キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【冬キャンプ】ホットカーペットを使ったお座敷スタイルの定番レイアウト

ホットカーペットを使用したお座敷スタイル

冬キャンプは寒い季節も暖かく過ごせる「お座敷スタイル」がおすすめ!ホットカーペットやこたつ、電気ストーブを使用すれば、テントの外に出られなくなるほど快適に過ごせます。今回は、お座敷スタイルで暖かく過ごすために必要なアイテムや定番のレイアウトを紹介!テント内でも暖かく過ごせるリビングスペースを作ってみましょう。

冬キャンプはホットカーペットを使用したお座敷スタイルで!

冬のキャンプはテントでラグの上に座ってくつろぐお座敷スタイルがおすすめ。ホットカーペットを使用すれば床を効率的に暖められます。テントの外に出られなくなってしまうほど快適に過ごせること間違いなし!ラグマットを敷き詰めたりコットを配置したりして、お座敷スタイルならではのリビングスペースを作りましょう。

ホットカーペットを使ったお座敷スタイルのレイアウト方法

実際どうやって作るの?という方に向けて、ホットカーペットを使ったお座敷スタイルのレイアウト方法を解説します。

まず準備するもの

地面にリビングシートもしくはグランドシートを敷き、その上に銀マット、ホットカーペット、ラグを順に敷けばお座敷スタイルは完成!リビングシートやグランドシートは地面からの冷気や水濡れを防ぐために必要なアイテムです。 銀マットを使用すると地面の凹凸を感じにくくなり、保温性も高まります。シートやマットは、お座敷にしたい面積に合わせたサイズのものを用意しましょう。

お座敷スタイルの定番レイアウト

お座敷スタイルの作り方を紹介します。初心者向けの定番スタイルなので、気軽に挑戦してみましょう。
  1. 前室部分にフロアシートを敷く
  2. ホットカーペットを敷く
  3. 低温やけどに陥ってしまわないようにラグを敷く
フロアシートの大きさによってリビングの配置も大きく変わります!

ホットカーペットとふかふかマットであったかく!

ホットカーペットの上にふかふかのマットやラグを敷くと、より暖かいお座敷スタイルを楽しめます。肌触りが良い敷物の上で横になってごろごろするのにも最適。お昼寝も快適です!

こたつでさらに暖かく!

ホットカーペットとこたつを組み合わせると、テントから出られなくなるほど暖かく快適なお座敷スタイルになります。挑戦してみたいけれど、こたつは持って行くのが大変そうと思う方は、ホットカーペットで床を温め、ローテーブルにブランケットやシュラフをかぶせて使えば、こたつになります!

あえてチェアを使う!

地面に座るのがお座敷スタイルの特徴ですが、あえてチェアを使うのもおすすめです。ホットカーペットを敷けば、床暖房のように足元が暖かくなり、まるで家のリビングにいるかのような快適さを感じられます。

お座敷スタイルに取り入れたいアイテム!

お座敷スタイルはどのようなアイテムを取り入れるとより快適に過ごせるのでしょうか?ここでは取り入れたいアイテムを紹介します。

お座敷スタイルにおすすめのグランドシート

お座敷スタイルにおすすめの銀マット

お座敷スタイルにおすすめのホットカーペット

お座敷スタイルにおすすめのラグ

お座敷スタイルがもっと快適になるアイテム!

お座敷スタイルで快適な冬キャンプを楽しもう!

今回は、お座敷スタイルで暖かく過ごすために必要なアイテムや定番のレイアウトを紹介しました。ホットカーペットを使用したお座敷スタイルの快適さは、一度味わえばやみつきになります。冬キャンプにまだ抵抗を感じている方も、ぜひ一度その快適さを体験してみてください! ▼冬キャンプを詳しく知りたい方はこちらをチェック

今回紹介したアイテム

商品画像コールマン リビングフロアシート 270コールマン リビングフロアシート 320USER 極厚銀マット15mm厚TEKNOS 3畳用電気カーペットマイクロファイバー フラッフィラグクオリアル 折りたたみこたつ 3点セットロゴス こたつ布団シュラフロゴス チェア グランベーシック グランプソファDOD ソトネノキワミ
商品名コールマン リビングフロアシート 270コールマン リビングフロアシート 320USER 極厚銀マット15mm厚TEKNOS 3畳用電気カーペットマイクロファイバー フラッフィラグクオリアル 折りたたみこたつ 3点セットロゴス こたつ布団シュラフロゴス チェア グランベーシック グランプソファDOD ソトネノキワミ
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事