hinata

>

キャンプ料理

>

キャンプでトライ!オイルサーディン×玉ねぎレシピ9選

キャンプでトライ!オイルサーディン×玉ねぎレシピ9選

キャンプ料理

オイルサーディン

出典:photo AC

オイルサーディンはキャンプで役立つ万能食材。今回はオイルサーディンと玉ねぎを組み合わせたレシピを紹介します。火を使わない簡単マリネや、おつまみにピッタリのチーズ焼き、ボリュームたっぷりのパスタなど。どれも簡単なレシピなのでキャンプでぜひ試してみてください。

目 次

キャンプで便利!缶詰オイルサーディン

いわし 缶詰

出典:Pixabay

ほどよい塩気でそのままでも食べられるオイルサーディン。パンに乗せて食べたり、サラダやパスタと和えたり。メインのおかずからおつまみまで、どんな料理にも使える万能食材です。手軽に魚を摂取でき、栄養満点。子どもも食べられるので、料理の幅も広がります。

常温で持ち歩べて保存もきくので、キャンプに持参するととても便利。時間がなくてもあり合わせの材料でさっと一品作れて、食べなければそのまま持ち帰れます。オイルごと調理に使え、塩気もあるので難しい味付けも不要。スーパーやコンビニに必ず置いてあり、手に入れやすさもキャンプでおすすめのポイントです。

缶のまま調理について

缶詰

出典:Pixabay

オイルサーディン缶を缶のまま調理することは、メーカでは推奨されていません。缶のまま調理すると、中の具材が噴き出したり、缶のコーディングが溶けだす可能性があります。缶ごと直火にかけたり、高温で加熱することは大変危険なのでやめましょう。

【火不使用】オイルサーディン×玉ねぎレシピ3選

オイルサーディンのポン酢マリネ

漬物

出典:Pixabay

火を使わず具材を生のまま混ぜ合わせるだけの簡単マリネ。にんにくとしょうががアクセントになり、おつまみにもぴったりです。ポン酢をかけるだけで他に調味料はいらないので、あっという間にできあがります。さっぱりとしたマリネは暑い夏のキャンプに最適です。

【材料】
オイルサーディン缶1缶、玉ねぎ1/2個、きゅうり1本、ポン酢50ml、おろしにんにく&おろし生姜小さじ2

【レシピ】
①玉ねぎは薄切りにして水にさらし、きゅうりは5mぐらいの細切りにする。
②ボウルにポン酢、おろしにんにく、おろし生姜を入れてよく混ぜる。
③②のボウルに、玉ねぎ、きゅうり、油をきったオイルサーディンを入れて混ぜ合わせ、10分ほどおいたらできあがり。

レシピの詳細はこちら:オイルサーディンのポン酢マリネ

オイルサーディンの混ぜるだけ簡単サラダ

ミックスサラダ

出典:Pixabay

ベビーリーフの彩りがきれいなサラダ。オイルサーディンと野菜をオリーブ油とハーブソルトで和えるだけで、あっというまにサラダが一品できあがります。玉ねぎは茹でても茹でなくてもOK。シャキシャキとした歯ごたえが好みの人は生のままで、柔らかい食感が好みの人はさっと茹でましょう。

仕上げにレモンを絞れば、よりさっぱりとしたサラダに。ハーブソルドはサラダから肉料理まで幅広く使えるので、キャンプに持っていくととても便利です。

【材料】
オイルサーディン1缶、ミディトマト4個、玉ねぎ1/2個、ベビーリーフ適量、オリーブオイル大さじ3、ハーブソルト大さじ2

【レシピ】
①トマトを1/4にカットし、スライスした玉ねぎは2分ほど茹で、ざるにあげる。
②ボウルにオイルサーディン、玉ねぎ、トマトを入れ、オリーブ油とハーブソルトであえる。
③②をベビーリーフの上にのせてできあがり!

レシピの詳細はこちら:オイルサーディン玉ねぎ簡単サラダ

サーディンときゅうり玉ねぎサルサ和え

サルサ ソース

出典:Pixabay

ピリッとした辛さとみじん切りにしたきゅうりの食感がおいしいサラダです。ボリュームもあり食べ応えも抜群。市販のサルサソースを使うので、失敗なくおいしく仕上がります。サルサソースは生でも食べられるため、炒める工程はお好みで行ってください。

もっと辛くしたい人は、炒める工程で唐辛子やにんにくをくわえましょう。サルサソースも種類によって辛さに違いがあるので、ぜひお好みの辛さで作ってみてください。

【材料】
オイルサーディン缶1缶、玉ねぎ1/2個、きゅうり1/2本、サルサソース大さじ4、塩こしょう適量

【レシピ】
①小鍋にオイルサーディンの油を入れ、スライスした玉ねぎとみじん切りにしたきゅうりを炒める。
②具材がしんなりしてきたらサルサソースをくわえ、オイルサーディンの身を入れ温める。
③塩こしょうで味を調えてできあがり。

レシピの詳細はこちら:サーディンときゅうり玉ねぎサルサ和え

【焼きもの】オイルサーディン×玉ねぎレシピ3選

オイルサーディンのチーズ焼き

チーズ ブロッコリー じゃがいも

出典:Pixabay

子どもも大人も大好きなチーズ焼きのレシピです。こんがりと焼いたトロトロのチーズとオイルサーディンがマッチ。パンに乗せて食べてもとてもおいしいです。缶詰の油を使って気軽に作れるのがポイント。見た目も豪華で、食卓が盛り上がること間違いなしです。

【材料】
オイルサーディン缶1缶、玉ねぎ1/2個、にんにくすりおろし適量、とろけるチーズたっぷり、パセリ適量

【レシピ】
①スライスした玉ねぎを耐熱皿にのせる。
②オイルサーディンの身を①の上に広げ、缶詰に残った油ににんにくすりおろしを入れて混ぜる。
③混ぜたオイルを回しかけてとろけるチーズをたっぷりのせてトースターでこんがり焼き、仕上げにパセリをふってできあがり。

レシピの詳細はこちら:オイルサーディンのチーズ焼き

玉ねぎとオイルサーディンのしょうゆマヨ焼き

玉ねぎ スライス

出典:Pixabay

厚切りにした玉ねぎにオイルサーディンを乗せて食べる、食感も見た目も楽しいレシピ。こんがりと焼かれたオイルサーディンと、混ぜ合わせたマヨネーズとしょうゆの良い香りが食欲をそそります。子どもはそのままで、大人は一味唐辛子をかけて。玉ねぎを柔らかくしたい人は、レンジで少し長めに加熱するとよいでしょう。

【材料】
オイルサーディン15尾、玉ねぎ1個、マヨネーズ大さじ2、しょうゆ大さじ1、一味唐辛子適量、青ねぎ適量

【レシピ】
①レンジで加熱した厚切りカットの玉ねぎに、オイルサーディンの油をまわしかける。
②玉ねぎの上にオイルサーディンを乗せ、混ぜ合わせたマヨネーズとしょうゆをかけてトースターで5分ほど焼く。
③一味唐辛子を振り、青ねぎをトッピングして完成!

レシピの詳細はこちら:玉ねぎとオイルサーディンのしょうゆマヨ焼き

オイルサーディンの粒マスタード焼き

グラタン

出典:Pixabay

ナンプラーを使った少しユニークなレシピ。マスタードの酸味がオイルサーディンと良く合い、おつまみに最適です。オイルサーディン缶のオイルをそのまま使いますが、本格的に仕上げたい人は、ぜひオリーブ油漬けのオイルサーディン缶を使ってみてください。オリーブ油の香りが豊かなおいしいマスタード焼きが完成します。

【材料】
オイルサーディン1缶、玉ねぎ適量、粒マスタード小さじ1、ナンプラー小さじ1、乾燥パセリ適量

【レシピ】
①耐熱容器にオイルサーディンを油ごと入れ、スライスした玉ねぎ、粒マスタードをのせる。
②ナンプラーをまわしかけパセリをふり、トースターで10分ほど焼く。

レシピの詳細はこちら:オイルサーディンの粒マスタード焼き

【炒めもの】オイルサーディン×玉ねぎレシピ3選

オイルサーディンのジャガイモ炒め

じゃがいも

出典:Pixabay

野菜とオイルサーディンを炒めるだけの簡単レシピ。じゃがいものシャキシャキとした食感がおいしく、オイルサーディンとの相性も抜群です。事前に野菜をカットしておけば、キャンプでは炒めるだけ。わざわざ油を用意する必要もありません。夕食の立派なメインになるボリュームたっぷりのレシピです。

【材料】
じゃがいも2個、玉ねぎ1個、オイルサーディン缶1缶、にんにく2かけ、かいわれ大根1/2パック、塩小さじ1/3

【レシピ】
①オイルサーディンの油をフライパンに入れ、にんにくを炒める。
②にんにくが香りだってきたら、スライスした玉ねぎとじゃがいもを入れて炒める。
③野菜に火がとおったら、オイルサーディンとかいわれ大根を入れ、さっと混ぜ合わせてできあがり。

レシピの詳細はこちら:オイルサーディンのジャガイモ炒め

オイルサーディン野菜炒め

野菜炒め

出典:photo AC

春キャベツが出回る季節にぜひ作りたい野菜炒め。もちろん普通のキャベツでもおいしくできます。オイルサーディンと野菜をにんにくと鷹の爪で炒めるだけ。オイルサーディンの塩気のおかげで、味付けも塩とこしょうのみととてもシンプルです。野菜はしゃっきりとした歯ごたえを残すために、強火でさっと炒めるのがポイントです。

【材料】
オイルサーディン缶1缶、玉ねぎ1/2個、春キャベツ1/2個、長ねぎ1/2本、エリンギ1パック、鷹の爪2本ほど、にんにくチューブ3cmほど、塩こしょう適量

【レシピ】
①フライパンにオイルサーディンを油ごと入れ、にんにくチューブと鷹の爪もくわえる。
②香りが立ってきたら、すべての野菜を入れて炒める。
③仕上げに塩こしょうをしてできあがり!

レシピの詳細はこちら:オイルサーディン野菜炒め

オイルサーディンで簡単パスタ

パスタ

出典:photo AC

パプリカやカリフラワーを使った、彩り豊かなパスタです。野菜がたっぷりとれて、栄養満点。いわしの旨みをたっぷり含んだオイルサーディンの油のおかげて、風味豊かなおいしいパスタができあがります。ブロッコリーやほうれん草など、どんな野菜でも合うので、キャンプで余った野菜で作ってみるのも良いでしょう。

【材料】
オイルサーディン缶1缶、玉ねぎ1個、パプリカ1個、カリフラワー適量、白ワイン(または酒)大さじ1/2、しょうゆ大さじ1/2、赤唐辛子小口切り1本分、にんにくみじんぎり1片分、オリーブ油大さじ2、こしょう適量

【レシピ】
①にんにくと赤唐辛子をオリーブ油で炒め、香りが立ってきたらすべての野菜を入れる。
②野菜に油がまわったら、オイルサーディンを油ごとくわえる。
③茹で上がったパスタを入れて混ぜ合わせ、こしょうをふってできあがり。

レシピの詳細はこちら:オイルサーディンで簡単パスタ

簡単おいしい!オイルサーディン×玉ねぎ

オイルサーディン缶

出典:photo AC

キャンプに行くときは常にオイルサーディン缶を持って行っておくと安心です。サラダから前菜、メインまでどんな料理にも幅広く活躍。キャンプご飯の幅が広がり、食事の準備もぐっと楽になります。キャンプの食事にマンネリしてきたら、ぜひ色々なオイルサーディン缶のレシピを試してみてください。
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

キャンプ料理

おすすめのキーワード