インサレーションの選び方&ブランド別おすすめアイテム10選

 ファッション

インサレーションを着て登山

出典:Pixabay

中綿入りの防寒ウェア「インサレーション」はパタゴニアやモンベル、スノーピークなど各アウトドアブランドによって様々な特徴があります。今回はインサレーションの上手な使い方や選び方のほか、各ブランドのインサレーションの特徴やおすすめアイテムまで余すことなくお伝えしていきます。


 目次


インサレーションとは

インサレーションと聞いてもなかなか聞き慣れないユーザーも多いかと思います。インサレーションとは、保温性のある防寒ウェア。全ての防寒ウェアが該当するわけではなく、中綿の入っているアイテムのことをいいます。insulationは、英語で“断熱”や“隔離”といった意味。その意味の通り、体を覆う暖かい空気の膜を中綿で包み込むことで、冷えた外気から断熱することで体を保温する仕組みになっています。

中綿にはダウンや化学繊維が使われています。ダウンのアイテムを思い浮かべると、急に身近に感じるのではないでしょうか。最近はアウトドアシーンでだけでなく、街中でもアウターとして着ている人を多く見るようになりました。

インサレーションの使い方

インサレーションを着た人

出典:Pixabay

インサレーションはアウターとして着ることが多いようにも感じますが、実は中間着として活躍します。例えば登山をする場合、最初からインサレーションを着込んだ状態で登山を始めると、その保温性で体が暖まり過ぎて汗をかいてしまいます。そうすると逆に体を冷やしてしまう可能性も。中間着として使用する場合の上手な活用法は、まずはリュックの中に備えておくことです。

そして、体温が落ち着く休憩時などあまり行動しないタイミングで着用すること。この状況を想像すると、中間着としてのインサレーションは、薄手でありながら保温性のあるもの、そしてコンパクトにパッキングができるものと選択肢が絞られます。街中で目にすることの多いアウターとしてもインサレーションですが、他にも多くのバリエーションがあります。使用シーンに合わせ、適した形状や特徴の物を選択する事がより活用の幅を広げるポイントです。

インサレーションはコートからベストまで種類豊富

アイスクライミング

出典:Pixabay

インサレーションは着方によって様々なシーンで活躍しますが、そのアイテムも種類が豊富です。羽織り物だけでも、ジャケット型やフードの付いたコート型、そしてベスト型。それぞれにアウターとして、また中間着としてその形状を生かして活躍してくれるアイテムばかりです。そして、最近はパンツや、街中でも着こなせるようなファッショナブルな物まで。保温性があり、動きやすさを重視した作りのインサレーションは、キャンプやハイキングなどのアウトドアシーンではもちろん、子育て中のパパやママにとっても嬉しいアイテムです。

また最近はキッズのアイテムにも使われているインサレーション。キャンプに行くと昼間は暖かくても、夜になると急に冷え込むことはよくあることです。デザイン性が高く、保温性もあるインサレーションを一つもっていれば、夜の時間も暖かく過ごせます。親子であったかリンクコーデもできてしまい、おしゃれなファミリーキャンパーも大注目のアイテムです。

インサレーションの種類と選び方

ダウンジャケット

出典:PIXTA

インサレーションには2種類あり、それぞれに活躍シーンが変わりますので、特徴と活躍できる使用シーンをお伝えしていきます。

ダウンの場合

とにかく保温性を求める場合にはダウン素材がおすすめ。かさばる点やある程度の重さがあるのは否めないため、アウターとしての選択をするなら断然ダウン素材です。このダウン素材は、夜間外で過ごすことも考えられる寒い時期のキャンプや、旅行そして普段使いでも活躍してくれます。

化学繊維の場合

通気性や撥水性、耐久性は化繊素材の方が優秀です。また、お手入れの事を考えると、洗濯機で気にせずジャブジャブ洗うことができるのは化繊素材。そして、コンパクトにパッキングをして持ち運ぶことも可能なため、中間着としてや肌寒く感じたときに一枚羽織る物がほしいなと思う場合は化繊素材がおすすめ。ハイキングや登山、キャンプの時などの日中のアクティビティの際は化繊素材をおすすめします。

インサレーションの選び方のポイント

出典:楽天

まずはどんなシーンで使用するかです。普段使いとして街中で着用したいのか。それともキャンプや寒い地域に旅行へ行った際に着用したいのか。またはハイキングや登山に持って行く予定なのか。それぞれの用途に合わせて選んでいくことが大切です。

どんなタイミングで着用したいのか?というのもポイントです。アウターとして一日中着用していたいのか、また、肌寒く感じたときに着ることができるようパッキングできる物がいいのかなど。それらの状況に適したインサレーションを選ぶためには、それぞれの素材の特徴から判断して選ぶこともできます。

パッキングをしたいのにふかふかのダウン素材、、、というわけにはいきません。そして、けっこう見落としがちなのが、アイテムの作りをチェックすることです。人にはそれぞれ好みの形があります。例えばパーカーを選ぶ際、前開きのファスナータイプばかりを選んでしまう人、そうかと思えば、クローゼットを開けるとフード付きのかぶり型パーカーばかりが並ぶ人。形状の違うアイテムが数種類並んでいても、どうしても手に取る物は、既に家のクローゼットにありがちなものばかりです。では、実際にどんなタイプのインサレーションが本当に必要なのか。

フード付きの場合は頭まで覆えるので、首から上もある程度防寒ができます。ただ、中間着としてはフードが邪魔になる場合もあります。それに対して、ベスト型は中間着としては適した形です。体幹部分を保温してくれるので、しっかりと体は温まりなおかつ腕の部分はすっきりとしていてゴワつく不快感がありません。こうした、様々なポイントから少しずつ自分に適したインサレーションを絞っていくと良いですよ!

パタゴニアのおすすめインサレーション

パタゴニアのインサレーションテクノロジー

パタゴニアではインサレーションにもいくつかの種類があります。まずは、ダウン素材に使われているトレーサブル・ダウン・インサレーション。ダウンの供給元となる鳥が動物福祉や消費者への保証基準によって守られていることを確実なものにするために、親鳥農場から衣類製造工場までパタゴニアが独自で追跡をしています。

その結果、2017年には世界の商品や水、消費者製品と環境を保護するために公衆衛生基準と認証プログラムを開発する正式認可を受けた独立組織でもある「NSF International」の「グローバル・トレーサブル・ダウン基準」を満たしている事が認証されました。また化繊素材の分野では、フルレンジ・インサレーションが採用されています。これはパタゴニアと日本でも大手の繊維メーカーである東レが組んで開発された素材で、特徴としては濡れても保温性や通気性を維持できること。そして伸縮性があることです。

パタゴニアのおすすめインサレーション

スノーピークのおすすめインサレーション

スノーピークのインサレーションの特徴

中綿製品特有の保温性の高さをもつスノーピークのフレキシブルインサレ―ションは快適な着心地が最大の魅力。着用時の動きにくさが多く見られた今までの製品を改善して、ストレッチが効いた「体に無理なくフィットする」アイテムに。そして、シーズンに合わせて最適な素材を選ぶことで、春夏のアイテムは通気性がよく適度な保温性をもち、さらにムレを気にせずに着られるアイテムを。秋冬のアイテムは防風性、撥水性に優れているのにソフトな肌触りで軽さが特徴のニット素材を使用しています。

スノーピークのおすすめインサレーション

モンベルのおすすめインサレーション

モンベルのインサレーションの特徴

モンベルのインサレーションにはダウン素材が使われているものも、化繊素材が使われているものもあります。
モンベルが使用するダウン素材はわずかな量でも高い保温力を発揮することができる高品質のダウンです。そのため、ダウンでは貴重な軽量でコンパクトなアイテムに仕上がっています。また、化繊素材は太さなど特徴の異なるポリエステル繊維を組み合わせて作られています。そのため繊維の間に空気の層ができ、断熱材のような役割を果たしてくれます。汗などで湿ってしまっても保温性を保つことができ、速乾性にも優れています。

モンベルのおすすめインサレーション

マムートのおすすめインサレーション

マムートのインサレーションの特徴

マムートのインサレーションは、Ajungilak OTI Strtech Fiber Fillという化繊素材を使用しているアイテムやダウン素材を使用しているアイテムがあります。化繊素材はストレッチ性を持ったインサレーションであることが最大の特徴。ダウン素材は軽量で暖かく、ふっくらとしているのに折りたたんでコンパクトに収納が可能なアイテムも。

マムートのおすすめインサレーション

インサレーションを上手に活用しよう!

雪山でダウンを着ている

出典:Pixabay

周りを見返してみると、以外と身近にあったインサレーション。改めてインサレーションの持つ特徴を知ることで、もっと上手に活用することができるアイテムになります。中間着として、アウターとしてインサレーションを上手に生かして快適なアウトドアの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪