冬キャンプのデコレーションにも!最短1日で作れる「レースガーランドライト☆」

 キャンプ用品

手作りのガーランドライト

冬キャンプのデコレーションにこだわりたい。そんなときは手作りのガーランドライトで、キャンプサイトを華やかに演出してみませんか?最短1日で作れるので、即席のキャンプにはもちろん、自宅も幻想的な空間にしてくれますよ。大人はもちろん子供も簡単にできるので、お子様と一緒にぜひ♪


 目次


基本の材料はこれだけ!100均でも作れちゃいます♪

手作りガーランドライトの材料    

レースガーランドライトを作る材料は全て、100均でも揃えられます。かわいいデザインやおしゃれなものなど、デコレーション用の材料は、自分好みものを選んじゃいましょう☆

【材料】
・レース
・風船
・竹串
・グルーガン
・LEDイルミネーションライト

誰でも簡単にできる!レースガーランドライトの作り方

1.風船を手のひらサイズに膨らませる

膨らました風船    

ガーランドを作る時は、風船を膨らます大きさは手のひらサイズがおすすめです。風船を大きく膨らませると、ランプシェードもつくれますよ♡

2.レースを丸くカットする

丸くカットしたレース    

レースはどんな形にカットしてもOKですが、丸くカットすると仕上がりがキレイになります。私は最初の数個丸くカットしたレースを張り付けましたが、後半からは子供と一緒に作ったので、子供がランダムにカットしたレースを張り付けました♡少し形がいびつになった物もありますが、それも味があって素敵ですよね♪

3.ボンドでレースを貼り付ける

風船にレースを貼り付ける様子    

ボンドでレースを張り付けましょう。風船にレースをのせて上からボンドを塗っていきます。レースが少し重なるようにしながら、全体に張り付けていきましょう。ボンドは刷毛(ハケ)で塗ると、よりきれいに仕上がりますが、私は使い捨てのフォークで塗りました☆コップの上に置いて塗ると安定感が出るので、おすすめです!

4.風船を割って引き剥がす

風船を竹串で悪様子    

ボンドが乾いたら、竹串で風船に穴をあけて空気を抜きます。風船が剥がれにくいときは、竹串の底の部分でレースから引き剥がすように、風船を剥がしていきましょう。途中でへこんだ場合は、風船が完全に剥がれた後に、内側から竹串の後ろの部分を使って押すと、元に戻りますよ。

5.風船をゆっくり抜く

ゆっくりと風船を抜き出す様子    

風船を剥がし終えたら、風船をゆっくりと抜いていきましょう!強引に引き抜くと、ライトを差し込む穴が破れてしまうので、気を付けて下さいね。

6.デコシールでデコレーション♪

寒色系のレースの玉    

デコシールを使って、自分好みにデコレーションしていきます。レースを寒色系にすると、より冬っぽさが出ますよ。私は100均のデコシールを使いましたが、安っぽくなく上品な仕上がりになりました。

7.グルーガンでLEDライトを固定する

レースの玉にLEDイルミネーションライトを刺してグルーガンで固定した様子    

風船を抜き取った穴に、LEDイルミネーションライトを刺して、グルーガンで固定します。穴が大き過ぎた場合は、グルーガンを塗った後すぐにレースを小さく切って、張り付ければOK。この時、まだグルーが熱いので火傷には十分注意してください。

8.完成!

手作りのガーランドライトを電気を灯して見た様子    

出来上がりはこんな感じです♪今回私が使ったLEDイルミネーションライトは30球でしたが、レースの玉を30個作るのは大変なので、ピンポン玉を使って飾りにしてみました。ピンポン玉に好みのシールを貼り、ピンポン玉の上部にライトを差し込む穴を開けるだけで完成です!電池式のLEDイルミネーションライトは、山キャンプや海キャンプなどどこでも使えるので、とても便利ですよ。

まとめ

青いLEDイルミネーションライトがともる手作りのガーランドライト    

いかがでしたか?私の子供は夢中になって、手をボンドまみれにしながら作っていましたよ♪大人も子供も一緒になって楽しめるので、ぜひ作ってみて下さいね。自分で手作りしたガーランドライトを飾って、幻想的な冬キャンプを満喫しましょう。


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪