両手を開けたいときに便利!マザーズバッグにおすすめのリュック6選

 ファッション

親子でリュックを背負って歩いている写真

出典:MaximFesenko / ゲッティーイメージズ

マザーズバッグは、子どもとのお出かけする際の必需品です。持ち物は、子どもの成長に従い変化しますが、小学生に上がるまでの間はいろいろ入れておける専用のバッグがあると助かります。今回は、マザーズバッグとして使えるおすすめのリュックをご紹介します。


 目次


マザーズバッグはトートバッグ?それともリュック?

赤ちゃんを抱えながら山を見ている母親    

出典:Nadezhda1906 / ゲッティーイメージズ

子どもがまだ乳児の場合は、お出かけに準備するものが多くて大変ですよね。例えば、「ミルク作りのセット」「紙おむつにおしりふき」「着替え」などは最低1セット必要です。さらに、好きなおもちゃや絵本など、数え上げればきりがありません。

まだ、生まれたばかりで動き回ることのない月齢の乳児の場合、マザーズバッグはトートバッグの方が中身にアクセスしやすく便利です。実際に、トートタイプのマザーズバッグを持っている人は多いのではないでしょうか。

トートバッグは、中身を見渡しやすく、いきなりミルクを吐くなど突発的なトラブルに対処するのに便利です。しかし、子どもが歩けるようになり、活動範囲が増えるとリュックを使ったほうが使い勝手がよいでしょう。

なぜなら、子どもを追いかけて抱っこしたり手をつないだりするのに、両手が使える状態にしておきたいシーンが増えるからです。子どもとのお出かけを少しでも楽にするために、子どもが活動的な年齢になったら、マザーズバッグをリュックに変えてみてはいかがでしょうか。

マザーズバッグに向いているリュックは、リュック自体が軽量で、ある程度容量の大きいものがおすすめです。あまり大きすぎても不便ですので、ちょうど良い大きさのものを選びましょう。

マザーズバッグ用にリュックを選ぶときのポイント

マザーズバッグ用のリュックを選ぶときにチェックしておきたいポイントをまとめました。

・容量
最低15L、できれば20Lぐらいあると余裕

・デザイン
パパとママが共用する場合は、ブラックやネイビーなど落ち着いたデザインがおすすめ

・素材
撥水性のあるものが便利(汚れを落としやすい)

・あると便利な機能
サイドから中にアクセスできるサイドジッパー、ペットボトルが入るポケット

これだけの機能を備えていれば、ママバッグとして大活躍してくれそうですね。この条件で、デザイン的にもおしゃれなものを選べば、さらに満足度アップ!パパとママが共用で持てるデザインにすると、ファザーズバッグとしても使えますよ。

また、アウトドアブランドのリュックは、機能性が高くポケットもたくさんついているモデルが多いので、探せばマザーズバッグに適したものが他にもまだまだ見つかりますよ。

marimekko(マリメッコ)のBUDDY(バディ)をマザーズリュックに選んで良かったです。
やっぱり大容量なのが安心なのと、どんなファッションにも合うからいつでもコレでいいのが楽です。

効率よく暮らす

北欧デザインの雑貨で有名なマリメッコのリュックをマザーズバッグに使っている方の感想です。大容量なのが「大は小を兼ねる」になっていていいようですね。

子どもとのお出かけをよりアクティブに!マザーズバッグに使えるリュック6選

マザーズバッグとして使い勝手の良いリュックを6つ紹介します。他のママとはちょっと違う、個性的でデザイン性も高いリュックをセレクトしましたので、ぜひチェックしてくださいね。

子供の荷物もしっかり入るマザーズバッグを持って出掛けよう!

マザーズバッグとしておすすめのリュックを6商品紹介しました。どのバッグも、マザーズバッグとして作られているわけではありませんが、機能性の高さでマザーズバックとしても便利に使えるものばかりです。

子どものおむつが取れるまでは大きめのリュックを選び、おむつを卒業したら軽量で小さめのリュックに変えてみるのもいいでしょう。子どもとのお出かけが楽になるリュックを選んで、お出かけをさらに快適にしてくださいね。


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪