これで間違いなし!キャンプファイヤーで定番な歌9選!

 ノウハウ

キャンプファイヤー 焚き火

出典:Go Imai / flickr

学校行事やイベント、友人同士でキャンプファイヤーをするときに、みんなで歌を歌うことがあると思います。どんな歌を歌ったら盛り上がるか悩みませんか?キャンプファイヤーの歌を盛り上げるコツは、火の燃え方に合わせた雰囲気の歌を選ぶことです。この記事ではキャンプファイヤーの際に盛り上がるおすすめの歌を紹介します。


 目次


キャンプファイヤー燃え始めの歌は徐々に盛り上げる

キャンプファイヤー    

出典:ayustety / flickr

キャンプファイヤーに点火してから、実際にちゃんと大きな火になるまで少し時間がかかります。最初は「火が付きました」などとキャンプファイヤーの始まりを伝えて「みんなの歌で火を大きくしましょう」といった盛り上げる声掛けをするのがおすすめです。

  • 燃えろよ燃えろ
  • キャンプファイヤーの歌の定番。「ほのおよもえろ」という、これから燃え方が大きくなる場面にピッタリな歌詞で、これからキャンプファイヤーが始まることへのわくわく感が高まります。

  • 大きなうた
  • 輪唱ができるため、歌を知らない参加者でもすぐに参加できるのがポイント。静かな曲なのでだんだんと火が大きくなる序盤にちょうどよく、ある程度みんなが歌詞を覚えてきたら2グループに分けて輪唱させるなどすると、参加者同士のコミュニケーションにもつなげられます。

  • キャンプだホイ
  • 名前もキャンプにピッタリで、自然で遊んだ楽しさを思い出させる曲です。リズムのテンポがよいので、中盤へつながっていく部分で歌うのがおすすめ。歌詞もそれほど難しくありませんが、ホイの部分だけ参加者に歌ってもらう方法もあります。

  • こげよマイケル
  • ハレルヤという掛け声が明るくなれます。ハレルヤの掛け声部分だけ一緒に声を出してもらい、そのときにキャンプファイヤーの火を大きくするために元気な声をだそうといった説明をしておくと、みんな元気に歌ってくれるでしょう。

    キャンプファイヤー中盤は歌以外に身体も使おう

    キャンプファイヤー ファミリー    

    出典:Osamu Iwasaki / flickr

    キャンプファイヤーが大きくなってきた中盤は、キャンプファイヤーのなかでも一番盛り上がる部分です。元気に声をだす歌はもちろん、体も使うダンスやゲームなどを取り入れることで参加者の気分が大きく盛り上がり、キャンプのよい想い出になります。そのためあまり歌詞の内容を重視するのではなく、言葉は知らないけれどなんとなく楽しいと思えたり、振り付けもある外国民謡などが選定されることも少なくありません。

  • チェッチェッコリ
  • チェッコリッサとも呼ばれることもあるガーナの民謡です。リズムもとりやすく、外国語であることからなんとなく語感が面白いため、子どもがいても一緒に楽しめます。進行役の人がみんなにその場で振り付けを教えてもよいですし、積極的な子が多ければ「歌に合わせて好きに身体を動かしてみよう」という方法でも構いません。

  • マルマルマル
  • スリランカの民謡で、「スランゲニッテ、マルゲラワ、マルマルマル」という言葉のみなのでその場でもすぐに覚えられます。動作としてはマルマルマルに合わせて腕を動かすのが一般的。なおマルマルマルは魚が大漁にとれた、それをスランゲニさんにあげるという意味をもっている歌で、合わせて解説して元気に歌おうと伝えるのもよいです。

  • 幸せなら手をたたこう
  • 保育所や小学校などで習っている方なども多く、リズムもとりやすいです。「手をたたこう」の部分を、足踏みや腕をふるなどのようにバリエーションを変えて楽しめます。簡単な動作で、できるだけ大きくするのがポイントです。

    キャンプファイヤーの最後は歌もしんみりと

    キャンプファイヤー 直火 キャンプ    

    出典:Go Imai / flickr

    火が小さくなってくると楽しかったキャンプファイヤーも終わりに近づくため、歌の内容も少し寂しげなものが向きます。体は大きく動かすよりも、手拍子などちょっとした動きがあり一体感を感じられるものがおすすめです。

    最後の1~2曲の前に、キャンプファイヤーの火が消えたときに今日一日が終わること、終わった後はしっかりと寝ることなどを伝えておくと、「そろそろキャンプも終わるんだ」とその日の楽しかったことを思い返して、しみじみとした雰囲気になります。テンポがゆっくりした曲やバラードなどのJ-POPなどを取り入れるのもおすすめです。

  • 遠き山に日は落ちて
  • キャンプファイヤーの定番曲で、何度か課外活動などのキャンプ経験がある方ならばほとんどの方が聞いたことがあると思います。最後にピッタリではありますが、キャンプファイヤー点火後に今日一日を思い返しながら歌いましょう、と最初にもってくる場合もあります。

  • ね!
  • キャンプ活動などをおこなうリーダーとして活躍していた方が作曲した歌なため、キャンプにピッタリの曲です。日本語の歌詞で「ね!」という部分が何度かでてくるため、そこだけ一緒に声をだしてもらうのもおすすめ。

    まとめ

    キャンプファイヤーの歌は、キャンプファイヤー自体を盛り上げたり、想い出を思い返したりするのをより深める効果があるため、リーダーとして進行する方は、歌の選定以外にもどのように進行するのかも事前に考えておきましょう。定番の歌をいくつか紹介しましたが、家族数人だけの小規模であればみんなが知っている曲なども良いですね。


    あわせて読みたい記事


    新着記事

    関連するキーワード

    キャンプファイヤー

    おすすめのキーワード

    hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
    気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
    さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪