燃料は食用油!?ろうそくの100倍明るくなる電源不要のLEDライト「Lumir K」が画期的

 キャンプ用品

LEDランプ

ガスやガソリン、電池など、キャンプで使うランタンの燃料の種類はさまざま。そんな中で、食用油を燃料とする常識を覆すLEDライトがクラウドファンディングサイトMakuake(マクアケ)に登場しました。身近な燃料を使っただけでなく、高い省エネルギー性能もあるLEDライトで、キャンプに限らずどこでも便利。開発のきっかけとともに、その驚がくの機能に迫ります!


 目次


電源不要!キャンパーにうれしいLEDライトが登場

LEDライト
今回紹介するLEDライト「Lumir K」は、食用油のごくわずかな熱エネルギーを電気に変換し、燃料とする新しいスタイルのLEDライト。うっかり電池を忘れてしまったキャンプでも、調理用に用意していた油が燃料になってくれるため、キャンプ場で慌てる心配がありません。

Lumir Kの革新的な3つのポイント

①用意するのは「食用油」だけ

食用油
Lumir Kが必要とする燃料は、どこでも手頃な価格で手に入る食用油。サラダ油に限らず、オリーブ、カノーラ、ひまわり油など、どんな食用油でもOKです。

②キャンドルの100倍明るい!?

食卓
使用するのはろうそくほどの小さな熱量にもかかわらず、Lumir Kはろうそくの100倍もの明るさを誇ります。Lumir Kは、本来であれば空中に放出されてしまうはずの熱まで活用できる仕組みになっているため、最小限のエネルギーで驚くほどの明るさを実現します。

③長く効率的に使い続けられる

長く効率的に使い続けられる
Lumir Kが1時間に消費する油の量は、たったの5ml。1カ月間に日が暮れてから寝るまで使っても、約1Lの油しか使用しません。さらに、Lumir K本体の寿命はなんと10年間。長く効率的に使えるライトです。

使い方は簡単!5ステップ

明かりをつけるのはとても簡単。手順は5つだけです。

①油を燃料タンクに注ぎます。
②タンクのふたに付ける芯の長さを1cmに調整したうえで、ティッシュなどを使い十分油に浸します。
③ふたをしっかりと閉め、芯に火をつけます。
④炎が高すぎず、大きすぎないことを確認し、燃料タンクを本体と結合します。
⑤2〜3分後、LEDランタンが徐々に点灯します。

※ライトを消す際は、上部の穴に息を吹き込み、炎を消します。

【開発秘話】すべての光不足を解消するために

勉強する子供達
インド旅行中、世界には電力供給がなく苦しむ地域が多くあると学んだ韓国の照明ブランド「Lumir」のメンバー。光不足をなくし、さらに光の美しさを伝えるべく、ライトの開発を開始しました。

調べていくうち、電気を利用できないほとんどの人々は、光量も少なく、環境に優しくない灯油ランプを使っていることがわかりました。しかも、電気の利用できない地域の燃料費は世帯収入の約30%を圧迫する代物。

「ろうそくや灯油ランプの光を最大化することはできないか?」

それが、Lumir Kが製品となるきっかけでした。

いつでもどこでも使える!Lumir Kを手に入れよう

Lumir K
キャンプに限らず、自宅にいるときや災害時も活躍してくれるLumir K。ひとつもっているだけで、心強い相棒になってくれます。気になる方はぜひクラウドファンディングサイト「Makuake」でチェックしてみてください!

Lumir Kを手に入れよう!

Makuakeで見る→

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪