ソレル「カリブー」は、-40℃まで対応できるハイスペック!

 ファッション

ソレルのカリブー

出典:Amazon

冬のアウトドアを楽しみたい場合、防寒対策にはかなり気を使う必要があります。ジャケットやパンツなどの対策をしても、靴の対策を忘れてしまうという方は少なくありません。そんな時には、ソレルのカリブーがおすすめ。極寒の地でもしっかり足を守ってくれ、耐久性も高いです。


 目次


ソレル「カリブー」の魅力

ソレルのカリブーを履いた足元

出典:楽天

ソレルは、1962年にカナダで生まれたブランドです。レザーアッパーとラバーボトム、そして着脱のできるフェルトライニングなどの組み合わせを世界に先駆けてウィンターブーツとして展開しており、世界中に多くの愛用者がいます。

ソレル・カリブーの魅力①極寒の地でも耐えられる

ソレルのカリブーは、保温性能や防水性能が高く、厳冬期でも快適に過ごせます。もともと冬の厳しいカナダで生まれたウィンターブーツであることから、耐寒性が高く使用限界温度はなんとマイナス40度。さらに、防水設計により雪の中を歩いていても中に水が染みにくいのも魅力です。

東京にいたら1年に2・3回しか出番がないガチなブーツなんだz!なんせマイナス40℃まで耐えられる!多分オーロラ見に行くときはこれしかないz!シロクマのロゴがかわいいでしょ

佐々木淳平オフィシャルブログ"JP"のアニソンは世界を繋ぐ

実際に購入した方の評価も高く、都心部ではなかなか出番がないかもしれませんが、アウトドアでは心強い味方となってくれるブーツといえるでしょう。

ソレル・カリブーの魅力②寿命が長く最終的なコスパが良い

ソレルのカリブーを履いた足元

出典:楽天

ソレルのカリブーは、本格的なアウトドアブーツの中ではあまり高くないものの、値段としては決して安いものではありません。そのため、気になっているけれども、なかなか一歩踏み出せないという方もいるのではないでしょうか。

ソレルのカリブーは、発売当初からそれほど大きくデザインや機能が変わらず存在しており、さらに長持ちすることでも評判が高いです。長く愛用できるので、多少値段が高いものであっても、結果的にコスパの良いものであるといえるでしょう。

リリースから45年以上経った今でも、ウィンターブーツのスタンダードとして愛されています。長野オリンピックモデルや、バンクーバーオリンピックモデルなどもありました。現在では、アウトドアブーツの中でもラグジュアリーなブランドとして、キャンパーにも大人気のブーツです。そんなカリブーですが、歴史とともにロゴマークも若干変化し、現在の白熊マークに至ってます。ワタシのカリブーは約20年前に購入し、まだまだ現役です。

NABE CAMP 〜 我が家のoutdoor life

実際に購入した方の口コミからも、20年前に購入したものがいまだに現役ということが分かりますね。大切に使うことで一生ものとして活躍してくれますよ。

カリブーの口コミ評価をブログでチェック!

ソレルのカリブーを履いた足元

出典:楽天

サイズ感は普通の靴と同じ

サイズをあげると、ブーツの中で靴下がしっかり広がることができ、空気の暖かい層をきちんと作れるんです。(中略)普通の靴のジャストサイズとブーツのジャストサイズが違うということはありません。僕は26cmですが、カリブーでも26cmがジャストサイズです。

ログカメラ

ソレルのカリブーは、普段履いているシューズと同じサイズ感覚で購入できます。かなりの寒い環境で使用する場合には、少しゆったり目のサイズを選んで集めの靴下を履くとさらに保温性がアップしますよ。

見た目は結構ゴツい

ゴツい、靴というより装備という感じ?とにかく暖かい。−15度以下の環境で使用しましたが、足の指先に多少の冷たさは感じるものの、足が「寒い」という感情を抱くことはありませんでした。かなりの暖かさです。ブーツなので仕方ないが、蒸れやすい。帰宅後、カリブーを脱ぐと、靴下が結構湿っていました。車の運転の邪魔にはならなかった。(使い始めはすこし違和感があるかも)

いつも向かい風

-40℃まで対応できるハイスペックゆえに、やはり見た目は少しゴツいと感じる印象。街中でファッションアイテムとして使う際にはテクニックが必要になります。

中国製とベトナム製がある

以前中国製のBuffを購入したが、こちらのベトナム製Sageの方が作りが丁寧で細かい作りもしっかりしている。

Amazon

同じカリブーでも、中国で作られた中国製とベトナムで作られたベトナム製が存在します。ベトナム製の方が作りがよいという声が多いので、ご購入の際にはチェックしてみてください。

メンズ、レディース、キッズのカリブー

ソレル「カリブー」でアウトドアを楽しもう

1962年にカナダで生まれたソレルが作り出したカリブーというウィンターブーツは、数十年たった現在でも多くの人に愛用されています。マイナス40度まで、対応できるブーツなので、特に長時間アウトドアで過ごすときなどにはもってこいといえるでしょう。また、防水加工なので、雪が積もっているときでも染みることなく歩けます。ぜひ、あたたかなカリブーブーツの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪