四季折々の魅力を堪能できる!上小川キャンプ場の魅力を徹底解説!

 キャンプ場

出典:大子町観光協会

上小川キャンプ場は、茨城県の北西部に位置する大子町にあります。日本三名瀑のひとつ「袋田の滝」や袋田温泉、清流・久慈川での鮎釣りなども有名です。ありのままの自然を味わえ、ハイキングや水遊びなど様々な体験を堪能できるため、リピーターも多いキャンプ場です。この記事では、上小川キャンプ場の魅力から周辺情報など詳しくご紹介します。


 目次


上小川キャンプ場ってどんなところ?

   

出典:大子町観光協会

上小川キャンプ場は、常磐自動車道・那珂ICより車で約50分。JR水郡線・上小川駅からも、なんと徒歩10分ほどでアクセスできる好立地にあります。久慈川沿いから周辺の林にかけて開放的な敷地が広がり、オートキャンプも可能なフリーサイトは120張、大きさや形が様々で個性的なバンガローも35棟あります!

さらに、犬や猫などのペットの同伴も無料でOK☆バンガローへのペット入室はNGですが、フリーサイトであれば一緒にキャンプを満喫することができますよ♪上小川キャンプ場では、春は新緑、夏は水遊び、秋は紅葉、晩秋には鮭の遡上など、四季折々の表情を堪能することができます。もちろん、通年営業なので、お好きな季節にキャンプを楽しんでください♪

上小川キャンプ場の魅力

自然を満喫できる!

   

出典:上小川キャンプ場

男体山や生瀬富士をはじめ、周囲をぐるりと山に囲まれた久慈川の川辺の景観は、とても清々しく、自然の美しさが染みわたり心身ともに癒されます。水遊びや釣り、バーベキューなどキャンプ場で過ごす時間はもちろんのこと、温泉や観光スポット、周辺のアクティビティも充実しているため、アウトドア好きにはたまりません!

釣りや水遊びができる!

   

出典:上小川キャンプ場

上小川キャンプ場内の河原は、アユ、ハヤ、オイカワ、カワムツ、コイなどが釣れると評判の釣りの名所。なんと、鮭の遡上を見るチャンスに恵まれることも!釣りに挑戦したことがない方でも、釣竿をレンタルすることができるので挑戦してみてください。 

また、川の流れが穏やかな場所も多いため、お子さんが水遊びをする際も安心です。小さな魚がたくさん泳いでいるので、水生生物の観察などもおすすめ。川の上を電車が走るので、乗り物好きのお子さんも喜んでくれると思います!

日帰りバーベキューが楽しめる!

   

出典:上小川キャンプ場

広い河原の上小川キャンプ場ではデイキャンプもおすすめです。場内にはバーベキューハウスもありますが、やはりフリーサイトでのバーベキューがGOOD!目に鮮やかな緑と川の流れを見ながらのバーベキューは最高です!上小川キャンプ場は直火もOKなので、釣った魚をその場で焚き火にくべて塩焼きにもできますよ♪

食材の買い出しは事前に済ませておきましょう。車で5分圏内には個人商店やコンビニはありますが、スーパーはありません。また、河原は木陰が少なめですので、日差しやちょっとした雨避けになるよう、タープやパラソルなどを用意するのがおすすめです。

充実のレンタル品と行き届いた施設管理!

上小川キャンプ場には、一通りのレンタル品が揃い、飲み物やお菓子、薪や炭が手に入る売店と自販機もあります。サイトは綺麗に整備されており、設備は若干古いものの炊事場は全て水道完備なので安心して使えるでしょう。お手洗いは汲み取り式ですが3箇所あり、清潔で狭くはなく、女性用は洋式も用意されていますので、及第点といえると思います。温水シャワーも男女別にそれぞれ4箇所あり、さっと汚れを流す分には充分です。

リピーターが多い!

管理人さんの人柄もあたたかく、釣りや水遊びのコツを教えてくれるなどアドバイスをいただけることも☆高規格のキャンプ場が増えるなか、自然を満喫したい人ほど惹かれる場所だと思います。一度利用すると、再び訪れてしまうリピーターが多いのも頷けるキャンプ場です♪

上小川キャンプ場の周辺にも魅力がたくさん!

日本三大瀑布「袋田の滝」が近くにある!

   

出典:あいち はかせ / pashadelic

キャンプ場から「袋田の滝」までは、国道118号線を経由して車で15分。かの西行法師も「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛した名瀑布、見ておかなければ損ですよ!

久慈川の支流滝川に架かる袋田の滝は、高さ120m、幅73mの大迫力!滝の流れが大岩壁を四段に渡って落下し、流れる水の作り出す姿は、ときに激しく、ときに繊細で、刻一刻と移り変わる表情を見せてくれます。

さらに、四季によっても大きく変化。新緑や紅葉に彩られる袋田の滝も美しいですが、極寒のなかで全面凍結した氷の滝の姿も圧巻なんです!これは、シーズンごとにキャンプをし、滝の姿を見に行かなくてはなりませんね♪

ハイキングもできる!「男体山」

   

出典:一般社団法人 茨城県観光物産協会

大子町の東南部に位置する男体山は、標高654m。日光の男体山と区別するために、奥久慈男体山とも呼ばれています。北側と東側は穏やかな傾斜、西側と南側は断崖絶壁。男体山という名にふさわしく、雄々しい姿は必見です。奇岩、怪石によって生み出された男体山は、山頂からの鳥瞰図的な眺望がすばらしく、神秘的な雰囲気は古くから信仰を集めてきました。

また、ハイキングコースが充実しており、自分のレベルに合わせてコースをチョイスできます。湯沢峡ハイキングコースは、巨石が散在する人気のコース。巨石と森の木々の間を縫って歩く気分は最高です!男体山から袋田の滝を目指すコースは比較的ハイレベルのため、充分に準備をして臨みましょう。

その他、遊び場いろいろ!

   

出典:Jiaojiao / pashadelic

その他、ご家族で楽しむなら、観光農園でのりんご狩りや昔懐かしい木造の校舎でおやきを味わう「大子おやき学校」、スライダーや波のプールもある「フォレスパ大子」などはいかがですか?さらに、茨城県の天然記念物に指定されている外大野のしだれ桜や室町時代末期に建立された木造茅葺きの高徳寺山門など、歴史を感じさせる史跡もあります。大子町は温泉にも恵まれているため、湯めぐりもいいですね♪

ブログで口コミをチェック!

とりあえず山小屋風の管理棟へ・・・山行ったことないですが雰囲気?
それでも炭、薪を始め、氷からビール・アイスクリームなど簡単な食べ物などもあり、見た目より充実してます…!
夜10時頃まで開いてるそうで、朝も早くから営業しているそうです。

毎日アウトドア・・・てき生活!

ちょっとしたものを売店で購入できるのは助かりますね。飲み物は足りなくなってしまうことも多いと思います。夜も比較的遅くまで開いているようですので、上手に活用してください☆

お客の入りは、手前にバイク乗りのグループがいて…
他にもバイクソロやバイクのグループが河川敷に張っていたりと…
バイク乗り達で賑わっていましたね。ヽ(´▽`)/

どこ行く!?万走記。

ツーリングキャンプを楽しむ人も多い様子。関東圏にお住いの方はアクセスしやすいエリアだと思いますので、お気に入りの愛車と出かけてみてください♪

水郡線の爆音で目を覚まし
ご機嫌な朝です。

お気楽でいいじゃん

キャンプ場内を横切るJR水郡線の線路。音の大きさが気になる方もいるようですが、電車を楽しみにしている方も多いようです。実は思いのほか車両が短めなので、景色と一緒に撮影したい方は、シャッターチャンスを逃さぬよう、がんばってください☆

予約前の確認事項

周辺の温泉やスーパー情報

   

出典:袋田温泉 関所の湯

上小川キャンプ場から車で10分ほどの距離に袋田温泉があります。豊かな自然のなかにある露天風呂がうれしい「袋田温泉 関所の湯」は平日700円(大人)で利用することが可能。袋田の滝上流部に位置する「月居温泉 滝見の湯」は地元の人たちが管理しているアットホームな立ち寄り湯。入浴料は450円(大人)と大変リーズナブルです。

【袋田温泉 関所の湯】
住所:茨城県久慈郡大子町大字袋田字滝ノ上2642-7
電話: 0295-79-1126
営業時間:[平日]9:30~20:00・[土日祝]9:30~21:00
定休日:毎月最終木曜日
アクセス:上小川キャンプ場から車で10分

【月居温泉 滝見の湯】
住所:茨城県久慈郡大子町大字小生瀬2879
電話: 0295-76-0373
営業時間:8:00~19:00
定休日:毎月第3火曜日
アクセス:上小川キャンプ場から車で13分

スーパーは車を15分程度走らせればいくつか見つけることができます。那珂IC方面から車でアクセスする方には、ルート上にある「エコス山方店」がおすすめ。袋田温泉周辺で買い求めたい場合は「TAIRAYA大子店」が便利なのではないかと思います。なお、那珂湊の市場に立ち寄って、魚介類を仕入れてくるとバーベキューが豪華になりますよ☆

【エコス山方店】
住所:茨城県常陸大宮市山方字下湯沢内583
電話: 0295-57-6344
営業時間:9:00~21:45
定休日:なし
アクセス:上小川キャンプ場から車で15分

【TAIRAYA 大子店】
住所:茨城県久慈郡大子町大字池田1293-2
電話: 0295-72-5333
営業時間:9:00~21:00
定休日:なし
アクセス:上小川キャンプ場から車で15分

天気をチェック

   

出典:上小川キャンプ場

上小川キャンプ場周辺の年間の平均の気温は12~13℃、平均降水量は1,400~1,500mmと、低温多雨な山岳気候の特徴があらわれています。降霜期間は11月初旬から5月中旬までと、本格的なキャンプシーズンが到来するGWの時期でも肌寒いことがしばしば。なお冬季は雪も降りますが、比較的量は少なく降らない月もありますので、冬場もキャンプを楽しむことが可能です。

夏場は雷が発生しやすく、雷雨となってしまうことも。川沿いのキャンプ場ということもあり、突然の雨はとても危険です。川の水が増水し、思わぬ事故につながってしまう場合もあります。天候によってはテントの設営場所などを変え、安全に水と親しめるよう配慮しましょう。楽しいキャンプにするためにも、お出かけ前には気温と雨雲の様子を必ずチェック!雨対策&防寒対策を忘れないようにしてくださいね。

詳しくはこちら:上小川キャンプ場の天気

料金や住所など、基本情報はこちら

【基本情報】
住所:茨城県久慈郡大子町頃藤3532
電話: 0295-74-0006
料金:
[バンガロー]:4,500円~ / 棟
[フリーサイト施設利用料]:1,000円 / 大人・500円 / 3歳~小学生まで 
[テント持ち込み料]:1,000円 / 張 ※2泊目から無料
[タープ持ち込み料]:1,000円 / 張 ※2泊目から無料
[キャンピングカー]:1,000円 / 台 ※2泊目から無料
[キャンピングカー電源使用料]:500円 / 泊
[デイキャンプ施設利用料]:500円 / 大人・300円 / 3歳~小学生まで 
チェックイン / チェックアウト:
[日帰り]:9:00 / 18:00
[バンガロー]:13:00 / 12:00
[フリーサイト]:9:00 / 12:00
公式はこちら:上小川キャンプ場

まとめ

   

出典:Shiro Oyama / pashadelic

ファミリーにもバイカーにも支持の厚い、上小川キャンプ場。おひとり様のソロキャンパーがのんびり過ごしていることも多く、アウトドア好きにはたまりません。水遊びや釣りはもちろん、山に温泉にと堪能すべきスポットが充実しています。

都会からのアクセスも比較的容易で、価格がとても良心的。家族とペットを連れてわいわいと、バイク仲間とがやがやと、夜に一人で焚き火と向き合うソロキャンプと、さまざまなタイプのキャンプ体験をすることができます。季節の移ろいに合わせて何度でも行きたくなる上小川キャンプ場。まだ行ったことのない方は、ぜひ足を運んでみてください♪

その他の茨城のキャンプ場も気になる方は、こちらもチェック▼


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪