hinata

>

アクティビティ

>

登山

>

山ガール

>

自然も歴史もアートも楽しめる♪浅間・八ヶ岳パノラマトレイルで里山の魅力は感じよう!Vol.1

自然も歴史もアートも楽しめる♪浅間・八ヶ岳パノラマトレイルで里山の魅力は感じよう!Vol.1

 アクティビティ

浅間・八ヶ岳パノラマトレイルから見える山々

出典:machu. / flickr

ロングトレイルにも色々ありますが、それぞれの地域ならではの魅力があります。この浅間・八ヶ岳パノラマトレイルもその一つで、浅間山や畑や田んぼ、雑木林など、のどかな風景を満喫しながら歩いてみませんか?自然の中にあるツリーハウスは、大人も大はしゃぎしたくなるほど。自然とアートそして歴史も楽しめるトレイルは、お得感100%!


 目次


浅間・八ヶ岳パノラマトレイルって?

   

Instagram (@yuriko1993_)

雑木林や畑、田んぼ、ため池など、里山の自然が楽しめるトレイルで、全4コース23㎞と、浅間ロングトレイルと八ヶ岳山麓スーパートレイルを結ぶ全長40㎞をあわせて、計63㎞。1時間~2時間半くらいのコースが主なので、トレイル初挑戦の方でも、無理なくできるでしょう。

安藤百福センター

   

Instagram (@hikertrash_taka)

浅間・八ヶ岳パノラマトレイルのすべてのコースの発着点である、安藤百福センター。標高700mの高台に立地しているので、浅間連峰はもちろんのこと大地や千曲川など、自然がとっても身近な存在に感じられます。この建物は、自然の地形をできる限り活用しているので、自然木をふんだんに使った内装や外装にも注目してみてください。周囲の自然にも溶け込んでいます。

センター敷地内には、様々なアーティストが制作したツリーハウスがあります。小諸の自然と共存するツリーハウスは、既存の枠にとらわれない自由な発想で作られたとか。

   

Instagram (@u39mj)

佐藤オオキ率いるデザインオフィスnendo、佐藤可士和など著名アーティストたちによるツリーハウスは、必見です!(ツリーハウス鑑賞の前に、安藤百福センターで受付をすませること。鑑賞時間は9時~16時)

   

Instagram (@ricottacasa)

交通アクセス

マイカーの場合
上信越自動車道 小諸ICから約10分
電車の場合
JR東京駅~長野新幹線にて佐久平駅へ~JR小海線にて小諸駅へ(計1時間半~2時間)
またはJR東京駅~長野新幹線にて軽井沢駅へ~しなの鉄道にて小諸駅へ
※大阪方面からだとJR新大阪駅から約4時間半~5時間

高速バスの場合
JRバス関東 新宿~小諸駅(約3時間)
千曲バス 池袋駅東口または立川駅北口~小諸駅(約3時間半~3時間45分)
※大阪方面からだと夜行バスで約10時間半

小諸駅から安藤百福センターまで
小諸市コミュニティバス・小諸すみれ号にて約20分(平日のみ、詳細は小諸市のHPにて)
バス利用の場合は、手を上げて合図すること
タクシー(約10分)
徒歩(約1時間)

コースの紹介

   

Instagram (@sengoku_fan)

布引観音コース

   

Instagram (@popokichi16)

安藤百福センター~風穴~ふけ平のハナショウブ畑~布引電気鉄道跡~千曲川~釈尊寺/布引観音~松林~静かな山道~安藤百福センター
コースタイム:約1時間30分
歩行距離:約5.0㎞
高低差:約200m

布引観音の参道や山道など、バリエーション豊富な道で、静寂の中ゆっくりと歩くことができます。また、風穴のある氷集落は、歴史を感じるスポットとして外せません。アップダウンは少々ありますが、その分見応えがあるのでぜひ挑戦してみてください。ただ、布引トンネルのあたりは、車に注意すること。

氷集落に降りる山道の左側には、二階建ての室(むろ)があり、夏でもひんやりと冷たい冷蔵庫のよう。昔、小諸藩主が夏に氷を楽しんでいたとか。7つの風穴があったうち、現在は一つのみ使われているとのこと。ふけ平のハナショウブが一面に咲くのは、毎年6月半ば。二季咲きの花は、9月中旬頃に咲くので、ハナショウブを満喫したい方は6月半ばか9月半ばがオススメ。

布引観音がある布引層と呼ばれる地層は、火山灰や溶岩の破片が堆積したもので、参道には火山角礫の大岩が所々にあるとか。戦国時代の戦火で焼かれたものの、再建され、江戸時代には旅人の立ち寄り参拝コースだった釈尊寺で、この土地の歴史に思いを馳せてみては。

浅間・森林浴コース

   

Instagram (@kai7850)

安藤百福センター~浅間連峰の展望~カタクリ自生地~松林~静かな山道~馬頭観音~安藤百福センター
コースタイム:約1時間
歩行距離:約4.0㎞
高低差:約120m

   

Instagram (@makiko.tnb)

森の小径を散策したい方は、このコースへ。冬は、林道から右手に浅間連峰を望むことができます。すずしい林の中や、松林、静かな山道と、思う存分森林浴を。松林から安藤百福センターまでの道のりは、布引観音コースと同じ。帰り道途中にある馬頭観音は、馬の供養塔のことで、馬の放牧が盛んだった頃、なんでも御牧ヶ原との関係が深かったとか。

   

Instagram (@yutaide08)

このほかにも、蓼科・八ヶ岳展望コース、御牧ヶ原コース、浅間―八ヶ岳ジョイントトレイルと3つのコースがあるので、次回ご紹介します。歩くのが1時間くりあのコースでも、ウォーキングシューズやトレッキングシューズなど足に負担がかからず疲れないものがベスト。雨具は防寒具としても使えるので、マストアイテムです。

おわりに

自分の体力や滞在日数に合わせて、コースを選べるので、無理は禁物。でも、せっかくから自分がワクワクするコースが一番!小諸の自然×アート×歴史は、きっと何か心に残るものがあるはず。長野県小諸市を初めて訪れた方も、日本の魅力を再発見することでしょう。


あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪