大自然に囲まれた湖畔の「西湖自由キャンプ場」でのんびり癒されよう

 キャンプ場

林の中に貼ってあるテントの写真

出典:RichardBH/ flickr

富士五湖のひとつ、西湖湖畔にある西湖自由キャンプ場。バーベキューをはじめとして、釣りやカヌーボートなど様々なアクティビティーを楽しめます。名前にもあるように、ここでは基本的にキャンプをする場所も、持ち込む道具も自由。大自然の中で、思いっきり羽を伸ばせるキャンプ場です。


 目次


西湖自由キャンプ場はこんなキャンプ場!

西湖の周辺には複数の宿泊施設やキャンプ場がありますが、西湖の周辺には複数の宿泊施設やキャンプ場がありますが、西湖自由キャンプ場は、西湖の北側に位置しています。西湖は富士五湖の中では4番目の大きさですが、水深は2番目に深く、その水はとても澄んでいて綺麗。西湖自由キャンプ場は、中央道・河口湖ICから20分。サイト内への車やバイクの乗り入れも可能です。キャンプ場までの途中にスーパーがあるので、手軽に必要なものをそろえられます。

1人当たりのおおまかな宿泊予算(4人の場合)
テント(区画利用のみ):大人1,000円、小学生以下800円(※お盆ゴールデンウィークなどの特別期間は大人1,500円、小学生以下1,000円)

車・バイク乗り入れ可!テントサイト

西湖自由キャンプ場は、全てオートサイトになっています。キャンプ場入口にある管理棟でキャンプの利用申請をします。キャンプ禁止エリアがあるので注意しましょう。

区画数:50
チェックイン/チェックアウト:8:00 / 11:00
区画のみ料金:1,000円~

デイキャンプ

林の中で遊ぶ親子の写真    

出典:Dietrich Ayala/ flickr

西湖自由キャンプ場では、非常に手頃な価格でデイキャンプを楽しめます。しかし、混雑のピーク時にはデイキャンプができない場合があるので、詳しくは事前に問い合わせすることをおすすめします。

利用料金:500円
利用時間:8:00~17:00

炊事場

炊飯場で火を起こしている少年の写真    

出典:John Fladd/ flickr

炊事場も管理棟裏に完備されています。水道が使えるので、バーベキューの際の料理の下ごしらえや後片付けにも便利です。

トイレ情報

トイレの看板の写真    

出典:Kirt Dankmyer/ flickr

管理棟裏手の、炊事場の近くに1箇所あります。キャンプ場内で唯一のトイレなので、繁忙期には混み合うことを想定しておきましょう。

トイレの数:1箇所
種類:水洗洋式

ペットの可否

ペットの連れ込みは禁止となっています。

西湖自由キャンプ場の口コミをブログでチェック

ソロキャンプにもってこい!

   

出典:Ershov_Maks / ゲッティイメージズ

西湖湖畔を眺めながら自由を堪能できる「西湖自由キャンプ場」。予約制ではないので、混んでいる時は入場制限もあると言う。それでもこの自由と価格は魅力。自由を満喫したい人におすすめのキャンプ場だ。

CAMP OUT

自由気ままにソロキャンプを楽しむのにもってこいのキャンプ場です。破格と言っていい価格は魅力ですね。

手頃な価格が嬉しい♪

今回の西湖自由キャンプ場。お一人1000円と安くてわかりやすい。カヌーやカヤックを持っている人には特にお勧めのキャンプ場でした。

Cool but natural...で行こ~

ファミリーなど、人数が多い場合でも、価格が手頃なので気軽にキャンプへ行けます。西湖でカヌーやカヤックが楽しめたら最高ですね♪

チェックインの時間が早くて長く楽しめる!

フリーサイトだと、初日が8時から入場できるので、一泊でも時間が十分とれてなかなか良いですね。改めて、フリーサイトを見直しました。

日茶飯事

気の合う仲間とカヤックを楽しんだそうです。朝からたっぷり時間がとれるのは嬉しいポイントですね。

西湖自由キャンプ場で楽しめるアクティビティ

川の上流の写真    

出典:Jocelyn Kinghorn / flickr

西湖自由キャンプ場内にはアクティビティを楽しめる施設やイベントの開催はありませんが、目の前に広がる西湖で自然を満喫できます。

カヌーや釣りなどの水遊び

カヤックをする女性    

出典:mihtiander / ゲッティイメージズ

湖に来たからには、水遊びか欠かせないですね。西湖では自前のゴムボートやカヌーの持ち込みが許可されているので、水の上で自然を思う存分味わうのも良いですね。また、西湖では3月1日から12月31日までが釣りの解禁日となっていて、ヒメマスやワカサギ、ブラックバスを釣ることができます。

西湖自由キャンプ場の周辺スポット

【温泉】いずみの湯

西湖自由キャンプ場の周辺温泉施設    

出典:いずみの湯

キャンプ場に隣接しており、露天風呂も楽しめる日帰り温泉。キャンプの行きや帰りに寄りたい癒しスポットです。

【基本情報】
営業時間:11:00~20:00(※季節により変動)
定休日:
[12月~3月]火曜日・水曜日
[4月~11月]水曜日
※GW、夏期期間は無休
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖987
電話番号:0555-82-2641
キャンプ場からの距離:徒歩5分
公式はこちら:いずみの湯

【スーパー】フォレストモール富士河口湖

フォレストモール富士河口湖    

出典:フォレストモール富士河口湖

河口湖ICからキャンプ場に向かう途中にあり、複数の店舗が集まるモールなので、必要なものは何でもここで揃うでしょう。スーパーの他、ホームセンター100円ショップドラッグストアなどがあります。キャンプ用品のセレクトショップ「STANDARDpoint」はキャンパー必見です。

【基本情報】
営業時間:7:30~23:30(各ショップによる)
定休日:各ショップによる
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町小立4318−1
キャンプ場からの距離:車で13分
買い出しできる商品:日用品、食料品、衣類、スポーツ用品、医薬品など
公式はこちら:フォレストモール富士河口湖

【市場】山物市場

直売所の野菜の写真    

出典:山物市場

採れたての野菜や果物を販売しているお店です。新鮮でおいしい食材を使ったアウトドア料理は格別です。

【基本情報】
営業期間:4月1日~12月中旬
営業時間:[春]8:30~19:00 [夏秋]8:00~19:00
電話番号:0555-85-3535
定休日:無休
住所:山梨県南都留郡鳴沢村大田和2510-2
キャンプ場からの距離:車18分
買い出しできる商品:野菜、果物
公式はこちら:山物市場

料金や基本情報など、予約前のチェック項目

ゴミは現地で捨てられる?

外に置かれたゴミ箱    

出典:Kanko/flickr

基本的にゴミは全て持ち帰り。ただし場外駐車場の一角に“焚き火等で出た灰”を捨てる場所はあるので、必要に応じて有効活用しよう。

Enjoy the Outdoors

ゴミは現地でなるべく捨てて帰れたら嬉しいものですが、西湖自由キャンプ場ではごみは 基本的に全て持ち帰りとのこと。帰りのゴミのことも考えて積載や食事の準備などもしていくと良いでしょう。

西湖の天気の傾向

西湖と富士山    

出典:富士河口湖町観光連盟

西湖自由キャンプ場は、標高が約900メートルの場所にあります。そのため冬だけではなく、年間を通して朝晩の冷え対策は十分しておきましょう。西湖自由キャンプ場のある山梨県南都留郡富士河口湖町の最新の天気は下記から確認してみてください。

現地の天気はこちら西湖自由キャンプ場の天気

西湖自由キャンプ場の基本情報

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖1003-2
電話番号:0555-82-2857
営業時間:毎年春の3月1日から、年末の12月中旬まで営業
定休日:期間営業中の定休日はなし
料金:宿泊1,000円~ / 日帰り500円
標高:900m
アクセス:
[電車]富士急大月線の富士山駅より、富士急山梨バス「西湖民宿線」に乗り、「観岳園キャンプ場」バス停で下車、徒歩3分。
[車]中央道 河口湖ICから20分

公式HPがない!?

西湖自由キャンプ場は、手頃な価格で人気のあるキャンプ場ですが、公式HPがないので、最新情報を知るには直接電話で聞くしか方法がありません。料金や利用規約についても事前に確認しておくと安心ですね。

西湖自由キャンプ場で自由にキャンプを楽しもう!

その名の通り、気の向くままに自由に過ごしながら西湖の大自然を堪能できるのが、西湖自由キャンプ場の一番の魅力です。贅沢な設備を備えたキャンプ場も数多くある中、あえて何もない所で自由な時間をゆっくり味わうのも良いでしょう。日頃の疲れを癒しに行くには、ぴったりの場所ではないでしょうか。


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪