ライフストロー パーソナル

出典:Amazon

アウトドアで使える最強の携帯浄水器15選!軍用からコスパのいいモデルまで

アウトドアの水を飲料水に変えられる携帯用のアウトドア浄水器。川や湖の水も飲み水に変えられ、キャンプなどで重い飲料水を持ち運ぶ手間が省けます。また災害時など、もしものときにも持っていると安心です。しかし選び方を間違えると、便利に使えない可能性も。この記事では、アウトドア浄水器を選ぶときに注目すべきポイントと、おすすめの浄水器を紹介します。

アウトドアで携帯浄水器は必要?使うメリットとは?

アウトドアで携帯浄水器を使う

出典:PIXTA

アウトドアで使う携帯浄水器は、屋外できれいな飲料水を求めている人に便利なアイテムです。湖や川などの水は一見安全そうに見えますが、目に見えない汚染物質が含まれていることがあり、それが深刻な健康被害の原因となることがあります。 携帯浄水器を使用することで、水系伝染病の原因となるバクテリアや寄生虫、ウイルスなどに加え、土砂やさび、鉛などの不純物を除去し安心して水を飲むことができます。アウトドアだけでなく非常事態にも備えることができ、一つ持っていると安心です。

アウトドアで使える携帯浄水器の選び方

携帯浄水器を選ぶ際には、使う人のニーズと環境に合ったものを見つけることが重要です。携帯浄水器にはいくつかの種類があり、それぞれ性能が異なります。ここからは携帯浄水器の種類を紹介しながら、選ぶ上でのポイントを解説していきます。自分にぴったりのものがどれなのかチェックしてみてください。

タイプ別に携帯性や容量をチェック

携帯浄水器には大きく分けて「ボトルタイプ」「ストロータイプ」「ポンプタイプ」「自重落下タイプ」の4種類あります。それぞれ大きさや使い方が異なるので、シーンに応じたものを選びましょう。
  • ボトルタイプ 水筒のように水を持ち運びできるタイプ。フィルターやカートリッジなどにより有害な菌を取り除くことができ、一度水を入れると限られた量にはなりますが水分が確保されるため、すぐに飲むことができます。水源が近くにない時には持っていると便利。 また、ボトルタイプにはストローのように吸い上げるものと押すだけで浄水できるものがあります。使い勝手も異なるため、チェックしてみてください。
  • ストロータイプ 水源に直接携帯浄水器を挿入し、ストローのように吸い込むシンプルなタイプ。川や湧き水など水源のあるところで、安全に水を飲むことができます。コンパクトで持ち運びに優れ、緊急時の備えにもおすすめ。一度の浄水量は少なくなりますが、小型なので持ち運びの負担を軽減できます。 ただし、吸う力が弱い子どもや年配の方では吸い上げられない場合もあるため要注意。中にはペットボトルに装着できるものや専用ボトルが付属しているものなども販売されているため、使いやすいものを選んでみてください。
  • ポンプタイプ 手動のポンプの力を利用して水をろ過するタイプ。一度に多くの水を確保でき、まとまった水を準備でき、頻繁に浄水する手間がかかりません。商品によっては、1分間で1Lの水を浄水できる商品も! 大きいサイズになるため持ち運びには向きませんが、移動が少なく一定の場所に留まるキャンプなどにはおすすめです。
  • 自重落下タイプ 水を入れた容器を吊り下げることで重力を利用してろ過するタイプ。自重のため労力を使わずに濾過でき、放っておいても浄水したきれいな水を飲めるのが特徴です。ポンプ式と同様多くの水を確保でき、大量の水をろ過したい方におすすめ。 一方、ストックするまでに時間がかかるため、すぐに飲めるわけではありません。喉が渇く前に先に用意しておきましょう。
  • 除去率の高いフィルターをチェック

    携帯浄水器に使われているろ過材には、大きく分けて「活性炭」「中空糸膜」「イオン交換樹脂」「不織布」の4種類があります。ろ過材の種類によって除去できるものが異なるため、チェックしておきましょう。
    • 活性炭 石油やヤシ殻、木材などの炭素物質を原料にして作られた炭素。表面の無数の穴でろ過し、不純物を取り除きます。また、脱臭などの日用品にも多く採用されているタイプで、においの除去効果が高いのも特徴。水のにおいが気になる時におすすめです。
    • 中空糸膜 家庭用浄水器でも多く採用されているタイプ。糸の中が空洞になっていることで、不純物をろ過します。細菌だけでなく鉄分を取り除く効果が強く、水道管のサビなどにも対応できます。アウトドアでの水道水をろ過したい方におすすめです。
    • イオン交換樹脂(イオン交換ポリマー) 水の中のイオンを分解し、有害なイオンを無害に変更する除去率の高いタイプ。細かく浄水できるタイプで、よりきれいな水を飲みたい方におすすめ。ただし、他のタイプよりも比較的価格が高くなる傾向があるため注意しておきましょう。
    • 不織布 非常に細かく織られた繊維の目に引っかけてろ過するタイプです。大きめの不純物を取り除く時に使われ、除去率はそれほど高くありません。単体で使われることはほぼ無く、他のろ過材と組み合わせることで効果を発揮します。
    また、フィルターの穴が小さいほど除去率も高くなるためチェックしておきましょう。携帯タイプでは0.1ミクロン前後のものが一般的ですが、より除去率の優れたものがいいなら0.01ミクロン前後の超微細タイプが良いでしょう。上で紹介した異なるフィルターの素材を組み合わせたものなら、より多くの物質を除去するのにおすすめです。

    メンテナンスや交換のしやすさをチェック

    どんな携帯浄水器を選んだとしても、正しく機能するようにメンテナンスすることが重要です。メンテナンスを怠ると浄水機能が衰え、機能しなくなる可能性があります。フィルター交換やその他のメンテナンスは、メーカーの表記通りに行うことで長期にわたって清潔で安全に使用できます。 例えば、浄水量が多いものはフィルターの交換が少ないためローコストに抑えられますが、頻繁なメンテナンスが必要。手間を軽減したい場合は、フィルターが簡単に交換できるものやメンテナンス不要のものがおすすめです。 また使い切りや使い捨てのものは、非常用として備えておくのにも便利。ただし、頻繁に使いたい方はコストが高くなってしまうため注意が必要です。

    【注意点】携帯浄水器は基本的に海水NG

    海水

    出典:PIXTA

    さまざまなものを除去できる携帯浄水器ですが、どんなに高性能なモデルでも基本的に海水には使えません。誤って使ってしまうと、フィルターが劣化しやすく使えなくなる可能性もあります。少なくはなりますが、中には使えるものもあるので、海水にも使いたいという方は必ず海水対応のものを選びましょう。

    アウトドアに使える最強の携帯浄水器15選

    ここからはアウトドアに使える携帯浄水器をご紹介します。人気アウトドアブランドのものから、軍用本格モデルまでさまざまなものを揃えたので、上の選び方を参考にぴったりのものを探してみてください!

    アウトドアで携帯浄水器があるとないとでは大違い

    アウトドアにおいて携帯浄水器は必需品とはいえないものの、あると何かと便利なアイテム。たくさんの水分を持ち運ぶ手間がかからず、いざというときにも役立つため、1つ持っていると安心です。今回の紹介した選び方を参考に、あなたにぴったりのものを選んでみてはいかがでしょうか。

    今回紹介したアイテム

    商品画像【OHKEY】携帯浄水器  OKY04【ブリタ】フィル&ゴーBJ-GPU【SAKUTTO】携帯浄水器【MSR】アウトドアキャンプ浄水器ミニワークスEX【モンベル】GRAYL ウルトラプレスピュリファイヤー【セイシェル】サバイバルプラス携帯浄水ボトル【ダフィ】浄水ボトル カートリッジ付き【SAWYER】MINI(ミニ) SP128【ライフセーバー】LifeSaver Bottle 4000UF【Vestergaard】ライフストローパーソナル【かりはな製作所】携帯型浄水器 mizu-Q PLUS【カタダイン】ビーフリー 12792【カタダイン】 吊り下げ式浄水器 グラビティ ビーフリー 3.0L 【ミヤサカ工業】ポリタンク型非常用浄水器「コッくん飲めるゾウミニ」【Survivor Filter】 サバイバルフィルター ポータブル浄水器
    商品名【OHKEY】携帯浄水器 OKY04【ブリタ】フィル&ゴーBJ-GPU【SAKUTTO】携帯浄水器【MSR】アウトドアキャンプ浄水器ミニワークスEX【モンベル】GRAYL ウルトラプレスピュリファイヤー【セイシェル】サバイバルプラス携帯浄水ボトル【ダフィ】浄水ボトル カートリッジ付き【SAWYER】MINI(ミニ) SP128【ライフセーバー】LifeSaver Bottle 4000UF【Vestergaard】ライフストローパーソナル【かりはな製作所】携帯型浄水器 mizu-Q PLUS【カタダイン】ビーフリー 12792【カタダイン】 吊り下げ式浄水器 グラビティ ビーフリー 3.0L 【ミヤサカ工業】ポリタンク型非常用浄水器「コッくん飲めるゾウミニ」【Survivor Filter】 サバイバルフィルター ポータブル浄水器
    商品リンク

    特集・連載


    あわせて読みたい記事