hinata

>

キャンプ用品

>

キッチン用品

>

100均フライパンは実用性が高くて便利!フッ素樹脂コーティングも

100均フライパンは実用性が高くて便利!フッ素樹脂コーティングも

キャンプ用品

キャンプフライパンの画像

出典:PIXTA

100均のフライパンは安くても実用度が高いので人気があります。フライパンのフタも購入できるため、料理の幅も広がるでしょう。IHに対応しているタイプや、フッ素樹脂コーティングされているタイプもあります。今回は、100均で購入できるフライパンの魅力について詳しく見ていきましょう。

目 次

100均のフライパンはキャンプでも使える

アウトドアでフライパンを熱している様子の画像

出典:PIXTA

100均のフライパンは、アウトドアシーンでも活躍してくれます。小さくて軽いため持ち運びも簡単です。ダイソーでは100円や200円で「スキレット」も購入できるため、100均の料理アイテムを揃えて本格的なキャンプ料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

100均フライパン人気の秘密

草村でフライパンを熱している様子の画像

出典:PIXTA

安価ですが調理もしっかりできる100均のフライパン。本格的なフライパンに比べれば焦げつきやすいという声もありますが、使い方次第で長持ちします。さらに、安全面にも問題はありません。ただし、フライパン内側の加工が剥げてサビてしまったら、新しいフライパンと交換した方が良いでしょう。

100均のフライパンはIHにも対応

ダイソーで購入できる100円のフライパンは、ガスコンロに対応しているタイプのほかに、IHクッキングヒーターで使えるタイプもあります。わずか100円でIH対応のフライパンが購入できるのは嬉しい限りです。

フッ素コーティングのフライパンも!

ダイソーでは、さほど焦げずに使えるフッ素樹脂コーティングされたフライパンも購入できます。100円では買えませんが、少し高くても耐久性を重視したい方は要チェックです。なお、フッ素樹脂コーティングのフライパンには、次のような種類があります。

・直径14cm:200円
・直径20cm:300円
・直径22cm:400円

さまざまなサイズのフライパンが揃っているため、使いやすいフライパンが選べそうです。一人暮らしなら、直径14cmと直径22cmの2サイズを持っていると、料理の幅が広がるかもしれません。直径14cmのフライパンは、キャンプに持って行っても活躍してくれるでしょう。

四角いフライパンは卵焼きに便利

100均のダイソーでは、卵焼きを作るときに便利なエッグパンも購入できます。ガスコンロ用ですが、13cm×18cmサイズで300円(税別)という安さなのが魅力。毎日のお弁当作りにも使えそうです。

フタは別売りが基本

100均のフライパンは、基本的にフライパンとフタが別売りです。フタもさまざまなサイズが揃っています。すでに持っているフライパンのサイズを確認してから購入するようにしましょう。フライパンに使えるフタは、ダイソー以外の100均にも置いてあるため、フライパンと組み合わせて使いたい人は、近隣の100均をチェックしてみてください。

100均のフライパンを長持ちさせるコツ

100均のフライパンを使うときは弱火~中火で

最大のポイントは「火力」です。弱火から中火にして使うようにすれば、焦げつかせずに長く愛用できるでしょう。頻繁に強火で使うと、フライパンが消耗しやすいため、注意すべきです。使う前に薄く油を引くのも忘れずに。

100均のフライパンの汚れは食器用洗剤で落とせばOK

100均のフライパンを洗うときは、一般的なフライパンと同じように食器用洗剤で洗って構いません。焦げつきを無理に落とそうとして強くこするとフッ素が取れてしまうため、できるだけ優しく洗いましょう。熱湯に浸しておけば、汚れや焦げが落としやすくなります。

フライパンの軽さに注意

100均のフライパンは小さくて軽いため、2口以上のガスコンロで使う場合には、他のコンロの火が柄に当たらないよう気をつけましょう。きちんと置いたつもりでも、フライパンが軽いので傾いてしまうことがあります。

クッキングシートがあると便利

フライパンにクッキングシートを敷いて調理している画像

出典:PIXTA

弱火~中火で丁寧に調理していたつもりでも、肉汁やタレで焦げついてしまうことが少なくありません。そのような焦げつきを防ぎたいときには、クッキングシートがあると便利です。クッキングシートは熱に強いため、フライパン調理でも活用できます。フライパン用のシートならシリコーンコートされているため、調理した後はそのままサッと捨てるだけで構いません。

100均のフライパンでもアウトドアは楽しめる!

100均のフライパンは、安くても上手に使えば長く愛用できます。数百円でフッ素樹脂コーティングのフライパンや、IHに対応しているフライパンが購入できるのも100均の魅力ポイントです。今回紹介した活用方法などを参考にして、お気に入りのフライパンを見つけてください。
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

キッチン用品

おすすめのキーワード