hinata

>

キャンプ場

>

フリーサイト

>

長野で冬キャンプ!通年営業のキャンプ場5選

長野で冬キャンプ!通年営業のキャンプ場5選

 キャンプ場

冬キャンプをしたいけど、通年営業のキャンプ場が中々見つからない...。そこで今回は、長野県にある通年営業のキャンプ場5選をご紹介します!山々に囲まれた長野県は、景色も抜群!温泉も豊富なので、身体の芯まで暖まることができますよ♪


 目次


長野で冬キャン!雪景色を堪能しよう

冬のキャンプ場    

出典:hoge asdf / flickr

一度は体験してほしい、冬のキャンプ。澄んだ空や満天の星など、夏には感じることができないキャンプの魅力を味わえます。日本の名峰に囲まれている長野県では、雪をまとった山々を眺めながらキャンプをすることができるのも魅力的。夏場とは一味違う雰囲気の山々は、圧倒的な迫力!キャンプ場が数多くある長野県でも、冬に営業しているキャンプ場は貴重な存在です。今回は、冬キャンプができる通年営業のキャンプ場を紹介していきます。

冬キャンプの醍醐味をもっと知りたい方は、こちらの記事をチェック!

長野県の冬キャンプができるキャンプ場5選

青木湖キャンプ場

   

出典:photo AC

「北アルプスの鏡」ともいわれる青木湖の、西岸にあるキャンプ場です。雪化粧の名峰を近くで眺めることができます。夏には多くの観光客で賑わう青木湖ですが、冬には一転。ひっそりと静まり返った湖面を見つめながら、自分だけの時間を過ごせます。またキャンプ場の周辺にはスキー場が多数あるので、スノーアクティビティを楽しみたい方にもおすすめです。

【基本情報】
住所:長野県大町市大字平20780-1
電話:0261-23-1021
料金:1,500円 / 大人
チェックイン / チェックアウト:12:00 / 10:00(雪が降っていない場合は15:00まで)
公式はこちら青木湖キャンプ場

ミヤシタヒルズオートキャンプ場

   

出典:ミヤシタヒルズオートキャンプ場

日本百名山の1つ「美ヶ原高原」の東南にある、ミヤシタヒルズオートキャンプ場。敷地面積は東京ドーム約7個分と、大きいキャンプ場です。ファミリー向けのキャンプ場だけあって、充実した設備が魅力。バンガローやコテージはもちろん、AC電源付きのサイトやお風呂・シャワーも完備しています。テントサイトは、高原サイトと林間サイトの2種類ですが、おすすめは高原サイト。開放的な景観なので、夜空に広がる無数の星を眺めることができます。

【基本情報】
住所:長野県小県郡長和町和田5101
電話:0268-88-2915
料金
[テント]4,320円 / サイト
[バンガロー]11,000円 / 棟
[コテージ]15,000円〜 / 棟
チェックイン / チェックアウト:13:00 / 11:00
公式はこちらミヤシタヒルズオートキャンプ場

takibi hut

   

出典:takibi hut

「takibi hut」は2018年5月にリニューアルオープンした、比較的新しいキャンプ場です。焚き火スペースを中心に、バンガローやテントなどが並びます。バンガローには暖房がついているので、寒い冬でも快適にキャンプを楽しめます。また現役の猟師がキャンプ場のオーナーなので、厳選ジビエが食べれるBBQセットも魅力的。さらに徒歩5分で温泉に行けるため、冷えた体を温泉で暖められます。なお現在、フリーのテントサイトは工事中なので、テント泊をする際は「手ぶらでテント泊プラン」を利用して下さい。

【基本情報】
住所:長野県長野県茅野市北山北山白樺湖3419-75
電話:0267-55-7890
料金
[手ぶらでテント泊プラン]30,000円 / テント
[バンガロー]9,000円〜 / 棟
チェックイン / チェックアウト:14:00 / 10:00
公式はこちらtakibi hut

あさまの森オートキャンプ場

浅間山の麓、上信越高原国立公園に位置するキャンプ場です。標高は1,100mなので夏には避暑地として人気がありますが、冬は極寒の地に。しかしその分、空気が澄んでいるため、浅間山と八ヶ岳連峰の眺めは抜群!また夜には、満天の星空を見ることができます。さらに車で3分のところにある「菱野温泉・常盤館」では、絶景露天風呂を満喫!景色良し、温泉良しのキャンプ場です。

【基本情報】
住所:長野県小諸市菱平535-1
電話:0267-25-2977
料金:3,200円〜 / サイト
チェックイン / チェックアウト:13:00 / 12:00
公式はこちらあさまの森オートキャンプ場

斑尾高原どんぐり村(ロッジ・コテージのみ通年営業)

   

出典:斑尾高原どんぐり村

斑尾高原スキー場まで、車で3分のところにあるキャンプ場です。ただし通年営業なのは、ロッジとコテージのみとなっています。山小屋風のロッジには、こたつ付きの棟や、ロフト付きの棟があるなどバリエーションが豊富。また2018年7月にオープンしたコテージは、室内設備が充実していて、IHコンロや浴槽が完備されています。食事は信州ポークや信州鶏など、地元の食材を使用。快適に冬キャンプを楽しみたい、初心者キャンパーにおすすめのキャンプ場です。

【基本情報】
住所:長野県飯山市斑尾高原のぞみヶ丘
電話:0269-64-3751
料金:
[ロッジ]8,700円〜 / 人
[コテージ]10,700円〜 / 人
チェックイン / チェックアウト:14:00〜10:00
公式はこちら:斑尾高原どんぐり村

冬キャンプの装備はしっかり整えよう!

寝袋の中でコーヒーを飲む女性    

出典:zhukovvvlad / ゲッティイメージズ

冬キャンプに行く前に、装備はしっかり用意していきましょう。冬のキャンプには、夏のキャンプにはない危険があるので寒さ対策と凍結対策は必須!しかし冬キャンプ初心者の方は、そもそも何を準備すればいいか分からないですよね。

そのため、冬キャンプに必須のアイテムをこちらからチェックしてみて下さい!

また、冬キャンプに行く前の注意事項も確認しておきましょう!

油断せずに、しっかり装備を整えれば、楽しく冬キャンプを満喫できますよ♪

まとめ

長野県の冬キャンプができるキャンプ場はいかがでしたか?寒さが厳しい冬キャンプ。しかし、普段のキャンプでは見ることができない美しい景色や、夏には味わえない体験が冬キャンプにはあります。今年の冬は、冬キャンプにでかけましょう!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

関連するキーワード

オートキャンプ フリーサイト

おすすめのキーワード

  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪