キャンプで使える無印良品のカゴや収納ケース6選

 キャンプ用品

無印良品 カゴ 収納ケース

出典:Pixabay

キャンプでは使い勝手のいい収納を使って、荷物をコンパクトにまとめておきたいもの。そんなときに役立つのが無印良品のカゴや収納ケースです。今回は、キャンプでも使っている人が多い無印良品のカゴや収納ケースアイテムをご紹介します。


 目次


無印良品の収納ケースやカゴの魅力

   

出典:Pixabay

無印良品は、1980年に誕生した国内ブランドです。ブランド名には「しるしの無い良い品」という意味があり、素材選びから製造方法にまでこだわり、機能性の高いシンプルなアイテムを展開しています。実は国内に3ヵ所の「無印良品キャンプ場」を運営しており、キャンプにもゆかりのあるブランドなのです。

無印良品のアイテムの中でも人気があるのが、カゴや収納ケース。丈夫な素材を利用しており、耐久性に優れているところが大きな魅力です。キャンプなどのアウトドアに持っていっても、安心して使えます。

また、サイズ展開も豊富で用途に合わせて使い分けることが可能。コスパもよく、気軽に購入できるところもうれしいポイントです。

無印良品 ポリプロピレン頑丈収納ボックスを愛用しています。無印良品にもキャンプに利用できそうなアイテムは色々あるようですが、この頑丈収納ボックスはオススメです。乱雑になりがちなキャンプ用品を大容量で収納することが可能です。

ロングライフデザイン&オキニイリ

口コミからも分かるように、キャンプに無印良品のカゴや収納ケースを使っている人は意外と多いようです。

無印良品のカゴがキャンプで活躍するシーンは?

無印良品のカゴや収納ケースは種類が豊富。キャンプでも重宝するアイテムです。どのようなシーンで使えるのか、簡単にご紹介します。
①衣類の収納として
宿泊数や一緒に泊まる家族や仲間が増えるほど、意外とかさばるのが着替えです。ボストンバッグやリュックに詰め込むとテントの中で場所を取るだけでなく、必要な衣類が取り出しにくくなります。そんなときに着替えの容量に合わせカゴや収納ケースを使えば、まとめてきれいに収納できます。使わないときにはコンパクトに折りたためる商品もあるため、テント内を広々と使えるところもメリットです。

②キッチン用品の持ち運びにも
無印良品のカゴがあれば、お鍋やフライパンなどの調理器具やお皿や箸などのカトラリーをまとめて持ち歩くことができます。細々としたアイテムは小さめのケースを使うことで、なくすことなくまとめることが可能。フライパンやお鍋などは専用のかごを用意することで、汚れたときに他のアイテムと分けて収納しておけるため衛生的です。

③細々としたキャンプ用品の収納に
キャンプには、蚊取り線香やライト、新聞紙など意外と細々とした持ち物が多いです。

ラップやアルミホイル、予備の割り箸やお手拭き、ティッシュやキッチンペーパー、布巾、スポンジ、ゴム手袋、ナイロン袋、洗剤、などなど。意外と見落としがちな消耗品や雑貨類はこまめにチェックして、切らさないようにしましょう。

そこここに、愛や菌やふんどしや

キャンプで使える無印良品のカゴや収納ケース6選

ここからは、無印良品のアイテムの中でもキャンプで活用できるカゴや収納ケースを厳選してご紹介します。

まとめ

無印良品には、キャンプで役立つカゴやバスケット、収納ケースが多く用意されています。種類やサイズも豊富なので、収納したいアイテムやキャンプでの使いやすさに合わせて購入することが可能。ぜひ、キャンプで使ってみたい機能性に富んだアイテムを見つけてみてくださいね。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

収納・持ち運びグッズ

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪