行動食は登山のマストアイテム♡何を持っていく?

hinata

>

アクティビティ

>

行動食は登山のマストアイテム♡何を持っていく?

行動食は登山のマストアイテム♡何を持っていく?

 アクティビティ

出典:pakutaso.com

「行動食」という言葉は、登山ならでは。行動中のお楽しみでもあります。登山デビューする方は、行動食についても知っておくと便利ですよ。お気に入りの行動食で、登山中のモチベーションもアップ間違いなし!

行動食ってどんなもの?

   

出典:flickr

行動食っていうと、食事のことでしょと思う方もいるかもしれません。もちろん昼食になることもあるのですが、食事とはちょっと意味合いが違うのです。では、行動食とはどんなものなのでしょう?

行動食とは

一言でいうと、エネルギー源です。行動中は非常に体力を要するので、エネルギーが必要です。万が一、登山中に低血糖になったら、集中力が欠けて転倒事故を起こしてしまう可能性もあります。そうならないよう、エネルギー補給するものが「行動食」なのです。

疲れていると感じる前にエネルギー補給しておくことで、エネルギーの持続が可能になります。行動食は、山でとても大事な役割を果たしているといえるでしょう。

食事との違い

食事というと、山小屋やテントで栄養バランスのいいものをゆっくり食べることが多いですよね。一方、行動食は登山中の休憩中に何回かに分けて食べることもあれば、目的地についてゆっくりと食事のように食べる人もいればと、人によってさまざま。

いつでもどこでも、すぐに食べられるものが、行動食と考えてください。

行動食の必須条件

   

出典:enzanso.co.jp

行動食には、軽さや食べやすさ、エネルギーにすぐになることなど様々な条件があります。

軽さ:確かに行動食が重かったらザックまで重くなり、疲れやすくなるだけ。できるだけ軽いものがベストです。

食べやすさ:サッと食べられるものがいいので、行動中に簡単に開封できないものや、粉々になってしまうようなものはやめましょう。

日持ち:購入するときに、賞味期限をチェック!いざ行動食を食べるというときに期限切れで無理だったということがないように。

エネルギーにすぐに変わる:時間をかけてエネルギーに変換されるようでは、山の場合意味がありません。即効性があることが、大事です。

行動食の種類

ゼリータイプ

行動食の代表的なものが、ゼリータイプの栄養補給製品です。これは持ちやすさも、栄養価の高さも、エネルギーの変換効率もいいので、一つ持っておくと心強いでしょう。かなり疲れているときは、固形物が食べにくいときもあるけど、このゼリータイプだと喉を通りやすいのが魅力です。栄養補給も水分補給も、これひとつでできるという優れもの。

スティックタイプ

   

出典:otsuka.co.jp

SOYJOYやカロリーメイトも、手軽に食べられる栄養補助製品ですね。以前はカロリーメイトが主でしたが、最近は種類もSOYJOYをはじめ種類も増えてきたので、選ぶ楽しみがありますね。腹持ちもするので、一つあると何かと役立ちますよ。

お菓子

   

出典:pakutaso.com

チョコレートも、行動食の定番です。カロリーが高いので、疲れたときに効果テキメン。あと、ミニドーナツもオススメです。よくコンビニやスーパーで売っている、個包装されたミニドーナツは、甘いものがほしくなったときにぴったり。カロリーは高く脂質は多く含まれますが、食べすぎなければ問題なし。

ドライフルーツ

日持ちの面でも優れているのが、ドライフルーツです。自然な甘さが美味しく、夜のお酒のおつまみにも使え重宝すること間違いなし。糖質を補給したいときは、ドライフルーツで決まり。日持ちの面では、ナッツも優れていますね。鉄分野食物繊維、ビタミンなども含まれています。

おにぎり・パン

おにぎりやパンは手軽ではありますが、ザックの中でつぶれる可能性あり。特にパンはぺちゃんこになっているかも。もし持参するならば、登山初日に食べるのがいいでしょう。

行動食を「準備する」

行動食がどんなものかわかったところで、次の登山予定が決まったら、行動食を準備しましょう。あれもこれもと行動食をザックに入れすぎることのないよう、厳選する必要があります。では、行動食を持参するときのポイントとは?

食事とのバランス

   

出典:pakutaso.com

山小屋での朝食がパンだったら、その日の行動食はドライフルーツにするとか、食事とのバランスを考えることも必要です。同じものが続いても飽きないよ、という人もいるかもしれません。でもいろんなものを摂取した方が栄養バランスも良くなるのです。

コンパクトにまとめてパッキング

   

出典:ノースフェイス

できるだけ袋から出して、ジップロックなどに小分けにして持っていきましょう。袋やお菓子の箱のまま持っていくと、ザックの中で場所をとるだけでなく、行動中にいったん足を止めて開封せざるをえなくなります。

当日の分の行動食は、すぐ出せるところにコンパクトにまとめておく。これが基本です。山小屋の売店で行動食になるものを買うのも、いいですね。ただ、お目当てのものがあるかはわからないので、一応日数分は持参したほうがいいでしょう。

予備食も忘れずに

   

出典:enzanso.co.jp

日数分の行動食とは別に、予備食も準備してください。予備食というのは、万が一何かあったときのための分です。

行動食を落としてしまい食べられなくなったら?体調が悪くなり、一日多く山に滞在することになったら?山では、いろんなケースが考えられるので、日数分の行動食に加えて、1~2回分の予備食も必要なのです。

自分の大好きなものを

   

出典:pakutaso.com

もちろん栄養バランスの優れているものは、必要です。でも、基本的には自分の大好きなものでなくては、行動中のお楽しみになりません。

疲れているときに、甘いモノを食べたい人もいれば、みずみずしいものしか口に入らない人、水分しか摂りたくない人もいます。自分がどのタイプかわかった上で、自分の大好きなものを行動食に摂りいれてみてはいかがでしょうか?

疲れたときにちょっと食べられるものが好物だったら、その後の行動にも、きっと精が出るはず。

   

出典:enzanso.co.jp

登山のお楽しみの一つである、行動食。何を持っていくか選ぶ時点で、登山が始まっているようなワクワク感があります。山で行動中に、あなたのエネルギーとなる、ベストの行動食が見つかりますように!


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

登山 キャンプ初心者
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪