キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ソロにこそおすすめ!キャンプのストレスがまるっと解消できる「陣幕」とは何だ?

ホールアース ランパートS

愛用者が急増中の「陣幕」。風を避けたりプライベートな空間を確保したりするのにもってこいのギアですが、ソロキャンプにこそうれしい機能も満載なのです。そこで今回は、陣幕の特徴やおすすめの使い方とともに注目の新作も紹介。これさえあれば、きっとあなたのわがままも満たされるはず!

一張り3役+α!頼れるアニキ的ギア「陣幕」

陣幕
戦国時代などの合戦のシーンが思い浮かぶ「陣幕」。本来は戦地で陣地を作るための布の壁などを示しますが、近年は便利なキャンプギアとして注目を集めています。当時の陣幕と同じように、自分のテントサイトを囲ったり仕切ったりするのに便利なアイテムとして、愛用者が爆増中です。

【人気の理由その1】プライベート空間の確保

ホールアース陣幕
自分のテントサイトの領域をわかりやすくできるので、フリーサイトやテントの近くを他の人が行き来するような環境でもプライベートな空間を楽しめます。開放的なタープ泊スタイルにももってこい。

【人気の理由その2】焚き火のリスクも解決

ホールアース ランパートS
キャンプに欠かせない焚き火ですが、天敵とも言えるのが風。陣幕を効果的に設営して風を和らげれば、火の粉の飛散なども防いで安全に楽しめます。

【人気の理由その3】簡単設営&荷物削減も

ホールアース ランパートS 内容物
ほとんどの場合、幕+ポール+ロープ類だけのシンプル構造なので、設営も楽々。軽量・コンパクトに仕上げられていることが多く、持ち運びもストレスがありません。デイジーチェーンやフックが設けられている場合も多いので、ハンガーラックなどの設営が不要になることも。キャンプ道具のコンパクト化も叶うのです。

この夏注目の陣幕「アース ランパートS」

ホールアース 陣幕
新しく陣幕の購入を検討している人におすすめしたいのが、2022年夏に新発売されるホールアースの「アース ランパートS」。展開時は約W280cm×H70cmと、ロースタイルのソロキャンプに理想的なサイズ!

焚き火に相性抜群

ホールアース ランパートS 難燃素材
火の粉に強いコットン混紡生地(ポリエステル65%コットン35%)が採用されているので、焚き火も安心して楽しめます。風合いもよいので、こだわりのテントサイトを彩るアイテムとしてもぴったりです。

手元に道具を置ける快適性も

ホールアース ランパートS デイジーチェーン
アース ランパートSには、標準でデイジーチェーンが装備されているのもうれしいところ。グローブや火箸などの焚き火に使うギアはもちろん、シェラカップやランタンなどの使用頻度の高いアイテムも手元に置ける便利仕様です。ドリンクホルダーも2つ備えられているので、テントサイトで動き回りたくない人も幸せな空間を作れます。

邪魔にならない携行性

ホールアース ランパートS 収納
ポール(3本)・ペグ(10本)を付属しながら約2.0kgにまとめられているのも特徴です。収納バッグを使えば約W46×D13×H9cmとコンパクトにまとめられるので、荷物を少なくしたいソロキャンプにもストレスはありません。

ビギナーも困らない!設営は簡単3ステップ

ホールアースのアース ランパートSをソロキャンプ派におすすめしたい理由は、設営の簡単さにもあります。ガイロープを取り付けてポールを通してペグダウンするだけ!

ガイロープの取り付け

ホールアース ランパートS 設営1
本体のロープ用リボンに備えられているリング(3カ所)に、付属のガイロープをそれぞれ取り付けます。

ポールの差し込み

ホールアース ランパートS 設営2
3カ所のスリーブにそれぞれポールを差し込みます。先ほどガイロープを取り付けたリングにポール先端を通すのが正解です。

ペグダウン

ホールアース ランパートS 設営3
両サイドのガイロープをペグダウンし、本体下辺5カ所、中央のガイロープの順にペグダウンすれば完成です。後はガイロープの自在かなぐを使ってピン張りすればOK。正面(ブランドロゴ側)が風上側になる向きに設営しましょう。
ホールアース 陣幕
今回はhinataスタッフ2人で設営作業しましたが、取り扱い説明書を見ながらの初めてでも約5分と超簡単でした。ガイロープを取り付けたまま撤収するので、次回からは3分ほどで完了できるはず!

オープンなタープ泊とも相性抜群

開放的な雰囲気を味わえるとあって、夏場特に実践する人が増えているのがタープ泊。装備が軽量化できることもあって、ソロキャンパーにも大人気です。とはいえ、オープンなスタイルだけに人目が気になる…と感じることもあるのではないでしょうか。
ホールアース ランパートS テントサイト
そんなタープ泊にも頼れるギアが、目隠しにもなる陣幕です。今回はホールアース「アース ランパートS」を、ホールアースの新商品タープ「アース カイト」と組み合わせてサイトを構築してみました。ほどよいプライベート感を獲得できて、リラックスできるソロキャンプの空間に!
ホールアース ランパートS
「アース カイト」は、汎用性抜群のワンポールロータープ。使用時(約)W410×W250cmとソロキャンプに使いやすいサイズ感です。張り方をいろいろアレンジできるのも人気の理由の一つ!
▼アース カイトの詳細&タープ泊の極意を知りたい人はこちら

ソロにも頼れるギアになること間違いなし!

プライベートの確保も焚き火などの利便性アップも叶う陣幕「アース ランパートS」。ソロキャンプ向けのコンパクトさ&設営の簡単さも魅力なので、欠かせないキャンプギアの一つになるずです。同シリーズには、ファミリーキャンプにも活躍するビッグな「アース ランパート」(展開時サイズ約500×H150cm)もラインナップ。スタイルに合わせて選んでみてください。

\アース ランパートSの詳細をチェック/

公式サイトで見る
 最終更新日: