hinata

>

ノウハウ

>

おうちキャンプ

>

アウドドア好きを虜にする家!?ログハウスの魅力に迫る!

アウドドア好きを虜にする家!?ログハウスの魅力に迫る!

 ノウハウ

人生で一番大きな買い物であるマイホーム。せっかく家を建てるなら、自分のこだわりが詰まったものにしたいですよね。そんなマイホームの中でも、特にアウドドアが好きな人におすすめしたいのがログハウス。室内にいながらも自然と外とのつながりを感じる、ログハウスの魅力に迫ります!


 目次


丸太がたくさん!ログハウスってどんな家?

   

出典:FooTToo / ゲッティイメージズ

ログハウスとは、木の丸太を積みあげてつくる家のことです。この丸太のことログというので、そのまま名前になっています。まっすぐ育ち、加工がしやすい針葉樹が主な木材として使われています。

ログハウスは海外で生まれた住宅ですが、古くから木に慣れ親しんできた日本人の感性にもぴったり。一般的な木造住宅の約3倍もの木材が使用されています。そんな木のぬくもりに包まれたログハウスは、アウドドアが好きな人にいま再注目されています。

様々な木材から好みの色や香りで選べる!

   

出典:atalby / ゲッティイメージズ

ログハウスで使用される木には用途や性能、色合いの違いで様々なものがあります。その中でも、日本で主に使用されているのが、国産杉です。古くから建築材としても使用されていて、日本人に馴染みのある木材です。

他にも、お風呂でも有名な高級材のヒノキや、色が白く木目が綺麗につんでいる北欧パインなどがあります。どの木材も風合いや香りが違うので、ログハウスを建てる際に自分の好みで選べるのも嬉しいポイントです。

ログハウスの特性とは!?

家の中で森林浴体験!?

   

出典:blew_i / ゲッティイメージズ

リラクゼーション効果がある森林浴。その理由は、樹木からフィトンチッドと呼ばれる精油成分が発散されており、これを吸い込むことで自律神経が安定しリラックス効果や活力が生まれるといわれています。それと同じく、多くの木に囲まれたログハウスの室内では、森林浴と同じ効果があります。家にいながら、森にいるかのようなリラックス体験ができるのはログハウスならではです。

木目が生む様々な効能でさらにリラックスできる

   

出典:Aleksdem / ゲッティイメージズ

木目には微妙な凹凸があります。そのおかげで人に良い効果を多く発揮しています。

・1つ目のは「眼」に優しいことです。木の表面の凹凸が太陽の光を和らげ、優しい光にしてくれます。

・2つ目は音が心地よくなることです。耳障りな高周波を、凹凸が吸収してくれます。その効果は、音楽スタジオやコンサートホールの内装にも木張りが使われることもあるほど。音楽はもちろん話し声や環境音さえ心地よくしてくれます。

・3つ目は、視覚的な癒し効果があることです。木目は等間隔ではなく、微妙に揺らいでいます。この独特なリズムは「1/fゆらぎ」と呼ばれ、木目を見ることで、脳がリラックスするアルファ波がでるといわれています。

ログの壁は天然の断熱材。夏涼しくて、冬暖かい

ログの壁の断熱性はコンクリートの12倍、鉄の500倍といわれています。なので冬は外から寒気を防ぎ、真夏の直射日光を遮り涼しく過ごせます。断熱性の理由は、ログの壁自体が多くの空気を含んでいるからです。これはダウンジャケットが暖かいのと同じく、寒気をシャットダウンしてくれます。

ログハウス最大の魅力は「育てる家」

   

出典:nickpo / ゲッティイメージズ

メンテナンスするたびに愛着が湧く

ログハウスは、メンテナンスが少ない普通の家に比べ、手間暇かけて手入れすることが必要です。時間が経つごとに色が馴染んていくのもログハウスのいいところ。さらに手をかけることで、風合い、味わいといったエイジングの楽しみを味わえます。

木の性格を知れば、長く付き合える相棒に

木の性格を知って上手に付き合う必要もあります。木は乾燥することにより様々な現象がおこります。自然材なので均等に乾燥することが難しく、反りやねじれ、ひび割れなどが発生します。通常は建築後、数年で乾燥による木の動きは収まります。その後も大気中の湿気を吸放出しながら、緩やかに膨張と収縮を繰り返します。

ちゃんとした手入れで1000年も長持ち!?

手入れすれば風合いが良くなり、さらには木材の強さを維持できます。木材は伐採後100〜200年後までやや強くなり、その後1000年経過しても元の強さを維持します。これほど長期間劣化しない素材は珍しく、手入れをしっかりとすれば、あの有名な法隆寺のように長持ちします。

今、アウドドア好きに大注目のログハウスをご紹介!

BESS G-LOG なつ

   

今回おすすめしたいログハウスがこちら。広い軒下を持つ新世代ログハウス「G-LOG なつ」です。木材は良質な北欧産パインを標準使用。オプションとして国産杉の無垢材でも建てることができます。シンプルなフォルムながら、大きなヤジリ屋根が特徴。また、庭とつながる大型の引き違いテラス戸とウッドデッキに、外につながる広々としたベランダが、アウトドア好きの心をくすぐります。

おすすめのログハウス!

「G-LOG なつ」の詳細はこちら

   

2階のロフトは、三角屋根の大空間。天井が高く、大開口のサッシが光をたくさん取り込んでくれます。サッシを全開放にすれば気持ちのいい風を感じることができます。

   

「NIDO(ニド)」と呼ばれる軒下の広々としたベランダも特徴の1つ。イタリア語で巣を意味しており、空中の棲み処としてこのログハウスの1番の特徴です。休日のほとんどをここで過ごす人もいるほど、気持ちの良い空間です。オプションとして、すのこ状のデイベットやシンクの取り付けができるほど広い空間です。

   

2階は高い天井に加えて、ドーマーと呼ばれる拡張部分を設置することで、空間を隅々まで活用することができます。また、高い三角天井ならではの空間を活かした、子どもの秘密基地にぴったりな天井裏も。

   

キッチンを中心とした1階は、ログ材と白壁に囲まれた明るい印象となっています。暮らし方に合わせて、アイランド型やL型など、キッチンスペースもこだわりの空間に仕上げられます。キッチン上の造作棚も、日々の生活を手助けしてくれる使い勝手の良さです。

   

ログハウスの定番アイテムといえば、薪ストーブ。G-LOGを購入する人のほどんどが、薪ストーブを購入するんだそうです。忙しくてなかなかキャンプにいけなくても、自宅の薪ストーブでキャンプ気分を味わえるなんて素敵ですよね

2018年12月末まで特別キャンペーンを実施中

   

BESSでは、今紹介したG-LOG なつの特別モデル「ライラⅡ」のキャンペーンを実施中です。カラーリングにこだわった特別仕様で、2018年12月末までの限定で注文を受付しています。カラーパターンは全部で4つ。またオープンフロントと主寝室、個室の妻壁の色が変更できる、ポイントカラーも特徴です。日本の伝統色の青紫色「ふじねず」をはじめとした5色から選べ、どの色も木との相性は抜群。自分好みのカラーで室内を彩ることができます。

実際にBESSのログハウスを見てみよう!

全国のBESS展示場はこちら

【撮影協力 / BESS多摩展示場】
住所:東京都昭島市拝島町3993-1
電話:042-500-4600
営業:10:00〜18:00
定休日:水・木曜日(祝日は営業)
アクセス:JR青梅線 昭島駅より徒歩8分

まとめ

   

ログハウスは建てて完成ではなく、むしろそこからが始まりです。手間暇かけての手入れなど、普通の家とは違う付き合い方が必要なところが面白いですよね。家にいながら外との繋がりを感じることもできるので、アウドドア好きやキャンパーにぜひおすすめしたい住居です。


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

関連するキーワード

おうちキャンプ

おすすめのキーワード

  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪