hinata

>

キャンプ

>

アウトドアブランド

>

ノースフェイス

>

【超速報!】ザ・ノース・フェイス2018SS展示会に潜入!技術が詰まった最新テントがかっこよすぎる…!

【超速報!】ザ・ノース・フェイス2018SS展示会に潜入!技術が詰まった最新テントがかっこよすぎる…!

 キャンプ

ザ・ノース・フェイスの最新テントGeodome 4

ザ・ノース・フェイスの2018SS(Spring/Summer)シリーズの展示会にhinataが潜入!数多くのアパレルも紹介されていましたが、中でも我々が注目したのがこの最新テント「Geodome 4」!ザ・ノース・フェイスの技術が詰まった最新テントの情報をどこよりも早くご紹介します☆


 目次


ザ・ノース・フェイスの2018展示会にhinataが潜入☆

ザ・ノース・フェイスの2018展示会の入り口    

先日行われたザ・ノース・フェイス2018SS(Spring/Summer)コレクションの展示会!最新情報をチェックするべく、hinata編集部が潜入してきました!

展示されているキャンプウェア    

今年の展示会も、ザ・ノース・フェイスの最新技術が詰まったアイテムが続々紹介されていました☆次の次のシーズンなので発売も来年の3月ごろとまだ少し先ですが、中でも注目を集めていた最新ギアを1つご紹介します。

ザ・ノース・フェイスの技術が詰まった最新テント!!

最新テント、その名も「Geodome 4」!

ザ・ノース・フェイスの最新テントGeodome 4    

数多くのアイテムが紹介されていましたが、展示会場で一際異彩を放っていたのがこの不思議な形をしたテント。その名も「Geodome 4」。今まで見たこともない形状のテントに誰もが目を奪われました。

ザ・ノース・フェイス不朽の名作「2mドーム」の進化系

   

Instagram (@takeshimoto)

「ザ・ノース・フェイスのテント」と聞いて、多くの人が思い出すのがこの「2mドーム」ではないでしょうか?最初に発表されたのは1980年代ですが、半球型の特徴的な形状のこのテントは、一度見たら忘れられないアイコニックな形状です。

ザ・ノース・フェイスの特徴的なテントはこちらでチェック▼

2mドーム    

出典:Nic Redhead/flickr

発明家・建築家として名を馳せた学者、バックミンスター・フラーが発明した”最小の部材で最大の強度をもつ構造=ジオデシック構造”を元につくられた「2mドーム」。三角形の平面に分割され作られた構造は、細いポールを使用していても強度は抜群です◎

そして、30年の時を経て発表されたのが今回の「Geodome 4」。一体どのような進化を遂げたのでしょうか??

強度は文句なし!幾何学的な独自構造

バックミンスター・フラーが開発したジオデシック構造に、同じくフラーが開発した「テンセグリティ構造(圧縮材と引張材で均衡を保つ構造)」を取り込み、他のブランドにはない、ザ・ノース・フェイス独自の形状を手に入れました。引っ張っても風を受けてもビクともせず、その強度は折り紙つきです◎

ポール本数が減り、設営が簡単に!軽量化も

ザ・ノース・フェイスの最新テントGeodome 4    

かつての「2mドーム」は最大8人で泊まれる大型のドームテントで、ヒマラヤなどの過酷な登山や局地探検のベースキャンプ用のテントに使われていた、信頼と実績を持つザ・ノース・フェイスの代表的なテントでした。ただ、天井高約2m、フロアは直径約4mという大きさゆえにポール本数は12本と多く、重さも23kg。大きさゆえに持ち運びは少々不便という難点もあったんです。

今回発表された「Geodome 4」はフロアサイズが4人分と、家族でのキャンプにぴったりのサイズに。さらにその分大幅な軽量化に成功!ポールは6本、重量は11.7kgにまで抑えられました。
一般的にジオデシックドームのポール構造は設営が複雑と言われますが、「Geodome 4」は球体の中央を水平に走る赤道ポール1本とそれに筋交うように差し込む5本のポールで構成されているので、設営も簡単です。

これなら、いつものファミリーキャンプにも持って行きたくなりますね☆

Geodome 4の内部    

それでいて、4人用でありながら赤道より下を追加し設計したことで天井高は元の2mを確保!また、三角形の平面をうまく利用し、各所にベンチレーションが配置されているので、室内の快適性もバッチリです◎

気になる価格は…?

Geodome 4の背側    

かつての「2mドーム」は、ザ・ノース・フェイスの本体価格は約80万円…!そのプレミアムな価格も、「2mドーム」があまり普及しなかった理由の一つだったのではないでしょうか。
ですが、今回の「Geodome 4」の本体価格は18万円!テントの中でも決して安くはないですが、少し手が出せそうな金額ではないでしょうか?

【製品情報】
名称:「Geodome 4」
素材:
キャノピー/75Dリップストップポリエステル
フロア/150Dポリエステルオックス、1500mmPUコーティング
フライシート/75Dポリエステルタフタ、1200mmPUコーティング
収容人数:4名
平均重量:11.7kg
フロアサイズ:230×218cm
高さ:210cm
収納サイズ:73×直径26cm
発売予定:2018年3月以降

来年の発売が待ち遠しすぎる…!

ザ・ノース・フェイスの最新テントGeodome 4    

「Geoodome 4」は、ザ・ノース・フェイスの設計思想はそのままに、より幅広いニーズに答えたテントに仕上がっています。他のテントとは違った特徴的なテントが欲しい!という方は、来年の3月以降の発売を辛抱強く待ちつつ、予約情報などを見逃さないようにしましょう☆


あわせて読みたい記事



新着記事



おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪