アスレジャーを気軽に取り入れられるおすすめアイテム13選!

 ファッション

線路の手前に立つ人の足もと

出典:Pixabay

近年話題の、スポーティーなアイテムを取り入れるファッション「アスレジャー」をご存知でしょうか。アメリカで流行ったアスレジャーは、徐々に日本でも受け入れられはじめています。今回は、着心地が良く、見た目もファッショナブルな、アスレジャーを気軽に取り入れられるおすすめアイテムを紹介します。


 目次


アスレジャーとはどんな意味?

座ってスニーカーの紐を結ぶ女性

出典:PIXTA

アスレジャーは「Athletic(運動)」と「Leisure(余暇)」を組み合わせた造語です。アスレジャーとは、スポーツウェアやアイテムをファッションの一部として取り入れること。すぐにでも動き出せそうなアクティブな雰囲気が魅力です。海外で人気を博していましたが、徐々に日本でも注目を集めるようになりました。

動きやすいから、アクテビティの楽しさが倍増

アスレジャーファッションに身を包んだ女性

出典:PIXTA

冬が終わり、暖かくなりはじめると、いろいろな場所に出かけくなります。お花見やピクニックに行く人も多いのではないでしょうか。そんな時にも、おすすめなのがアスレジャー。動きやすいアスレジャーは、あらゆるアクテビティに柔軟に対応します。たとえば、バトミントンやサイクリングなど、ちょっとしたスポーツをする際にも、思い切り動けるので楽しさが倍増すること間違いなし。

もちろん、アクテビティを楽しむ時以外でも、「着心地が良い」「動きやすい」というのは大きな利点です。ぜひ気軽に普段のコーディネートに取り入れてみてください。

スポーツブランドのスニーカーを履くだけでもOK

草原をバックにナイキのスニーカーを持っているところ

出典:Pixabay

とはいえ、スポーツウェアを、どうコーディネートに取り入れればいいのかわからない…という人も多いでしょう。そんな場合には、最初のステップとして「スニーカーを履くこと」をおすすめします。スニーカーならば、比較的ハードルは低いのではないでしょうか。ひょっとしたら既にスニーカーを履いている方もいるかもしれません。その場合にはぜひ、さらなるアスレジャーの追求を目指してみてください。

ここからは、初心者でも比較的取り入れやすいアスレジャーアイテムを紹介していきます。どれも、着回しがしやすく、街で堂々と着られる上、部屋着並に着心地も良いです。

【レディース】おすすめアスレジャーアイテム8選

気軽に取り入れられるスウェットパーカー

とにかく気軽に取り入れるのならば、おすすめはスウェットパーカー。なかでもグレーは合わせる服を選ばず、汎用性が高いです。丈が短いアイテムなど、細部にこだわりが光るデザインを選ぶとコーデがキリリと締まります。

Tシャツは、シンプルかつ遊び心のあるものをチョイス

Tシャツも、パーカーと並んでアスレジャーに取り入れやすいアイテム。シンプルな方が抵抗なく挑戦できますが、せっかくならば、少し変わり種のものを選ぶのがおすすめです。下記のTシャツは、おなじみのナイキロゴが手書き風になっており、遊び心が感じられるもの。カジュアルな雰囲気で、街歩きにも取り入れやすいです。

さりげなく取り入れやすいロング丈アウター

羽織りものでアスレジャー感を出したい時、さりげなく取り入れられるのがロング丈のアイテムです。下記のコートは、ファッションディレクター野尻美穂氏とナノユニバースとのコラボ企画により、スポーツブランド・チャンピオンが別注で作成したもの。軽量で着心地が良く、街にもスッと馴染むデザインです。フードを出したりしまったりできるのもうれしいポイント。アウターなのに、家でじゃぶじゃぶ洗濯できるのも魅力です。

やわらか素材でも、ダークカラーならオフィスで浮かない

扱いを間違えると部屋着っぽくなってしまいかねないスウェット素材ですが、黒やネイビーなどのダークカラーを選べば大丈夫。さらに、シルエットがシャープなものを選べば、オフィスで履いていても浮かないほど、自然に着こなせます。下記のパンツは、着心地バツグンで動きやすく、しかも合わせる服を選ばない…という優秀なアイテム。値段も手頃で、挑戦しやすい一品です。

さりげなく取り入れるなら長めスカート

落ち着いた印象のある長めのスカートも、比較的取り入れやすいアイテムです。下記のミドル丈スカートは、スウェット素材ならではの着心地を楽しみながら、気軽にアスレジャーに挑戦できる一品。先ほどのパンツ同様、ダークカラーを選ぶとより取り入れやすいです。

レギンスは動きやすくて合わせやすい!

一時期大流行したレギンス。今取り入れるのなら、スポーツでも兼用できる動きやすいタイプがおすすめです。下記のレギンスは、ヨガやジョギング、登山にも使えるタイプ。腰ベルトが内蔵されているため、ウエストから下腹部を段階的に加圧し、引き締めてくれます。背面に、スマホや小物が入る隠しポケットもついているのがうれしい点。まずは、長めのワンピースなどを合わせてみては。

ゴツめのリュックでコーデを締める

コーデのアクセントにぴったりなバッグ。スポーツブランドやアウトドアブランドのバッグは、容量たっぷりで実用性が高く、見た目以外にもメリットが沢山あるのでおすすめです。例えば、下記のリュックのポケットの数は8つ。小物類を分類しながら収納できて、かなり快適です。

合わせやすいワントーンのスニーカー

汎用性の高いスニーカーが欲しいなら、おすすめはワントーンのもの。例えば、下記のスニーカーはニュートラルな雰囲気で、さまざまなファッションに合わせやすいです。なお、スニーカーなのでもちろん歩きやすさはお墨付き。ソールが厚く、長時間アクティブに動いても疲れにくいです。

【メンズ】おすすめアスレジャーアイテム5選

ザ・ノース・フェイスのロゴは黄色だとさりげないアクセントに

アスレジャーファッションを取り入れやすいウェアの代表といえばTシャツ。いきなり冒険するのはちょっと心配…という人は、白や黒、グレーのものから始めるのが無難ですが、少しパンチをきかせたい時にはぜひ、黄色が差し色になっているものを試してみてください。布地全部が黄色いとなかなか勇気がいりますが、白地の中に黄色いプリントがある位ならば、主張しすぎず、さりげなく彩りが添えられますよ。

大きなロゴマークはインパクト満点

スポーツブランドのロゴが入ったTシャツを取り入れる際、オーソドックスなものを選ぶと、アスレジャーというよりも運動着に見えてしまう可能性があります。ですが、下記のような変わり種のロゴ入りなら、そんな心配も無用。大胆なデザインだからこそ、かえって街に出かける際に取り入れやすいです。

デニム風スウェットは上下別々にコーデに添えるのがおすすめ

デニム風スウェットは、上下セットだとハードルが高いかもしれませんが、上下別々にファッションに取り入れれば大丈夫です。下記のセットは、スウェットならではの収縮性のよさとソフトな肌触りが魅力。デニム同様、いろいろな服に合わせやすいのでぜひ試してみてください。

取り入れやすいポケット付きのスウェット

スウェット素材のパンツを街で履こうと思った時、一番不安に感じるのは「部屋着だと思われたくない」という点ではないでしょうか。そんな不安は、カーゴパンツのようにポケットが複数ついているタイプならば解消可能。色を選ぶ際、黒などのダークカラーを選ぶのもポイントです。

色のバリエーションが豊富!シンプルで合わせやすいオニツカタイガー

スニーカー選びに悩んでいる場合には、シンプルなデザインのものがおすすめです。オニツカタイガーのスニーカーは、バリエーションが豊富かつ色合わせが斬新。上下の服をモノトーンで固めた際にも、差し色として彩りを添えてくれます。

ユニクロやGUを活用するのもおすすめ

ユニクロの店頭の様子

出典:Pixabay

アスレジャーをファッションに取り入れる際に、ぜひ活用してほしいのがユニクロやGUなどのファストファッションです。ユニクロは近年、スポーツの際でも日常でも境目なく着られる「スポーツユーティリティウェア」に力を入れており、アスレジャーに気軽に取り入れられるアイテムが豊富です。

GUにも「GU ACTIVE」というスポーツに適したウェアのラインがあり、手頃な価格帯のスポーツウェアが盛りだくさん。デザインだけでなく、速乾性や収縮性などの機能面にも優れたウェアの数々は、各ブランドの公式ECサイトのほか、店舗などで手に入ります。

ユニクロ:スポーツユーティリティウェア(WOMEN) / (MEN)
GU:GU ACTIVE(WOMEN) / (MEN)

アスレジャースタイルで街を歩こう!

アスレジャーのおすすめコーディネートについて紹介してきました。なかには、スポーツウェアに馴染みがなく、挑戦しづらいと感じる人もいるかもしれません。ですが、気軽に取り入れられる方法はたくさんあります。ぜひあなたも、毎日の装いのなかに気軽にアスレジャーを取り入れてみませんか。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

ウェア コーディネート

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪