超簡単!手作りガーランドで夏のキャンプをおしゃれにしてみた

ノウハウ

ビニールの部分を切り取って作ったフラッグガーランド

キャンプサイトを簡単に華やかにするにはガーランドが定番ですが、市販のガーランドは値段も高いし好みの柄がなかったり、他のキャンパーさんとかぶってしまったりすることがありますよね?そこで、ミシンや針や糸も使わず、面倒な作業もほとんどなく、ボンドだけで作れちゃう簡単ガーランドのDIYを紹介します。1日あれば完成しちゃいますよ!


 目次


基本の材料は4つだけです!

いろんな柄の布
アイロンシールと紐
必要な材料は以下の通り。


  • ボンド

  • 長めのひも (カラーひも、バイアステープなど)

  • はさみ(あればピンキングバサミ)

  • 自分の好みの生地


  • 生地は使わなくなったハンカチなど家にあるものを利用してもいいと思います。出来るだけ安く作りたい場合は、100均にも色々な生地やハンカチ、バンダナが売っていますし、手芸店やホームセンターで端切れのお得なセットが売っていることがあるので探してみてください。

手作りガーランドの作り方!

ガーランドは簡単に作ることができます。ここでは手作りガーランドの作り方を紹介します。
二等辺三角形にカットした生地

生地は切りっぱなしでOKです!

生地を二等辺三角形にカットします。大きさは自分のテントのサイズや装飾したい場所に合わせて、ひもの長さをどれくらいにするか考えて生地をカットしてください。私はコールマンのウェザーマスタースクエアタープに装飾することが多いので、バイアステープ(2m)も、カラーひも(3m)も2本くっつけて使用しています!4m~6mあれば2ルームテントにもタープにも余裕をもって装飾できるので、ひもは長めに作っておくと便利です。

フラッグは15cm幅くらいで作っていますが、多少大きさが違ってもそこが手作り感があっていいのではないかと私は思います。出来上がりを裏から見ても柄がでるように2枚貼り付けて作るので偶数枚でカットしてくださいね。今回私が使ったのは色々な柄の端切れセットで、手芸店で700円くらいで購入しました。

ボンドで貼り付けよう

ボンドを塗った三角の布
貼り合わせた生地
全体的にボンドをつけて生地を貼り合わせます。生地のサイズが多少違ったり、切り方がガタガタでも、あとで形を整えるので大丈夫です。

ピンキングばさみでラクラク仕上げ

ピンキングばさみで布を切る様子
ピンキングばさみで切り終わった布
生地を貼り付けたら少し乾かしておきましょう。ボンドが乾いてきたら、ピンキングばさみでまわりをカットします。ピンキングばさみでカットすることによって、生地がほつれることはなく見た目も可愛くなります。

ピンキングばさみがない場合は、生地が多少ほつれてきますが普通のはさみでも大丈夫です。ボンドを塗るときにふちどりにしっかりとボンドを塗っておくとほつれにくくなります

100均などに売っているクラフト用のなみなみバサミでは布をカットすることは難しいので、ピンキングばさみと間違えないように気を付けてください!

アイロン接着のバイアステープにはりつけよう!

アイロン接着のバイアステープを貼る様子
アイロン接着のバイアステープにアイロンを当てる様子
今回私が使用したのはアイロン接着のバイアステープです。バイアステープをひもの代わりにして作りました。
バイアステープの内側の紙をはがし、全体を水に十分浸してから生地をバイアステープではさみ、アイロンを強めにゆっくり押さえつけるようにして貼り付けます。アイロンの温度は中~高温です。熱に弱い生地を使用する場合はあて布をしてからアイロンを使用してください。

カラーひもを使用する場合は!

ダイヤ型に切った布と紐
ひもをはさみ込めるようにダイヤ型に生地をカットして、ひもを生地の中心に置きます。
ダイヤ型の布で紐を挟み込んだ様子
ボンドを生地の全体に塗りひもをはさみ込むようにして貼り付けます。貼り付けてからふちどりをピンキングばさみでカットしてもいいのですが、ふちどり部分にきちんとボンドを塗っておけばほつれにくくなるので、そのままでも大丈夫です!
三角の底辺部分に紐を置いた様子
端切れなど小さい生地の場合はひもをはさみ込むことが出来ないので、ひもを写真のように置いてから。
生地を折り返してボンドで貼り付けている様子
生地を折り返してボンドで貼り付けます。はみ出た生地をカットして形を整えます。折り目が表に出てしまうので多少見た目は悪くなりますが、あとから折り目部分にカットした生地やフェルトなどでデコレーションすれば、折り目も目立たなくなるので大丈夫です。

ガーランドの長さを長くしたい場合は?

バイアステープどうしを重ねた様子
バイアステープの場合は、バイアステープどうしを重ねてアイロンをかければくっつきます!強度が気になる方はバイアステープが重なっている部分にグルーガンで接着したり、簡単に縫ってもいいかもしれません。

ちなみに私はアイロン接着しかしていませんが、意外と強度があるので何回も使用していますが剥がれたりしていません。カラーひもの場合は、つなげた結び目が見えないように生地にはさみ込んで貼り付けると見た目がキレイです!

手作りガーランド完成です!

完成した手作りガーランド
手作りガーランド完成です!自分の好きな生地で作れるので、季節に合わせて色や柄を選んだり、テントやタープの色に合わせて作ることも出来ます。世界で1つの手作りガーランドでキャンプサイトを自分好みに装飾して、オシェレ度UPしちゃいましょう。

さらにアレンジしてみました

飾りボタンでアレンジした手作りガーランド
飾りボタンをボンドで貼り付けたり、フェルトで文字を作って好きな言葉キャンプサイトでの表札代わりに名前やグループ名などを貼り付けてもオリジナル感があって素敵です。

我が家はよくグループキャンプに行くので、表札代わりにファミリー名を入れてサイトに飾ったりしています。家族だけでのキャンプの時にも、近くのサイトの方がガーランドを見に来てくれて話しかけてくれたり、これをきっかけに会話がはずみ仲良くなったりと、サイトを華やかにするだけでなく、新たなキャンプ仲間と出会えるきっかけになったりもしています。

文字もつけてみました

ビニールの部分を切り取って作ったフラッグガーランド
実際に作ったガーランドに、文字をつけてみました!このように、ガーランドは文字をつけるとさらにオリジナリティが増します!

季節やイベントに合わせて作ってみよう

季節に合わせたものを作るものとても楽しいので、ぜひ楽しんでみてください。
水色のガーランド

夏キャンプでは涼しげな青で!

夏のキャンプでは海をイメージした生地で涼しげに。生地の先端に100均で購入したクリアビーズやマリン風のボタンを付けてみました。クリアビーズが光にあたるとキラキラ光ってきれいです。

ハロウィンキャンプでも大活躍!

ハロウィンにぴったりのガーランド
ハロウィンキャンプではコウモリ柄の生地でハロウィンの雰囲気UP!子どもと一緒に作ったので大きさも形もバラバラですが、作る工程から楽しめ、自分で作ったガーランドだからこそ、子どもたちも飾りつけをうれしそうにお手伝いしてくれました。

▼こちらの記事もよく読まれています

誕生日ももっと豪華に

出典:Amazon

ガーランドは誕生日にもおすすめ!設置するだけで、誕生日がより一層豪華になり、一生忘れない思い出の日となります。ガーランドは値段も手ごろなのに、あるだけでステキな雰囲気を演出してくれるスグレモノなんです。

前撮りでも大活躍!

出典:Amazon

二人の一生の思い出となる結婚式。できるかぎりステキなものにしたいですよね?そんなときにもガーランドは大活躍!前撮りにガーランドを使うだけで、雰囲気がガラッと変わりますよ

まとめ

水色の海をモチーフにしたガーランド
いかがでしたか?ボンドで簡単に作れちゃう手作りガーランドで、自分好みのガーランドを作ってキャンプサイトを装飾してみませんか?とても簡単なので友達やお子様と一緒に作っても楽しいです。今回は布を使って作りましたが、折り紙や厚紙を使っても作れます。ぜひ挑戦してみてくださいね。

今回紹介したアイテム

商品画像 美鈴 ステンレス製ピンキングはさみ 210mm CAPTAIN88 ふちどり接着バイアステープ 巾9mmX2m巻 【COL-301】 CP10-301 Clover カラーひも 太 3m巻 紺 26-170 女の子の飾りボタン かわいいプラスチック(プラ)ボタン福袋 10種50個セット【P-20】
商品名 あると便利なピンキングばさみ! あると便利!バイアステープ 大定番!カラー紐はこちら! お部屋に飾ってもかわいい
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪