あなたもきっと欲しくなる!初めてでもわかる「ゴープロ」解説

 キャンプ用品

出典:Amazon

従来のハンディカムとゴープロのようなアクションカメラとの違いはわかりますか?身に着け動きながら撮影できる、というポイント以外にも多くのメリットがあります。初心者でもその日から使える簡単な使い方から、過去モデルとの違いなど合わせてチェックしましょう。


 目次


インスタでも話題!GoPro(ゴープロ)とは?

GoPro(ゴープロ)はいわゆるデジタルビデオカメラの一種で、アクションカメラともよばれます。従来のビデオカメラと比べると、本体サイズがとても小型軽量ながら耐久性が高く、また防水・防塵性能にも優れているのが特徴です。

特に防水機能は最新モデルであれば本体のみで水深10mまで、専用の防水アタッチメントを使用すれば最大水深60mまで可能となっており、このクラスの防水機能を備え、なおかつ価格も抑えて入手しやすいカメラというのはなかなかありませんでした。

   

出典:Amazon

またその軽量さから頭部や腕部に装着しながらアクティビティを本人目線で撮影しやすく、より臨場感のある映像が撮影できることで話題となったのです。動画だけでなく静止画やタイムラプス撮影も行えるため、インスタグラムでは日常生活のちょっとした場面を撮影した「#goproのある生活」は150万件以上も動画が投稿され、人気のジャンルとなっています。そういった特性からも従来の電子機器の苦手とする水やほこりの多い、アウトドア環境での撮影にも使いやすいカメラといえます。

ハンディカムとの違いは?

ゴープロのようなアクションカメラはこれまでのビデオカメラ、特に使い方の似ているハンディカムとの違いはどのような点か確認しましょう。ハンディカムはアクションカメラと比べ、本格的な編集に耐えうる高画質な映像を撮影でき、望遠機能や手振れ補正、連続撮影時間などが優れています。離れた場所をズームで集中して撮影したり、撮った映像をその場で確認しやすいのもハンディカムでしょう。

一方でアクションカメラの強みはその軽さを活かし手首や頭に装着できる点や、独特な使用方法が可能な点が挙げられます。帽子やヘルメットの上から装着して、撮影者の目線と近い映像を動きながら撮影するのはハンディカムでは厳しく、またハーネスの上から胸部にカメラをつけて、ブレの少ない安定した撮影しながら両腕をフリーにできるのも強みです。「撮影者がカメラを意識せず動く、何かしながら撮影する」というハンディカムでは難しかった撮影が、アクションカメラが得意とするところです。

こんなことができる!ゴープロでできることがわかるおすすめ映像

ゴープロは吸盤状のスタンドアタッチメントを使用すれば激しく動く場所、たとえばサーフボードやカヤックの先端にも簡単に取りつけられます。こうすることで肉眼では体験しづらいアングルや場所から、独特で迫力のある動画撮影・静止画撮影を可能に、これまで編集作業が必要だったタイムラプス撮影もゴープロ単体でできるようになりました。

【動画撮影】臨場感たっぷりな映像が撮影できる

【静止画撮影】動画だけでなく写真(画像)も撮れる!

【タイムラプス撮影】

タイムラプス撮影とは、定点で一定間隔で撮った画像をつなげた動画のことを指します。星空や太陽、雲の動きなどのタイムラプス撮影が有名ですが、作成には撮影した何十~百枚もの画像を合成する必要がありました。しかしゴープロのアクションカメラであれば撮影後に自動合成してくれるため、初心者でもタイムラプス動画の作成が容易です。

初心者でも大丈夫!アプリで簡単に編集できる!

   

出典:タジマモーター

ゴープロで撮影した画像・動画は専用のアプリで編集しやすくなっています。設定もWifiでペアリングするだけなのでとても簡単。またソーシャルメディアとの連動を重視していて、ゴープロのアプリを入れておけば撮影した場面ですぐにデバイスへのストリーミングが可能です。画像や動画をリアルタイムでSNS投稿したい人にゴープロが人気の理由のひとつとなっています。

またアプリ機能でGPSパフォーマンスステッカー機能というものがあります。これはゴープロ内のGPSでカメラ速度や距離を判断し、撮影時の位置情報を残せるような機能です。これがあれば旅の途中などで「あれ?これはどこで撮影したっけ?」というようなことがなくなり、撮影場所の確認記録としても役立つでしょう。

おすすめモデルのゴープロと値段をチェック

ゴープロはアクションカメラとして画質だけでなく、機能面でも進化が続いています。新機能としても2018年に登場したHERO7シリーズには音声で操作が可能、ハンズフリー状態でも録画や写真の撮影などの操作ができるボイスコントロールコマンドが追加されています。

しかし入手しやすい価格のゴープロとはいえ、当然ですが最新モデルは高価格ですし、1世代前のモデルであれば性能もさほど変わらず価格面で入手しやすくなります。最新モデルで新機能や高画質を楽しみたいのか、価格を抑えてまずは試してみたいのか、自身の使いたい場面に合わせてモデルをチェックしてみましょう。

最新のHERO7 Blackは約5万円

2018年に発売されたGoPro HERO7シリーズの最上位のモデルです。撮影時に手ブレを抑え、これまでのモデルより滑らかな撮影が可能な「HyperSmooth」機能がBlackのみに内蔵されています。水深10mまで保証する防水性能を活かし、海や川での撮影だけなく激しいアクティビティでの撮影をしたい方におすすめです。素数は1200万画素で動画性能も高く、4Kの60fps動画はもちろん最大8倍のスローモーション撮影もできます。タイムラプス撮影も他シリーズより安定してできるため、少し凝った動画撮影をしたい方も満足できるシリーズです。

HERO7は3モデル展開!

2018年に発売されたHERO7シリーズの中でも、4K動画もしっかり撮影できるミドルモデルがsilverです。ミドルといえど水や衝撃に強く防水性は上位モデルと同じく、水深10mまで同様に保証されているため、カヤックやサーフィンなどマリンスポーツの撮影も問題ありません。

撮影画素数は1000万画素、4K動画は30fpsまでとBlackと比べやや抑え気味で、撮影時に自動的に鮮やかな仕上がりにするスーパーフォト機能なども省略されていますが、手ブレ補正機能やタッチズーム機能など、動きながらの撮影にも耐えられるスペックです。動画撮影は広角視野レンズで保存形式も一般的なMP4のため、スマホやSNSですぐアップできます。

HERO7シリーズの中では価格もリーズナブルで購入しやすいエントリーモデルです。とはいえ操作方法は同様のタッチスクリーンで、他のモデルと同様に初心者の方でも手軽に扱えます。エントリーモデルだけあってか4Kには対応していませんが、動画撮影は1440p60のフルHDやタイムラプスは撮影可能。撮影画素数も1000万画素で連写モードもあるため、動き回るシーンでも十分撮影できるでしょう。またタイマー機能などHERO7共通の基本的な機能は搭載されており、Blackの定価の60%ほどの価格面や、本体重量92gとシリーズでも特にでも軽量なところに魅力がありそうです。

旧モデルのHERO6もまだまだ人気

HERO6は最新のHERO7の1世代前のシリーズです。大きさや重量はHERO7 Blackと差がなく、しかも4K動画を60FPSで撮影可能な点も同じです。撮影性能が改良されたというより、フォトタイマーや手ブレ補正の強化、ソーシャルメディアとの連動など複数の新機能が追加されたバージョンがHERO7といえます。そういった部分が気にならないのであれば、まだまだHERO6も十分実用に耐えるモデルです。

ゴープロをレンタルで使ってみよう!

ゴープロやアクションカメラを購入前に試用したいという人にはレンタルが便利です。いくつかの家電レンタルサービスで最新型のゴープロもレンタルを行っています。本体だけでなくカメラ固定用のクリップやカメラアーム、予備バッテリーといったアクセサリーが一式ついてくるプランもあるため初心者でも初日から万全の態勢で撮影できるでしょう。

多くは3日~から1日単位でレンタルを始められ、それ以上の長期利用や気に入った場合の買取など柔軟な対応をしてくれる企業もあります。購入前に試してみたい人だけでなく、既にゴープロを持っている人でも最新型との性能の差を確認したり、複数台利用したい時に気軽に利用できるのも便利です。

Rentry

Rentryは家電のレンタルを行っており、ゴープロ以外にもビデオカメラやミラーレスカメラなど、カメラジャンルだけ見ても幅広いラインナップを誇ります。その中でもゴープロのレンタルでは初心者セットや星空撮影セット、自転車撮影セットなど用途や目的にあわせた、わかりやすく使えるプランが魅力です。アクセサリー一式が付属しているため、届いたその時から使い始められるのが便利です。

詳しくはこちら:Rentry

Rentio

RentioもRentryと同様の家電レンタルサービスを行っていますが、こちらは2世代前のゴープロもレンタル可能で、旧モデルであれば最新型より安価にレンタルすることができます。また3ヶ月以上借りたい場合には割安な長期プランもありますので、長期間利用したい方や、最新型でなくとも価格重視したいという方におすすめです。

詳しくはこちら:Rentio

ゴープロの使い方

ゴープロはボタン操作がシンプル

ゴープロの特徴として、操作のシンプルさも挙げられます。なにせボタンが本体に電源と録画の2つしかありません。基本的な操作はこの2つだけで行なえてしまうほどシンプルで、撮った画像の確認や動画と写真の切り替えはタッチパネルで操作します。とっさの場面にも細かい操作なしで撮影開始できる点もアクションカメラとしての特徴といえるでしょう。

アクセサリを使うためにはケースが必要

   

出典:Amazon

ゴープロは防水性や耐久性を上げるため、通常のカメラのように本体の底に三脚などをつける穴がありません。そのため本体にケースを装着し、その上からアクセサリーを追加変更することで機能を増やすことができます。

アクセサリを使って色々な撮り方ができる!

グリップやアームは本体の持ちやすさを改善し、広角での自撮りをするためには必要ですし、タイムラプス撮影では定点で固定できる三脚などが重要になってきます。そういった場面ではこういったアームが活躍します。

ネックハウジングマウントは、カメラを首から下げるストラップタイプのアクセサリーです。自転車に乗ったりクライミング時だけでなく、単純に両手をフリーにしながら撮影したいときにはかかせないでしょう。またシンプルに置き忘れ防止にも役立ちます。

海や川で万一ゴープロを手放してしまっても、フローティングハンドグリップがあれば水面に浮かせられるため、ダイビングや水辺で遊ぶときには用意しておくと便利です。

ゴープロで「#goproのある生活」に挑戦!

ゴープロも実は初期の2003年頃にはフィルムカメラとして、今の形と大分異なるデザインで登場しました。その後デジタル化や小型化軽量化が進み、今の形に近い2012年のHD HERO3モデルからも、ほぼ毎年のように新型が登場し、画質などの性能も向上されています。

近年アクションカメラやウエアラブルカメラ市場には様々な様々なメーカーが参入しています。その中でもゴープロは知名度の高さやユーザーの多さから、サードパーティ製のアクセサリーも多くが対応しているのも強みです。自撮り、充電、固定、手ブレ防止などの豊富なアイテムを、自由に組み合わせることでより快適に撮影ができます。アクションカメラの入門機としてゴープロは間違いなくおすすめの機種となるでしょう。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

カメラ・写真

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪