「九十九里オートキャンプ場 太陽と海」を解説!

 キャンプ場

キャンプ場

出典:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

千葉県旭市にある「九十九里オートキャンプ場 太陽と海」は、キャンプ場に加えバンガローやトレーラキャビンなど宿泊施設が豊富なキャンプ場です。また、場内には露天風呂の完備!キャンプ場を実際に利用したキャンパーのブログや口コミと共に周辺の情報も紹介します。


 目次


千葉県旭市の「九十九里オートキャンプ場 太陽と海」

コテージ

出典:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

「九十九里オートキャンプ場 太陽と海」はテントサイトに始まり、トレーラーキャビンやバンガロー、コテージなどが充実した宿泊施設を完備しているキャンプ場です。日帰り施設としてデイキャンプが楽しめるようにテントサイトやバーベキュー場のテーブルも開放しています。場内にはシャワーがついたジェットバス露天風呂があったり、キャンプ場の近くには海水浴場があったりと、リゾート気分を味わいながらキャンプを楽しめるということもあり、女性のキャンパーやキャンプ初心者にも人気のキャンプ場です。

近隣には、海水浴場のほか、プールや釣り場、サーフィンとボディーボードができる海岸、温泉、約10kmのサイクリングロードと遊び場にはこと欠かない絶好のキャンプ施設です。アクティブな遊びだけでなく、少し足を伸ばすと銚子観光も楽しめます!

ブログで口コミをチェック!

朝食の後は、キャンプ場から車で5分ほどの矢指ケ浦海水浴場へ。かなりこじんまりとした小さな海水浴場ですが、小さな子供連れには目が行き届いていいんじゃないかなー?遊泳区域も小さめですが、けっこういい波が来て、スリリングで楽しかったです♪なんだかんだと午前中いっぱい海水浴を夢中で楽しみました(´∀`*)(中略)お邪魔した太陽と海キャンプ場には、ジャグジーがついているので、入浴開始時間の17時30分(日によって時間は変わるっぽい)に合わせてお風呂タイム。洗い場もジャグジーもとっても清潔でサイコーでしたね。やっぱお風呂があるキャンプ場はイイ

KGR*OUTDOOR

海水浴場が近いので、ファミリーキャンプにとっては1泊では物足りません!こぢんまりとした海水浴場であれば、プライベートビーチ気分で楽しめ、目が行き届く範囲の広さは安心です。場内にある露天風呂はたくさん遊んだ後にすぐに入浴できて便利。キャンプ場でジェットバスが付いている露天風呂はなかなか出会えないので、ママキャンパーもこの時はパパに子どもを預け、ゆっくりしてください。

「九十九里オートキャンプ場 太陽と海」の施設と設備

全60区画のテントサイト

テントサイト

出典:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

手持ちのテントはスノーピーク のアメニティードームMと、ヘキサタープL。ストーブなんかは持っていないから、しっかりと重ね着してスノボに行くぐらいの服装で。早めのチェックインで、「人が少ないから空いているところなら、好きなところ選んでいいよ。」って言われたので、出来るだけ風を防げるようにと植え込みが近い場所を選んだ。カンガルースタイルっぽく、アメニティードームを入れ込む太陽と海キャンプ場は区画が狭いから小川張りはできず。テントを建ててから、それをかぶせるようにヘキサタープを張る。

SOllT

区画に分けられたテントサイトは一区画が比較的狭いです。予約の前に色々なブロガーさんがテントを張ったときの様子を書いているので、心配な方は確認してください。「太陽と海」のスタッフは予約人数や天候によっては、自由にサイトを選ばせてくれることも。事前にキャンプ場へテントの大きさなどを相談してみるのも良いかもしれません。

そしてお勧めサイトを伺ったところ、風向きを調べてくれた上で、左下のT34,T35の2サイトを好きなように使って下さいとの事。管理人さん…あなたもしや神様ですか? kamome経験値+10 管理人さんの中には神様がいる。まぁ、今回は梅雨入り初日だったことや、3組だったこと、色んな要素があってでの事!って理解しています。これが2サイト分で今回の場所です。 これ、2サイトでお隣さんいたら厳しいです。1サイトだったら私の 車+2ルーム+タープ+焚き火スペース はギリギリでしたね~。逆に隣サイトとこんだけ近ければ、一夜で親友になれるでしょう。でも両方使えたら最高です!めっちゃ広くてなんでもできます。2サイト利用できるなら、自分的には太陽と海の一番のお勧めサイトと言えます。

虫嫌いだけど…ファミリーキャンプを楽しもっと♪

こちらのブロガーさんも当日の天気や時期もありましたが、キャンプ場のスタッフが色々と融通を利かせてくれたことを書いています。限られたスペースの中でどんな風にテントやタープを張ろうかと試行錯誤をするのも楽しいですが、場合によっては工夫が必要になりそう。中には広めのサイトもあります。今回のように隣のサイトと連結できるような区画は複数のファミリーで行く場合にはとても便利です。区画の写真がブログに多く載せられていますが、ペグがとても打ちやすい芝生です。

トレーラーキャビン

トレーラーキャビン

出典:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

トレーラーキャビンは2棟。1家族2名での利用が基本となっていますが、追加料金を払えば最大6名まで利用できます。室内には、エアコンとテレビ、冷蔵庫、キッチン(IHコンロ1口)、トイレ、シャワーの設備があります。屋外にはウッドデッキがあり、据え置きのバーベキューコンロがあるので、雨の日でもウッドデッキでバーベキューを楽しめます!網が1枚付いてくるので木炭を準備すればすぐにバーべーキューがスタートできます。

キッチン周りには包丁やまな板、ザル、ボール、洗剤(スポンジ)、ヤカン、鍋、炊飯器、フォーク、スプーン、プラ材食器と一通りがそろっているので、ほぼ手ぶらで楽しめます。建物は外観も室内もウッド調でおしゃれな作り。キャンプに来ているというより、別荘に来ているような贅沢な気分を味わえるトレーラーキャビンです。

バンガロー

コテージ

出典:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

バンガローも2棟あります。こちらは約4畳のスペースがあり、バンガローに固定されたタープ付きの庭がついて1区画となります。トレーラーキャビン同様、1家族2名での利用が基本ですが、追加料金を払うと最大4名まで利用できます。室内は照明、エアコンがついています。寝具は付いていないので、各自で準備するか有料でレンタルが必要になります。

テラス付コテージ

コテージ

出典:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

コテージも新しく、とても綺麗です。デッキは屋根あり、前は芝生でテーブルセットも用意されてます。
下段と中段がベッドスペース、最上段は荷物用です。マットはありませんので、寝具のレンタルか自分で用意しましょう。

ときどきアウトドア!

海外の別荘を彷彿とさせるおしゃれな外観のテラス付きコテージは3棟。コテージ前の芝生スペースが適度な広さでとても使い心地のよい空間に。おしゃれなテーブルセットが用意されているので、テントをはじめ、大きな荷物を持たずにキャンプができます。テーブルの脇には少しスペースがあるので、バーベキューセットを出したり、焚き火も可能。こちらのコテージには、2段ベッドがあるのも魅力の一つ。秘密基地のようなワクワク感がある2段ベッドがあるだけで、子どもたちの楽しみが一つ増えます。

コンテナバンガロー

コンテナバンガロー

出典:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

3棟並んでいるコンテナバンガローはバンガローと同様に照明とエアコンが付いています。広さはバンガローよりも広く約6畳。そして広々とした庭には木材で作られた屋根付きスペースが設けられています。こちらは2名の利用が基本ですが、追加料金を払うと最大6名まで利用できます。

センターハウス2Fロッジ

センターハウス

出典:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

広々としているお部屋はピカピカきれい!木彫でまるでログハウス。トイレはもちろんテレビや冷蔵庫も完備。欲を言えば洗面台があったらもっと便利かな。

子供とお出かけブログ with kids Tokyo

センターハウスの上のロッジはお風呂やシャワーもセンターハウス内にあるため、何かと便利です。受付もセンターハウスの中なので困ったときにも下に降りればすぐに解決してしまう便利な宿泊施設です。2階に宿泊しているので、天気が良ければ見晴らしもいいです。広々としたリビングと寝室は、何だか修学旅行気分が味わえて大人だけでも楽しめそうです。

シャワー&露天風呂あり

露天風呂

出典:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

受付でお金を払い、脱衣所で服を脱ぎ、中に入ると・・・なんじゃこりゃー!洗い場はめちゃめちゃキレイ、感動です。6個くらいの洗い場(銭湯みたいな感じ)にシャンプーとボディーソープも完備。お風呂は露天のみで2つのジャグジーバスです。感動したっ! こりゃースゲーよ。

tamulog

露天風呂は大人500円、子ども400円で、入浴時間は15時半~21時。露天風呂には男女ともに5か所ずつシャワーがあります。コインシャワーは4台あり、10分200円。利用時間は13時~翌日11時。ジェットバス付きなだけでもとてもぜいたくな気分を味わえるお風呂ですが、露天風呂となると、四季折々の良さがあります。

九十九里オートキャンプ場「太陽と海」の周辺スポット

「九十九里オートキャンプ場 太陽と海」周辺のスーパー

スーパー

出典:Pixabay

キャンプ場の周辺にはたくさんのスーパーやホームセンターがあります。

・スーパーミヤスズ
・カインズホーム
・ベイシア
・コメリ
・スーパーハヤシ
・サンモールジャスコ
・ケーズデンキ
・ヤマダデンキ

車があればどの店舗も10分もかからず到着してしまう好立地。キャンプ場の入り口付近にはコンビニもあるので、遅い時間に飲み物やスイーツが食べたくなっても安心です。公式サイトには周辺地図も載っているので、参考にしてみてください!

九十九里オートキャンプ場「太陽と海」周辺の観光スポット

観光地

出典:千葉県公式観光情報サイト

【刑部岬】
綺麗な夕日を見たいなら刑部岬がおすすめです!

刑部岬からの眺望は「日本の夕陽百選」や「日本の朝日百選」、「日本夜景100選」、「日本夜景遺産」、「ちば眺望100景」と多くに選定されています。晴天時は特におすすめで、水平線に浮かぶ富士山を望むことができたり、日が沈む時間帯にあたれば夕陽に映える富士山のシルエットを眺めることができます!そのため「関東の富士見百景」にも選ばれています。

【いちご園】
子どもも楽しめる場所ならいちご園がおすすめ!

キャンプ場の周辺にはいくつかのいちご園があります。採りたてのいちごの美味しさはやっぱり格別です。お土産としても良いですが、いちご狩りを行っているいちご園もあるので、子どもと一緒にいちご狩りを楽しむのも思い出になりますよね。いちご狩りはハウスの中なので、天気や気温に左右されず楽しめるのもおすすめのポイントです!

【道の駅季楽里あさひ】
おいしいものを食べたい、お土産を買いたいなら道の駅がおすすめ!

地元生産者が作った新鮮な野菜やお惣菜はもちろん、旭市が全国トップクラスの産出額を誇る豚肉や海匝漁港直送のハマグリなど、おいしいものがたくさん集まっている季楽里あさひ!やっぱりその土地の名産物を食べたり、買ったりしたいですよね。そんな時は道の駅へ行けば何でもそろってしまいます。季楽里あさひには道の駅では珍しく、バイキングレストランがあります。ランチバイキングの時間帯(11:00~14:00)は旭市の野菜や肉、魚を使ったおいしくヘルシーな料理が並びます。モーニングの時間帯(9:00~10:30)はバイキングではありませんが、モーニングセットを食べることができます。

●船釣り…大人の遊びなら船釣りがおすすめ!
なかなか経験のできない船釣り。キャンプ場から少し車を走らせれば、船宿も。陸釣りでは物足りない!というユーザーも船釣りに挑戦してみてはいかがですか。

料金や天気など、予約前のチェック項目!

釣りはできる?

釣り

出典:pixabay

キャンプ場から歩いて行ける程度のところにも釣りができる場所も。車で数分の場所に漁港があるので、釣りをするのなら漁港の方がおすすめ。実際にたくさんの釣り人が来ています。近くには釣具屋さんもあるので、餌などは当日調達できます。釣りをしたいと思ったら、すぐにできるうれしいスポットです。時期によってはキャンプ場近くの海岸で潮干狩りもできます。

レンタル品や販売品も充実

薪

出典:Pixabay

テントやタープとテーブルなどいった大きなものから、鍋や調理器具と細々としたキャンプ道具まで多数そろっています。あまりキャンプ用品を持っていないキャンプ初心者から、今回は身軽にキャンプをしたいというユーザーまで、利用する人のニーズに合わせて選択できます。うっかり忘れてしまったという時も、足りないものをその場でそろえられ、安心感があります。

大人数での宿泊や複数のファミリーでキャンプへ行く場合、「キャンプはやってみたいけど、我が家はタープやテーブルがないから…」と断念してしまうことがありますが、レンタル品などで足りないアイテムが補充できるので、思い切ってチャレンジできるきっかけになるかもしれません。2泊目からはレンタル料金が半額になるのもうれしいポイント。炭や網、着火剤については販売されています。こちらも買い忘れや足りないときにも利用できるので便利です。

九十九里オートキャンプ場「太陽と海」周辺の天気をチェック!

青空

出典:pixabay

海から近いキャンプ場ということもあり、天候が崩れると風が強く吹く場合も多々あります。キャンプ場はサイトによっては区画ごとに植木がされているため、ある程度の風であれば防げます。雨風が心配される場合は、キャンプ場のスタッフに風向きを確認して、テントやタープを設営しましょう。

このあたりは比較的温暖な気候のため、夏でも夜に冷え込むことはありませんが、時期や天候によってはキャビンやコテージなどの宿泊施設をうまく利用することも一つの方法です。
tenki.jp

九十九里オートキャンプ場「太陽と海」の基本情報

キャンプ場

出典:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

【基本情報】
住所:千葉県旭市東足洗2746-10番地
電話:0479-74-7515
料金:
[キャンプ場利用料]:電源付き 6,000円~
          電源なし 5,000円~
[トレーラーキャビン利用料]:19,000円~
[コテージ利用料]:13,000円~
[バンガロー利用料]:8,000円~
[コンテナバンガロー利用料]:10,000円~
[センターハウス2Fロッジ利用料]:16,000円~
[日帰りバーベキュー場]:1,200円 / 大人・1,000円 / 子ども
[デイキャンプ]:3,500円
[露天風呂(宿泊者用)]:500円 / 大人・400円 / 子ども
チェックイン / チェックアウト:
[キャンプ場]:13:00~18:00 / 11:00
[その他]:14:00~18:00 / 10:00
公式はこちら:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

九十九里オートキャンプ場「太陽と海」で自然を満喫

キャンプ場

出典:九十九里オートキャンプ場 太陽と海

「九十九里オートキャンプ場 太陽と海」は名前に込められた通り、太陽も海も満喫できるキャンプ場。海水浴を楽しむもよし、海の風を感じながらバーベキューや焚き火をするもよし。露天風呂や朝日をながめにいくことを目的として宿泊するだけでも、非日常を感じられる特別な空間です。「いつものキャンプに少しリゾート気分を」と思ったら、是非「太陽と海」へ。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪