家のような快適さ!トレーラーハウスの魅力とおすすめキャンプ場4選

 キャンプ場

トレーラーハウス

出典:Takanori Hayashi / flickr

家と変わらない環境でアウトドアが楽しめるトレーラーハウス。今回は「今まで泊まったことがない」、「どんな場所にあるのかわからない」、「価格が高そう…」と思われている方に、トレーラーハウスのメリットや利用する際の注意点、関東甲信越地方でおすすめのキャンプ場を紹介します。


 目次


トレーラーハウスの魅力とは?

トレーラーハウス    

出典:Takanori Hayashi / flickr

トレーラーハウスを見たことがある方はあまり多くないかもしれませんが、簡単にいうと「中で生活ができる車」ということになります。こう聞くと「キャンピングカーとどこが違うの?」と思われるかもしれませんが、トレーラーハウスはキッチンや寝室などの部屋やトイレ・シャワーといった居住に必要な設備が整っており、定住利用が可能であることが特徴です。

固定資産税がかからないなどの理由で、水道や電気を引き込んだり、プロパンガスを利用したりして、日本でも実際にトレーラーハウスに住んでいる方もいます。そんなトレーラーハウスが一部のキャンプ場に置かれており、「テントやコテージなどよりも設備が整っていて泊まりやすい」という点で、人気を得てきています。

トレーラーハウスのメリットと注意点

トレーラーハウスのすごいところは、限られた空間を有効活用するために、さまざまな工夫が凝らされている点です。2段ベッドや可動式のソファ、段差を活用したベッドなど、普通の家では見ることができない仕掛けがあります。

そして、気になる宿泊料金ですが、意外とコストパフォーマンスが良く、グループで宿泊すれば、1人あたりの金額が素泊まりのホテルよりも安くなる場合も。しかし、いくらトレーラーハウスどうしがある程度離れているとはいえ、家のようにしっかりした壁があるわけではありませんので、夜には騒音に十分注意する必要があります。

また、ホテルとは異なるため、歯磨きセットなどの生活用品はあらかじめ用意しておくことが必要です。トレーラーハウスは、もともと車ですので室内を歩くと結構動きますので、特に寝ている間は注意しましょう。

関東甲信越地方でトレーラーハウスのあるキャンプ場4選

ここで「トレーラーハウスって何か楽しそう」「一度利用してみたい」と思った方に向けて、関東甲信越地方でトレーラーハウスが設置されているキャンプ場について紹介します。

フォレストサンズ長瀞(ながとろ)

トレーラーハウス    

出典:フォレストサンズ長瀞

東京から近い場所にある「フォレストサンズ長瀞」は、アメリカから直輸入したトラベルトレーラーが19台もあり、埼玉県で最大級規模のキャンプ場です。また、トレーラーハウスで宿泊すると、宿泊客には車で約15分のところにある秩父温泉満願の湯の入浴券が付いてきますので、アウトドアで汗を流した後にサッパリできます。アメリカンスタイルのキャンプが存分に楽しめるでしょう。

【基本情報】
住所:埼玉県秩父郡長瀞町本野上大字本野上363
電話:0494-26-6111 (受付時間:9:00~17:00)
料金:
[2019年9月以前] 22,500円~(トラベルトレーラーA・ロウ、4名利用の場合。5歳未満は500円)
[2019年10月以降] 23,900円~(トラベルトレーラーA・ロウ、4名利用の場合。5歳未満は500円)
チェックイン / アウト:
[トレーラーサイト] 15:00 / 10:00
[テントサイト] 13:00 / 11:00
アクセス:
[電車] 秩父鉄道野上駅から徒歩約15分
[車] 関越道花園ICから約30分
公式はこちら:フォレストサンズ長瀞

大子広域公園オートキャンプ場 グリンヴィラ

トレーラーハウス    

出典:大子広域公園オートキャンプ場

茨城県北部にある大子広域公園の中にあるのが「大子広域公園オートキャンプ場 グランヴィラ」。プールやテニスコート、多目的運動広場など周辺にスポーツ施設が充実しており、近くには疲れを取る日帰り温泉施設もあります。

そして、流線型アルミボディの本格的なトレーラー「エアストリーム」に泊まれるのが魅力。屋根付きのバーベキュー施設も併設されていますので、雨の日もバーベキューが楽しめます。

【基本情報】
住所:茨城県久慈郡大子町矢田15-1
電話:0295-79-0031
料金:
[2019年9月以前] 19,800円~(トラベルトレーラー、定員4名の場合)
[2019年10月以降] 21,000円~(トラベルトレーラー、定員4名の場合)
チェックイン / アウト:15:00 / 10:00(トラベルトレーラーの場合)
アクセス:
[電車] JR水郡線常陸大子駅からバスで10分 フォレスパ大子バス停下車
[車] 宇都宮ICから約60分
公式はこちら:大子広域公園オートキャンプ場

妙義グリーンホテル&テラス

トレーラーハウス    

出典:妙義グリーンホテル&テラス

妙義山の広大な自然の中で、贅沢な時間が過ごせるのが「妙義グリーンホテル&テラス」です。こちらでもエアストリームタイプの部屋があり、高機能な設備が用意されています。共用スペースにシャワールームがありますが、大きなお風呂にゆっくり入りたいという場合は、ホテルの大浴場も利用できますので、快適に過ごせそうです。

【基本情報】
住所:群馬県富岡市妙義町菅原2678
電話:0274-73-4111(受付時間:9:00~18:30)
料金:19,000円~ / 人(サービス料込)
チェックイン / アウト:15:00 / 10:00
アクセス:
[電車] JR信越本線松井田駅から送迎バスあり
[車] 富岡ICから約20分
公式はこちら:妙義グリーンホテル&テラス

PICA富士西湖

富士西湖    

出典:PICA富士西湖

富士五湖の1つである「西湖」のほとりにあるキャンプ場が『PICA富士西湖』です。西湖でカヌーや、マウンテンバイクや釣りなどのアクティビティが楽しめ、その他にもバーベキューガーデンやドッグランなどが併設されています。

アメリカ製のキャンピングトレーラーを利用しやすいように改造されているのが特徴で、広めのシャワールームや畳部屋になっており、過ごしやすくなっています。

【基本情報】
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068-1
電話:0555-20-4555
料金:23,000円~(トレーラーコテージ・スタンダード、3名以上利用の場合)
チェックイン / アウト:14:00 / 11:00(テントサイトは13:00 / 12:00)
アクセス:
[電車] 富士急行河口湖駅からバスで西湖民宿バス停下車1分
[車] 河口湖ICより15~20分
公式はこちら:PICA富士西湖

まとめ

トレーラーハウスは、いつもと変わらない生活環境を保ちつつ、自然の中でリラックスして過ごせるという、一石二鳥のメリットが得られるのが大きな特徴です。トイレやシャワーの心配もなく天候にも左右されない点で、女性や子どもを含めたキャンプにも最適です。トレーラーハウスを通じて、日常とは少し違った新しい過ごし方を経験してみてください。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ場 コテージ

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪