ミレー(Millet)特集!人気のアイテムをピックアップ!

 ファッション

ミレーのリュック

出典:Amazon

ミレー特集!ミレーで人気のリュックやダウン、レインウェア、アンダーウェアなどを解説します。これを読めばミレーの魅力がわかる!登山ブランドとして有名なミレーですが、登山アイテム以外にタウンユースでも使えるアイテムもたくさんありますよ。


 目次


ミレーは、どのようなブランド?

ミレーロゴ

出典:楽天

ミレーは、1921年にフランスで創業したアウトドアブランド。登山の定番ブランドとしても有名です。

創業した当時は、バッグ職人だった創業者が作ったキャンバス生地製のトートバッグを販売していました。1928年に拠点をアルプスに移し、山岳向けバッグの開発をスタート。1930年代にはフレーム構造を備えたバックパックを開発し、これがきっかけとなって山岳向けアイテムとして「ミレー」の名前が知られるようになりました。

アンナプルナ

出典:PIXTA

1945年には高山向けの登山用バックパックの製造を開始し、1950年には、ミレーのリュックを使った登山家が8,000m峰「アンナプルナ」を世界で初めて制覇しています。1964年には、綿より軽く防水性の高いナイロン素材を全般的に使用した初のバックパック「シェルパ50」を発表。ミレーが独自に開発して特許を取得した斬新なストラップもナイロン製で、フォームの入ったパッドが付いていて縫い目がないのが特徴でした。

GORE-TEXのタグ

ミレーの勢いはリュックだけにとどまらず、1977年にはゴアテックスを使ったパーカを世界で初めて制作。現在は知らない人のほうが少ないイメージのあるゴアテックスを使ったウェアの先駆けとなったのはミレーです。1978年には、世界初のエベレスト無酸素登頂にも、ミレーの装備を用いた登山家が成功しました。

誕生から50年以上たった今も、エベレスト北壁からのスキー滑降をサポートするなど、登山シーンの最先端で活躍を続けています。

ラフマのロゴ

出典:楽天

1995年からはラフマの傘下に入り、現在では、登山やトレッキング、クライミングなどの本格アウトドアアイテムだけでなく、旅行や通勤に使えるウェアやバックパックなども豊富にラインナップされています。

世界中の登山者が愛用!ミレーの「リュック」

出典:Amazon

ミレーのリュックは、なんといっても登山に耐えうる機能性が魅力。アルピニストやクライマーとの契約があるほど、トップクラスの品質を誇っています。登山中にリュックを背負ったままでも中身が取り出しやすかったり、長く背負っていても疲れにくい背面の作り・収納力の高さ・丈夫さなど、ユーザーが長く快適に使用できる仕組みがたくさん施されています。

本格登山向けでないデイリーユース向けのリュックにも登山リュックの快適性は再現されていて、かつ、デザインも使いやすいように工夫されているので、様々なシーンにおける「機能的なリュックが欲しい」という要望に応えてくれますよ。

ミレーのリュックの評判をチェック!

出典:Amazon

感想としてはまず、スペック通り非常に軽いです。そして次に高い通気性。この日は気温が高かったため樹林帯歩きは暑かったのですが、それでもムレなど不快感を感じることはありませんでした。

YAMABIKO

長時間リュックを背負うアウトドアシーンでは、背面の蒸れはとても不快なもの。それがなければよりアウトドアを満喫できますね。

ミレーのザックはフラットな背面構造と腰を広く覆うハーネスベルトのおかげで、身体全体に荷物の重さを分散してくれています。バックパックに関してはメーカーによって背負い心地が全く違うと言われています。ミレーのバックパックは、感覚としては腰に乗っけている感じです。これが僕には合っていて、背負ってて心地良い2日間でした。

みどりとあお

リュックは背負い心地も重要なポイント。ミレーのリュックは荷物の重さを体全体に分散してくれることで、快適に背負い続けることができます。

登山や縦走に最適なミレーの定番リュック「サースフェー」

出典:Amazon

サースフェーはミレーの定番トレッキングパック。通気性やクッション性がよく、体全体にフィットするのが特徴です。背中の蒸れを防いで乾燥へと促す快適性の高い背面システムと、クッション性抜群のフォームをショルダーとヒップに採用し、重い荷物を背負っての長時間移動も快適。サイドには立ったままボトルが取り出しやすいメッシュストレッチポケットが付いています。

コーデュラナイロン素材でできているので、耐久性も抜群。ビギナーでも安心して使える、オールラウンドな特徴を備えたバックパックで、ハイキングから本格縦走まで幅広い用途に対応します。30L+5L、40L+5L、60L+20Lの3サイズがあります。

生地がグレゴリーのZなどに比べると分厚いので岩山などでもダメージを受けにくいという特徴があります。何より冬山では形状的に縦長タイプのザックの方が色々と便利だと感じました。理由はストック・ピッケル・ワカンなどの収まりがいいんですね。

Red sugar

ハイキングにも通勤にも使えるミレーのリュック「クーラ30」

出典:Amazon

旅行やタウンユースをはじめ、アウトドアにも耐えうる快適性を両立させた多用途バックパックです。錠をつけることができるジッパーや取り外し可能なウェストベルト、サイドポケットやポールホルダーも完備。便利な機能が多数備わっています。生地も耐久性十分。すっきりとしたクリーンなルックスなので、ビジネスシーンでも使えますよ。

肩と背中に肉厚のパッドが詰まっていて、全体的に背負い心地はかなり良い。あと大きさのわりに軽く感じる。スペック的にも30Lで860gなので実際軽いほうだと思う。

SANOGRAPHIX BLOG

女性でも使いやすい小ぶりなミレーのリュック「プラロ14」

小柄な女性の背中にも収まりのよい小型のバックパック。飽きのこないティアドロップ型のフォルムと豊富なカラーバリエーションを備えているのが特徴です。コンパクトながらも背面・ショルダーベルトにはクッション性があり、長時間背負っていても快適。フロントには大きなジッパーポケットが2つ、両サイドにもはメッシュポケット1つあり、小さいながらも収納力があって荷物の整理もしやすくなっています。

私は身長152cmと小柄です。このリュックはちょうど私サイズ! 背負われてる感じもなく、背中に収まってます。

お買い物レポ+ハンドメイドな日々

ミレーのロングセラーリュック「マルシェ20」

日帰りハイキングや小旅行に丁度良いバックパックです。タウンユースでも違和感のない愛嬌のあるデザインながら、フロントの大型ポケットは2つの収納、フロントボトムポケットには折り畳み傘も収納できるなど、利便性抜群。さらに、両サイドにはボトルなどを収納するメッシュポケット、そして、荷物が少ないときのためのコンプレッションストラップがついて、色々なシーンで使える万能さがあります。ロングセラーなのも頷けますね。

とくに、日帰りハイキングにはベストのデイパックです。その理由はとにかく軽いこと。重量700グラムに過ぎません。そしてデイバッグでありながら肩ベルトがしっかりしていて、重さが気にならないこと。サイドベルトもついてますから、肩の負担を腰に移すこともできます。安いデイバックとの違いは肩ベルトと背中のフィット感です。

また、ミレーらしく、外部ポケットやメッシュホルダーも豊富です。ただし、小屋泊まりであっても宿泊を伴う登山には向きません。20リットルという大きさは、防寒着などの装備を詰め込むには小さいからです。

ミレーが好き! MILLET Freak !

「マルシェ」の誕生20周年記念特別モデル「ランドネ20」

出典:Amazon

ミレーのロングセラーモデル「マルシェ」誕生20周年を記念した特別モデル。収納力抜群の「マルシェ」の性能はそのままに、よりカジュアルシーンにもフィットする素材感で登場しました。2015年に発売された特別モデルでしたが、多数の継続要望の声を受けて現在も引き続き販売されています。

ランドネ20は普段着にも合わせやすいデザインで好印象でした。こういったカジュアルよりのリュックだとどうしても背負い心地が悪かったりしますよね。このランドネ20の性能はアウトドアでも充分使えるレベルになっており、背中のメッシュ部分の通気性も快適です。ちょっと近くのカフェまで読書や勉強しにいくか!って時に、Kindleをポンと入れて出かける、、、なんてシーンに気負いなしで使えるのはいいですよ。ずっと持っていても疲れないですし。

ヒラノート

荷物の出し入れがしやすいミレーのリュック「キャタピー22」

ミレーのリュックキャタピー22

出典:楽天

「キャタピー22」は、大きく開くフルオープン式のメイン開口部により、荷物の出し入れのストレスが少ないのが特徴。先ほどご紹介したマルシェ20と同じ590gという重量ながら、こちらのほうが容量が大きいのも注目ポイントです。

オーガナイザー付きのフロントポケット、キークリップ付きのフロントポケット、左右のショルダーベルトにはサングラスやリップを収納できるストレッチポケット、背面にはパスポートが入るポケットなど、多彩な収納も魅力的。また、縫い目が目立たず、色合いも落ち着いているので、毎日の生活に馴染んでくれて使いやすいです。

メインスペースのジッパーが下まで開くので物の出し入れがしやすくリュック内の荷物が探しやすいです。サイドに外ポッケがあるのはやはり何かと便利です。前に別メーカーでジッパーが下まで開く物を購入したのですがサイドポッケが無かったので、その都度リュックを下す事になりちょっと使いずらかったので、この商品は自分が欲しい機能が全て揃っている上に見た目以上の収納力でお気に入り&おすすめです。

Amazon

▼ミレーの登山リュックについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

ミレーを代表するレインウェア「ティフォン」

ミレーのレインウェア ティフォン

出典:楽天

「ティフォンシリーズ」は、高い防水透湿性と快適な着心地を両立させた、高透湿防水レインウェアのシリーズ。春夏秋の3シーズン使える「ティフォン」と、冬にも使える「ティフォンウォーム」の2種類があります。アウトドアシーンだけでなく日常のシーンでも使用可能。登山用に買う人も普段使い用に買う人もどちらもいる人気のシリーズです。

透湿防水性以外に、軽量でストレッチ性にも優れている点も「ティフォンシリーズ」の特徴。伸縮性を高めるために表生地にはメカニカルストレッチ生地が使われています。重くなりがちなポリウレタンを使用していない、軽くて伸びのいいウェアです。

ティフォンの口コミ・評判をチェック!

ティフォンのウェア

出典:楽天

初めて袖をとおしたときの驚き。「これ、本当にレインウェア?」ガサガサ音がしない。バリバリゴワゴワしない。

山、はじめます。

このティフォン、なんと言っても特徴は伸縮性のある柔らかい生地!レインウェアにありがちなあのガサガサ感やゴワゴワ感がないので、素肌に直接羽織っても驚くほど快適。この柔らかさは新感覚、クセになります♪思いっきり走れるレイン、いい感じです♪♪

Suzuka to the world!!

レインウェアといえば、防水性を高めた作りにより、ガサガサゴワゴワが当たり前。しかしティフォンはそんな常識を覆す柔らかさなんです。

ティフォンのパンツ

出典:楽天

初めは「防水」と「透湿性」の高さに気がひかれていたのですが、実際に着てみると、まったく防水パンツという感覚を忘れてしまう快適さでした。独自素材のメンブレンの厚みは7ミクロンとのこと。ちょっと想像しにくいですが、非常に薄いためか、トレッキングパンツに不可欠な体への追従性、しなやかさが犠牲になっているようなことがなく、雪山でラッセルを強いられ、脚を激しく動かすような場面でもつっぱりなどは感じませんでした。

妻が突然「キャンプ推進宣言」で、始めましたキャンプ・登山♪

レインウェアは防水機能が優先されて着心地が二の次になることも多いですが、ティフォンなら防水透湿性も着心地もどちらも手に入るんですね。

汎用性高し!ミレーの化繊&ダウンジャケット

ミレーダウンジャケット

出典:楽天

ミレーのダウンジャケットは細かいところが作り込まれている印象。登山ブランドなだけあり、リュックを背負った時にも使いやすいポケットや、撥水性のあるダウンなど、細かい部分まで機能性が高いアイテムが多いです。

大きく使いやすいフロントポケットや前身頃のセキュリティポケットなど使い勝手はものすごく良いです。ここまでの写真で伝わっていると思いますが襟も高く保温性には非常に気を配っており、フードはドローコードでサイズの微調整も可能と細やかな気配り。こういうところがMilletの好きなところ。

「これ一枚でどこでも大丈夫!」というようなウェアではありませんが雪国でない限りこれ一枚で冬は越せますし、控え目なフィルパワーとダウン量のお陰で着膨れせずに気軽に着用できます。-10℃の降雪している環境でもこの上に一枚ハードシェルを着込めば全然問題なし。小回りの効く非常にいいダウンです。

ゆるトラ

ミレーには、単体でも使えて、さらにハードシェルと併せても使える汎用性の高いダウンが揃っています。

アクティビティを快適にするミレーの「フリース」

ミレーフリース

出典:Amazon

ミレーのフリースは軽くて暖かい上に動きやすく、登山家にも高く評価されています。フリースは、登山では中間着として使うことの多いアイテム。保温性だけでなく通気性も重要なポイントです。さすが登山ブランド、ミレーのフリースはどれも保温性だけでなく通気性も良好。あとは、保温性と通気性、動きやすさなどのバランスを見ながら、利用シーンに応じてアイテムを選ぶと失敗が少ないですよ。

ミレーのフリースの価格帯としては、1万円〜2万円ほど。同じく登山ブランドのモンベルと比較すると少々高い印象ですが、ザ・ノース・フェイスとは同程度のお値段です。人とかぶりにくい機能的なフリースを探している方におすすめです。

1年中活躍!ミレーの「アンダーウェア」

ミレーアンダーウェア

ミレーのアンダーウェア(肌着)「ドライナミックメッシュ」は、上記の画像のように透けたメッシュ生地のウェアです。高い吸汗速乾性と抜群のフィット感で登山をサポートするメッシュレイヤー。発汗による冷えと不快感を軽減し、究極のドライ感を実現するアイテムです。

疎水性に優れたドライナミックメッシュが肌面の汗を素早く吸収して、より外側に着ている速乾性のあるベースレイヤーに水分を拡散する、というのがドライ感を保つ仕組み。そして汗を吸ったベースレイヤーはドライナミックメッシュの厚みによって肌から遠ざけられ、肌面が冷えるのも防いでくれます。

一体成形のホールガーメント製法により身頃部分に縫い目がなく、不快な擦れやごろつき感が少ないのも肌着としては嬉しいポイント。ちなみに、世界90カ国以上から来場者が集まるドイツのアウトドア製品展示会「OutDoor Friedrichshafen」において「アウトドアインダストリー2016」という賞も受賞しています。

メンズのドライナミックメッシュのラインナップ

メンズドライナミックメッシュ

出典:Amazon

メンズのドライナミックメッシュのラインナップは全部で5種類。トップスがノースリーブ・半袖・3/4 スリーブの3種類と、ボトムスがボクサータイプと3/4丈のタイツタイプの2種類があります。

詳しくはこちら:ミレー ドライナミックメッシュ メンズ

レディースのドライナミックメッシュのラインナップ

ドライナミックレディース

出典:Amazon

レディースのドライナミックメッシュのラインナップも全部で5種類。トップスがタンクトップ・半袖・3/4 スリーブの3種類と、ボトムスがショーツタイプと3/4丈のタイツタイプの2種類があります。トップスには全て通気性の高いブラカップが付いており、ボトムスのヒップ部分はきれいなヒップラインを作る立体編みになっています。

詳しくはこちら:ミレー ドライナミックメッシュ レディース

ミレーの取り扱い店舗情報

ミレーロゴ

出典:楽天

ミレーの取り扱い店舗には、エキスパートストアと呼ばれるミレーの専門店をはじめ、スポーツ用品店の専用コーナーである直営店などがあります。ミレーのエキスパートストアは全国に3店舗。北海道・東京・大阪に店舗が構えられています。取り扱い店舗は全国に400以上。ご自宅の近くにもきっとあるはずです。詳しくは、公式からチェックしてみてくださいね。

公式はこちら:ミレーの取り扱い店舗

ミレーのアウトレット&セール

ミレーのタグ

ミレーのアイテムをおトクに手に入れたい!というあなたに最適なアウトレット。ミレーのアウトレット店舗は全国に3店舗。三重・埼玉・東京にあります。お近くを訪れた際にはぜひ足を運んで見て下さいね。

【三重】ミレーファクトリーストア長島
【埼玉】ミレーファクトリーストア越谷
【東京】ミレーファクトリーストア南大沢

また、アウトレットは遠くてなかなか行けない、という方は、公式オンラインショップのセールを利用するのも手です。こちらでは、ダウンジャケットやフリース、そしてなんと人気のティフォンまでセール価格で購入可能。サイズやカラーに限りはありますが、お目当のアイテムがお安くゲットできるチャンスです。ミレーのアイテムを購入検討している方は要チェックですよ。

詳しくはこちら:ミレーのセール

ミレーのアイテムを取り入れよう!

ミレーのロゴの写真

登山を楽しむ人だけでなく、タウンを楽しむ人にも試してほしいミレーのアイテム。ザ・ノース・フェイスなどのアイテムと比較するとまだまだ人とかぶりにくい点もおすすめです。機能的なミレーのアイテムをマイコレクションに取り入れて快適に日常やアウトドアを楽しみましょう。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

ミレー アウトドアブランド
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪