七入オートキャンプ場を解説!尾瀬に一番近いキャンプ場!

 キャンプ場

尾瀬

出典:尾瀬檜枝岐温泉観光協会 / Facebook

福島県檜枝岐村にある七入オートキャンプ場。渓流釣りやトレッキングなど、キャンプと一緒に尾瀬の大自然を味わえる貴重なキャンプ場です。近くに温泉があり、トレッキングの疲れが癒やせるのも魅力。この記事では、ブログの口コミを交えながら、七入オートキャンプ場の魅力を紹介します。


 目次


福島県檜枝岐村にある、七入オートキャンプ場

福島県檜枝岐村

出典:福島県檜枝岐村役場

福島県桧枝岐村にある七入オートキャンプ場は、尾瀬国立公園に隣接した自然豊かなキャンプ場です。尾瀬に一番近いキャンプ場で、尾瀬ハイキングのベースとしても最適。尾瀬の他に、日本百名山の会津駒ヶ岳や帝釈山、燧ヶ岳などへの登山口も近く、登山に便利なロケーションです。

豊かな自然に囲まれており、山菜採りやバードウォッチング、昆虫採集やきのこ狩りなど、1年通してたっぷり自然と触れ合えます。キャンプサイトのすぐ横には清流「檜枝岐川」源流が流れ、川遊びや本格的な渓流釣りも楽しめます。

ブログの口コミ評判をチェック!

トイレも水洗で、とても綺麗で一晩中明かりがついています。炊事場も綺麗な所で洗剤やスポンジまであり、テーブルを持ってこなかった人の為に炊事場の反対側に食事が出来るようなカウンターにイスもあり、至れり尽くせり・・・そしてコンセントまであります。

F800GS & オヤジライダー!

老舗、昔からのキャンプ場スタイルで設備も最小限だが、例えば炊事場にはちゃんと3口の充電用コンセントが用意してあったり、夜間照明用のSWもあったりしていてオーナーの配慮と優しさを感じるし、ゴミも最低限の分別をすればOD・CB缶含め捨てられる。

M's Den with V-Strom DL650AL3

豊かな自然が残されていながら、炊事場やトイレはきれいに管理されているので、女性でも快適に利用できます。夜間でも照明が付いていたり、充電用のコンセントもあるので、いざという時でも安心。炊事場に洗剤やスポンジが置いてあったり、ごみを捨てられたりと、荷物を少なくしたいキャンパーにはうれしいポイントばかりです。

ヘロヘロになりながらもなんとか目的地の七入オートキャンプ場に到着。ここを選んだ理由は単純に尾瀬に一番近いからです。料金はバイクだと近場の温泉のチケット込みで1,000円なり。東京感覚だとかなり安いです。

人生とバイク。

通常のキャンプサイトに比べ、利用料金がとてもリーズナブルであることも特徴のひとつです。炊事場やトイレもきれいに管理されていながら、驚きの価格。尾瀬登山やハイキングと一緒に楽しむには最適なキャンプ場です。

3日目は天気に恵まれました。 見てください、キャンプ場の上のこの景色!青い空と深緑の山のコントラストがすばらしい! これぞ夏キャンプ!夜の星空も盛大で、1時間くらい、ただ夜空を見上げてしまいました。

キャンプ中心

美しい深緑や星空は、大自然に囲まれたキャンプ場ならでは。七入オートキャンプ場では、普段では味わえないような自然体験がたくさんできます。子どもたちの夏の思い出作りに最適です。

七入オートキャンプ場での宿泊スタイル

オートキャンプ場

出典:PIXTA

オートキャンプ

キャンプサイトはかなり広く、奥へ行くと木立の中でテントが張れます。地面はシッカリ圧縮路になっているのでSSのバイクでも楽々入れます。

F800GS & オヤジライダー!

七入オートキャンプ場のキャンプサイトは区画無しのフリーサイトで、自由な場所にテントが張れます。車やバイクも乗り入れ可能。サイトは木々が点在する林間サイトなので、木陰を上手に使えば真夏でも涼しく過ごせます。すぐそばには清流が流れており、川のせせらぎの音を聞きながら、贅沢なキャンプを楽しめます。

管理棟宿泊

七入オートキャンプ場では、管理棟に宿泊するプランもあります。釣りや登山をメインとして訪れるキャンパーは、管理棟宿泊も便利です。大人数での宿泊も可能なので、ファミリーやグループでの利用にも最適。天気が悪い時や気温が低い時などは、管理棟宿泊もおすすめです。

七入オートキャンプ場の魅力

川沿いでキャンプを楽しむ家族

出典:PIXTA

渓流釣りや川遊びが楽しめる

キャンプ場の目の前を流れる実川や檜枝岐川では、本格的な渓流釣りが楽しめます。イワナやヤマメなど、なかなかお目にかかれない魚が生息しており、シーズン中は多くの釣り人が釣りに興じます。釣り券はキャンプ場の管理棟で販売してるので、釣りにチャレンジしたいという人は、ぜひ管理棟を訪れてみてください。

また、川遊びも子どもたちに大人気。水深はそこまで深くないので、小さな子どもでも遊べます。きれいな清流に癒やされながら、存分に川遊びを堪能しましょう。

トレッキングが楽しめる

尾瀬ヶ原

出典:尾瀬檜枝岐温泉観光協会

七入オートキャンプ場は尾瀬国立公園に属しており、尾瀬へのトレッキングに最適。その他にも、キャンプ場の周辺には登山に適した山が数多くあります。キャンプと一緒に、トレッキングや登山を楽しむのに最高のロケーション。尾瀬沼や燧ケ岳は初心者でも登りやすい山なので、ぜひこの機会に尾瀬へのトレッキングにチャレンジしてみてください。

七入オートキャンプ場周辺のスポット

七入オートキャンプ場周辺のスーパー

檜枝岐村農協

出典:尾瀬檜枝岐温泉観光協会

キャンプ場から車で10分ほどのところに「檜枝岐村農協」があります。村で唯一、生鮮食品を扱っている場所。食材や飲料水、炭などはここでの調達が便利です。閉店時間が早く、平日は17時30分まで、土日祝日は15時で閉店してしまう点にはご注意ください。

七入オートキャンプ場周辺の入浴施設

温泉 桶 手ぬぐい

出典:photo AC

キャンプ場から一番近い温泉は、車で10分ほどのところにある「燧の湯(ひうちのゆ)」です。単純硫黄泉の源泉をかけ流しで使用した贅沢な温泉で、露天風呂も完備。周りを山々に囲まれ、四季折々の景観を楽しみながら温泉を楽しめます。

同じく車で10分ほどのところにある「駒の湯」は、檜枝岐川に面した露天風呂が自慢の入浴施設。会津駒ヶ岳登山口に近いこともあり、登山客に人気の温泉です。良質なアルカリ性単純温泉で、お風呂はもちろんかけ流しです。

車で12分のところには、総合温泉スポーツ施設「アルザ尾瀬の郷」があります。木々に囲まれた風情たっぷりの露天風呂をはじめ、打たせ湯や寝湯、泡風呂といった種類豊富な温泉を楽しめます。キャンプや登山の疲れをしっかり癒すなら、こちらがおすすめです。

料金や天気など、予約前のチェック項目!

直火での焚き火が可能

焚き火

出典:Pixabay

七入オートキャンプ場の最大も魅力は、直火が可能であることです。焚き火台を持っていない人でも、キャンプの醍醐味・焚き火を楽しめるのはうれしいポイント。多くの焚き火好きキャンパーたちが、直火での焚き火を楽しみに訪れます。秋冬シーズンは、枯葉や小枝がも豊富。ルールやマナーを守って、安全に直火を楽しんでください。

七入オートキャンプ場周辺の天気や気温をチェック

七入オートキャンプ場は、標高1,000mほどの場所にあります。真夏でもとても涼しく、8月でも最高気温は18度ほど。快適に過ごせる分、朝晩はとても冷え込みます。どんな季節でもあっても防寒着は必須。出発前に現地の天気や気温をしっかりとチェックし、準備万端で出発しましょう。

詳しくはこちら:七入オートキャンプ場の天気

七入オートキャンプ場の基本情報

住所:福島県南会津郡檜枝岐村燧ケ岳1306-4
電話:0241-75-2366
営業期間:5月上旬~10月末 (残雪の状況により変動あり)
料金:
[オートキャンプ] 700円 / 人
[管理棟宿泊] 2,000円 / 人
[車] 500円 / 台
チェックイン / チェックアウト:フリー
公式はこちら:七入オートキャンプ場

七入オートキャンプ場で自然を満喫

本格的な渓流釣りにチャレンジしたり、トレッキングを楽しんだり。七入オートキャンプ場は、キャンプと一緒に尾瀬でのさまざまなアクティビティを体験できるキャンプ場です。キャンプだけでは物足りない、そんな欲張りなキャンパーに最適。尾瀬に一番近いキャンプ場で、尾瀬の魅力を味わい尽くしましょう。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ場

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪