富山の人気バンガロー7選!温泉や海水浴も楽しめる!

 キャンプ場

立山グリーンパーク吉峰のバンガロー

出典:立山グリーンパーク吉峰

富山の観光イメージといえば、黒部ダムや雪の大谷でのウォーキング、立山アルペンへの山岳体験ルートなどが有名です。今回は手軽に海水浴や温泉の楽しめるスポットもあり、宿泊地として気軽に利用できるバンガローやコテージについて見ていきましょう。


 目次


富山のバンガローの魅力

富山のバンガローは、富山湾と立山連峰に囲まれているため海にも山にも近く、豊かな自然に囲まれたスポットがたくさん。嬉しいリーズナブルで利用できる施設、温泉にも入れる施設、海水浴に便利な海に近い施設などがあります。ちょっと珍しい体験ができる施設もあり、アウトドア初心者でもベテランでも気軽に利用できるスポットが豊富ですよ。

リーズナブル!お値段のお安いバンガロー2選

どやまらんど明日キャンプ場 

   

出典:とやま観光ナビ

黒部市の山間近く、日本海に沈む夕日や夕焼けをを見渡せる河岸段丘にあるキャンプ場です。バンガローの設備は冷蔵庫と水洗トイレのみ、室内は火気禁止のため調理不可ですが、入浴はキャンプ場に隣接している天然温泉「明日山荘 さか栄」があるので、困ることはありません。またパークゴルフ場は現在閉鎖されていますが、バーベキューやグラススキーを楽しめます。



さらに珍しい施設として、場内に230年前の江戸時代前半の木造2階建て建築があり、「農村文化伝承館 山本家」として現在も宿泊できる貴重な施設となっています。ここを利用して懐かしい昔の農村の素朴な生活を体験できます。



古い施設で食事は自炊が必要ですが、上下水道、浴室やトイレは整備されています。食事は、ぜんまいやワラビ、タケノコなどの周辺で採れる山菜を使っての山菜料理を楽しむのもおすすめ。普段は体験できないかまどを使った炊飯など、かつての農村の暮らしを再現できる貴重な機会になりますね。

【基本情報】

住所:富山県黒部市宇奈月町土山133

電話:0765-65-1567

営業期間:4月1日~11月30日

料金:

[バンガロー] 4,320円~/棟

[コテージ] 17,480円~/棟

[山本家]1,080円~/人

ペット可否:不可(盲導犬のみ可)
公式はこちら: どやまらんど明日キャンプ場

園家山キャンプ場

富山湾に面した、海沿いの松林に囲まれた砂丘の町営キャンプ場。キャンプ場は利用料無料の上、松の木が適度にあるため木陰があり、周りとの距離も取りやすいため、夏場の混みあう時期にも人気のスポットです。そんな園家山キャンプ場内のバンガローの設備は寝台と電源のみと最小限の作りですが、利用料もかなりリーズナブルな価格のため、お財布にやさしくキャンプを楽しめます。

管理棟で数十円のゴミ袋を購入すればゴミが捨てられるので、荷物を減らしたいツーリングキャンパーにも魅力的。海に面しており、海釣りやのんびり海を眺めたいといった環境を求める人にはマッチしたポイントです。ただし、海岸には砂浜がほぼないため、海水浴に不向きなので要注意。

【基本情報】
住所:富山県下新川郡入善町下飯野361
電話:0765-72-2788
営業期間:4月1日~11月30日
料金:[バンガロー] 2,000円/棟+大人100円/人
ペット可否:不可
公式はこちら:園家山キャンプ場

温泉も楽しめるバンガローはここ!

立山グリーンパーク吉峰コテージ

   

出典:立山グリーンパーク吉峰

立山グリーンパーク吉峰は立山のふもとに位置する、源泉直送の天然温泉も楽しめるテーマパークです。場内にはパークゴルフ場やクロスカントリー場、大型の遊具広場と、施設が充実しています。またコテージはシャワー棟とバス棟の2種類がありますが、コテージ内で入浴するよりも園内に温泉施設があるためそちらが人気。宿泊施設も充実しており、コテージにはWi-Fiをはじめ、冷暖房や家電・調理機器・各種アメニティがそろっているため、誰でも利用しやすい環境が整っています。

利用の際には施設予約として5,000円を前もって振込む必要があり、予約キャンセルの際は10日前から解約金が発生します。スケジュールが不明瞭で決めづらい時には注意がいるかもしれません。

【基本情報】
住所:富山県中新川郡立山町吉峰野開12
電話:076-483-2828
営業期間:4月~11月
料金:
[コテージシャワー棟] 12,000円~/棟
[コテージバス棟] 14,500円~/棟
ペット可否:可
公式はこちら:立山グリーンパーク吉峰

海水浴に便利!海の近くにあるバンガロー3選

松田江キャンプ場

   

出典:とやま観光ナビ

海水浴にぴったりな美しい砂浜にある松田江キャンプ場。能登半島の国定公園でもある白砂青松(はくしゃせいしょう)、通称「松田江の長浜」は日本の美しい砂浜100選に選出されているほど。バンガローには冷蔵庫やエアコンもついているため、ここでの海沿いキャンプは快適に過ごせるでしょう。

そんないい立地でありながら、道具をレンタルしつつバーベキューも気軽にできるので、サマーバケーションのスポットとして最適な立地です。

【基本情報】
住所:富山県氷見市桝田3584-2
電話:0766-91-1835
営業期間:4月~10月下旬
料金:[バンガロー] 9,000円~/棟
※HPには異なる料金が記載されていますが、確認したところ2019年4月5日現在は9,000円とのこと。
ペット可否:不可
公式はこちら:松田江キャンプ場

島尾キャンプ場

上記の松田江キャンプ場と近い「松田江の長浜」から徒歩圏内にあるキャンプ場。バーべキュー用品のレンタルはもちろん、地引網体験や魚裁き体験など、海に近いバンガローならではのレクリエーション活動も充実しています。ちょっとアウトドアを楽しみたいけどテントは持ってない・抵抗があるという方でも、冷蔵庫・エアコン・テレビつきのバンガローならば快適に過ごせるでしょう。

【基本情報】
住所:富山県氷見市柳田3584-5
電話:0766-91-0074
営業期間:4月下旬~10月末
料金:
[バンガロー ]9,000円~/棟
ペット可否:可(宿泊施設内は不可)
公式はこちら:島尾キャンプ場

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場

   

出典:とやま観光ナビ

日本でも珍しい東西約4kmにわたる砂利の海岸は、ヒスイの原石が打ち上げられることから「ヒスイ海岸」とも呼ばれるほど綺麗な海岸。朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場は、その海岸近くにあります。バンガローは、エアコン・寝具のみと設備はシンプル。他にも5棟のケビンがあり、こちらは冷暖房・調理器具道具も完備しています。

管理棟内には売店があり、日用品の取り扱いのほか基本的なレンタル用品もそろっており、ちょっとした忘れ物があっても心配ないでしょう。国道や鉄道が近くに走っているため、人里離れた大自然の中で…というタイプのキャンプ場ではありませんが、季節を問わず海の見えるキャンプを楽しみたい人には申し分のないキャンプ場です。

【基本情報】
住所:富山県下新川郡朝日町境151
電話:0765-83-0106
営業期間:4月~11月
料金:
[ケビン] 15.750円~/棟
[バンガロー]10,500円~/棟
ペット可否:可
公式はこちら:朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場

まとめ

海に近く山にも近い、自然に恵まれている富山のバンガローを紹介してきました。自然が豊かで海が近く、魚介類も新鮮で、キャンプ飯やバーベキューの食材調達が楽しみながらできますし、今回紹介した場内は調理環境も整備されているので、楽しむための下地はばっちりです。冬季は世界有数の豪雪地帯でもあるため、スノースポーツが目立つことになりますが、雪のない時期でもコテージやバンガローを利用して、快適なアウトドア体験を楽しんでくださいね。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ場 コテージ

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪