hinata

>

キャンプ用品

>

キャンプ小物

>

包丁ケースのおすすめ6選!アウトドアで使いやすいタイプを厳選!

包丁ケースのおすすめ6選!アウトドアで使いやすいタイプを厳選!

キャンプ用品

包丁ケース

出典:Amazon

アウトドアクッキングに挑戦する際、忘れてはならないグッズが包丁ケースです。今回は、包丁ケースの選び方と、アウトドアにおすすめの商品を紹介します。包丁1本分のケースから複数本入るタイプまで紹介していますので、自分が持っていく包丁の本数に合わせて選んでくださいね。

目 次

包丁ケースの必要性とアウトドアにおすすめの種類を解説

キャプテンスタッグ 包丁ケース

出典:Amazon

包丁ケースは、キャンプなどで包丁を持ち運ぶ際、なくてはならないものです。そのまま持ち運びすると非常に危険なばかりでなく、複数本持っていったときに1本なくしてしまうなどのトラブルにもなりかねません。包丁ケースがあると、入っていた包丁が見当たらないときもすぐに気づくことができ、安全に包丁を持ち運びできます。

包丁ケースのタイプはさまざまです。しかし、アウトドアクッキングでは持っていく包丁の種類は厳選する人が多いのではないでしょうか。そのため、今回は「1本用で刃を保護するタイプ」「数本を布巻きにするタイプ」「他のキッチンツールと一緒に収納できるソフトケースタイプ」を厳選して紹介します。

包丁ケースの選び方と注意点

包丁ケースを選ぶときのポイントは以下の通りです。

・持っていく本数は何本か
・持ち運ぶ包丁が1本なら刃を保護するタイプがおすすめ
・持ち運ぶ包丁が5本以内なら布巻きタイプやソフトケースがおすすめ
・全ての包丁が収まるかどうか
・他の調理ツールやカトラリーも一緒に収納したいかどうか

これらのポイントを考えることで、どういうタイプの包丁ケースを選べば良いか判断できます。包丁を持ち運びするのにもっとも安全なケースはハードタイプの包丁ケースです。しかし、キャンプに行くときは、他にも荷物がたくさんあるので、かさばり重さもあるハードタイプよりは、軽いタイプの商品をおすすめします。

また、包丁ケースを選ぶときの注意点ですが、刃の長さだけでなく、幅にも注意してください。内寸の記載や収納可能な包丁のサイズが書いてあれば必ず確認しましょう。

アウトドアにおすすめの包丁ケース6選

ここからは、アウトドアにおすすめの包丁ケースを紹介します。シンプルな刃を保護するシンプルな商品から、数本を布に巻いて持ち運ぶタイプソフトケースタイプまで厳選していますので、ぜひチェックしてください。

まとめ

包丁ケースの選び方とおすすめ商品を紹介しました。アウトドア用の包丁ケースを選ぶポイントは、「持っていきたい包丁の本数とサイズで使えるかどうか」という点です。せっかく素敵な包丁ケースを購入しても使えなくては意味がありませんので、サイズの確認はくれぐれもしっかりしておきましょうね。

今回紹介したアイテム

商品画像 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 包丁サヤ 鞘 さや 包丁ケース 包丁カバー 安全包丁用サヤ 牛刃型(洋包丁)・三徳型(万能包丁)・薄刃型(菜切包丁)用 日本製 ブラック UH-4705 メッサーマイスター エッジガード 包丁カバー 6インチ 黄 #TGY06C MESTGY06C ビスベル BISBELL マグネット包丁カバーPP M (中) 包丁ケース ナイフ シース Magnetic Blade Guard BMPPBG1_35B tent-Mark DESIGNS (テンマクデザイン) ロールケース 【L】 帆布ナイフポケット F-359 (ピコリコ) PicoRico アウトドア キャンプ クッキングツール 調理器具 全9点 + エスニック柄 収納バッグ バーベキュー 芋煮会
商品名 キャプテンスタッグ安全包丁用サヤ UH-4705 メッサーマイスター エッジガード 包丁カバー 6インチ 黄 #TGY06C MESTGY06C ビスベル マグネット包丁カバーPP M (中) BMPPBG1_35B テンマクデザイン Roll Case L 藤次郎 帆布ナイフポケット F-359 PicoRico 収納バッグ
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る Yahoo! で見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

キャンプ小物 便利グッズ

おすすめのキーワード