hinata

>

キャンプ用品

>

ランタン

>

LEDランタン

>

ライト・ランタンの王道!用途別おすすめジェントス18選!

ライト・ランタンの王道!用途別おすすめジェントス18選!

 キャンプ用品

ヘッドライト

LEDライト技術で日本でトップシェアを誇るブランド、ジェントス。シンプルなボディとタフな性能でアウトドアを楽しむ人たちから絶大な支持を受けています。今回はそんなジェントスの定番5アイテムの選び方から、おすすめまで徹底的にご紹介します☆


 目次


「ジェントス」ってどんなブランド?

LED技術でトップシェアを誇る日本のメーカー

夜のキャンプサイトでも光る頭についたジェントス閃    

出典:Pixabay

ジェントス(GENTOS)は日本でトップシェアを誇るLEDライトメーカーです。アウトドアシーンで使用するヘッドライトやランタンをはじめ、防災用の懐中電灯、業務用の撮影ライトなど、様々なライフスタイルをサポートしています。最大100m先を照らす照射能力と、10mの高さから落としても壊れないほどの耐久性が魅力であり、多くの方々から支持されているブランドです。

シンプルで扱いやすいデザイン

   

出典:Amazon

ジェントスライトのほとんどがブラックやジルバ―といったスタイリッシュでシンプルなデザインになっており、服装や性別を選ばず、どなたでも使用しやすいものになっています。その上、照射距離の調整などもヘッドをひねるだけなどの簡単操作なので、初めてジェントスのライトを手にした人でも、とっても扱いやすいんです!

修理や保証などのサポートも充実!

   

出典:yoppy / flickr

ジェントスの優れたポイントはその性能に留まりません!修理や保証サービスも充実しているんです!
ジェントスの公式ホームページでは、修理依頼を受け付けています。方法は、ホームページから修理依頼書をダウンロードし、必要事項を記載した上で下記まで送付します。
----
〒363-0001 埼玉県桶川市加納97
ジェントス株式会社 物流センター 修理係宛
----
迅速な対応が魅力で、送付から約1週間以内に返送されます!

修理依頼の詳細はこちら:ジェントス サポート情報 修理の出し方

また、ジェントスライトは保証も充実しています!ライトの種類やモデルの違いでその期間は異なりますが、明るさや照射距離で抜群のハイスペックを誇るGシリーズではなんと5年保証を実現!保障を受けるには、別途ユーザー登録が必要となりますが、これは業界初のサービスで、ジェントスが自社ライトに持つ自信がうかがえます。

おすすめのヘッドライト4選

アウトドアシーンでよく使用するヘッドライトは、使用する用途によって明るさを選ぶ必要があります。ライトの明るさは、ラテン語で昼光を意味する「ルーメン」という単位で表されます。この数値が大きければ大きいほど、光量が多くなり、遠くまで照らせるようになるのですが、その分電池や充電の消費が激しいので、注意が必要です。

ここでは、アウトドアで使用することを前提に、「キャンプ用」と「登山用」でヘッドライトを紹介します。キャンプでヘッドライトを使用する場合、手元を照らす明るさ(30〜70ルーメン)があれば十分なので、明るさよりもコンパクト性を重視しましょう。一方、登山用は暗い夜道や見通しの悪い場所を歩く可能性もが大いにあるので、キャンプ用のものより照射距離や幅が広いものを選ぶようにしましょう。最低でも100〜200ルーメンは欲しいところです。

ジェントスのヘッドライトについてもっと知りたい!という方はこちら

おすすめのランタン3選

ランタンも同様に、用途に応じたルーメン数を持つものを選ぶ必要があります。以下がその基準になりますので、ご自身の使用シーンに合ったランタンを選びましょう!

キャンプサイトのメインランタンとして使用する場合:500ルーメン以上
テントの中の灯りとして使用する場合:200〜400ルーメン
テーブルランタン:50〜100ルーメン

ジェントスのLEDランタンについてもっと知りたい!という方はこちら!

おすすめの懐中電灯5選

射光範囲の広いヘッドライトと異なり、懐中電灯は局所的に照らすアイテムになので、キャンプに持っていく際にも若干ルーメン数の高いものを選ぶことをおすすめします。キャンプやトレッキングの場面でも、およそ100〜200ルーメンのライトを選べば、夜道を歩く際にも問題ありません。ここでは、ジェントス懐中電灯の定番モデルから、充電方法が異なるものまで幅広くご紹介します。

閃しりーずおライトについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

おすすめの自転車用ライト3選

自転車用ライトは、日常で使用するかアウトドアで使用するか、用途に応じて明るさを選ぶようにしましょう。以下が利用ジーン別の明るさの目安になります。

街灯のある、市街地:100ルーメン前後
街灯の少ない暗い道:200〜300ルーメン前後
明かりのない山道やサイクリングロード:600ルーメン以上

用途別おすすめのワークライト3選

暗闇で作業をしなければならない時、対象を明るく、キレイに照らしたい時、ありますよね。ジェントスはこれら作業用に使用する高性能なワークライトも展開しているんです!ここでは3種類のワークライトを紹介します☆

まとめ

ジェントスのヘッドライトから、ワークライトまで紹介してきましたがいかがでしたか?一言にライトと言っても、その用途に応じた明るさのものを選ばなければなりません。ぜひ、自分のライフスタイル、アウトドアスタイルに合ったジェントスライトを見つけてくださいね☆


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪