使い勝手の良いサイズ。 ボストークやサージなどのシンプルデザインのリュックには財布、携帯、ポーチ、メモ、ペンなどの 小物を分けて収納できるフロントポケットが付いているため、整理がしやすく便利です。 背面にはパッド付エアメッシュナイロンが使用されており、 背中が蒸れにくく、フィットしやすい形状になっています。 また、メインルームの背面側にはPCスリーブがあるため、通勤・通学にも使用できます。 日帰りハイキングや普段使いもできる収納力の高いリュックです。

大きい荷物を入れて運びたい

ノースフェイス BC FUSEBOX

出典:楽天

BC FUSEBOXⅡ
大きい荷物がすっぽり入るダッフルバックのようなリュック。 着替えや道具をたっぷり入れて運べるため、旅行や合宿などにもおすすめです。 BCフューズボックスシリーズには、フロント部分にファスナー付きポケットが配置されているため、 大きい物と小物類を分けて収納できます。

ノースフェイスのおすすめ30Lリュック7選

登山に使えるバックパック

キッズ向け登山ザック

普段使いに便利なデイパック

30L前後のサイズも見逃せない

ノースフェイスの30Lリュックで出かけよう!

ノースフェイスの30Lリュックは、同じ容量でも用途によってデザインや形が異なるため、 使いたいシーンや目的に合わせてリュックを選べます。 自分の身体に合った背負いやすい形使用するシーンに合った30Lリュックを選んで、 アウトドアへ出かけましょう!

今回紹介したアイテム

商品画像テルス30エフピー30 サニーキャンパー30 サージボストークBCヒューズボックス 2  ノベルティー BCヒューズボックス テルス35ジェスター ブラックシャトルデイパック 
商品名テルス30エフピー30 サニーキャンパー30 サージボストークBCヒューズボックス 2  ノベルティー BCヒューズボックス テルス35ジェスター ブラックシャトルデイパック 
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事