hinata

>

ノウハウ

>

キャンプスタイル

>

電車で行ける!ソロのデイキャンプでせかせかしないためには?【プロ店員のみっちりキャンプ講座】

電車で行ける!ソロのデイキャンプでせかせかしないためには?【プロ店員のみっちりキャンプ講座】

ノウハウ

PR

ゼビオ

キャンプを始めたい初心者のため、スーパースポーツゼビオのプロ店員たちが徹底サポート!道具の選び方やキャンプ当日の動きを解説します。今回は、エルブレス トレッサ横浜店(横浜市)にいる知識豊富なスタッフ、徳部賢治さんに、電車でデイキャンプに行くためのキャンプスケジュールを紹介してもらいます!

目 次

「短い時間でいかにリラックスできるか」が勝負の分かれ目!

ゼビオ

出典:Instagram(@kenji2215)

車を使わずにキャンプに行くには、道具選びが肝心。荷物をコンパクトにまとめたら、いよいよデイキャンプデビューしましょう!「どんな道具を選んだらいいのか分からない…」という方は、まずはおすすめの装備をチェックしてみてください。

▼コンパクトかつクールな電車デイキャンプの装備はこちら
デイキャンプで重要なのは「短い時間でいかにリラックスできるか」。宿泊のキャンプと異なり、過ごせる時間が少ないのがデイキャンプの難点。さまざまなポイントで工夫して、ゆったり過ごす時間を確保するのが肝心です。

おすすめのキャンプ場は?

ゼビオ

出典:Instagram(@kenji2215)

徳部さん

徳部さん

自宅から電車で少し行ったところに火が使える河川敷があり、僕はそこでよくデイキャンプをしています。移動時間は20分ほど。なるべく多くキャンプの時間を確保するために、移動時間は長くても1時間ほどにおさめておくのが良いでしょう。

自宅から行ける範囲にあるキャンプ場を、事前にしっかりリサーチしておくのが大事です!特に、焚き火台などを使いたいと考えている方は、火器の使用が問題ないかもしっかりと調べておきましょう。

徳部さん流「電車で行く!超スローなソロキャンプスケジュール」

ゼビオ
マスターすれば、1日で心も体もリフレッシュできる電車でのソロデイキャンプ。先人の立てた余念のないスケジュール表をしっかり確認しておきましょう!

【タイムスケジュール】
09:00 起床・出発準備
09:30 徒歩で最寄駅へ行き、電車に乗る
10:00 現地近くのスーパーをじっくり回る
12:00 河川敷でキャンプスタート
12:30 設営完了
13:00 料理
15:00 じわじわと焚き火へ
17:00 ランタンをつけてゆっくり片付け
18:00 日が落ちる頃に完全撤収
徳部さん

徳部さん

キャンプの朝は張り切って早起き!でもいいのですが、現地に到着してから疲れたりするので、僕はゆっくりめに9時ごろ起床です。

その代わり、荷物などの準備は前日に済ませておきます。大きな道具がないので、バッグにぽんぽん放り込むだけで完了です!

そのほか、大きめのクーラーボックスなどはキャリーカートを使えば楽に運べますよ。
スーパーで男女が冷凍食品を見ている

出典:PIXTA

徳部さん

徳部さん

現地近くに到着したら、まずはスーパーへ。キャンプの楽しみはスーパーから始まっています!ここで想像を膨らませながら、食べたいものや飲みたいものをあれこれ買っていきます。すぐに食べられるおつまみと、調理の手間が少ないレシピの食材、そして缶ビールは欠かせません!

ちなみに財布などは小さなバッグに分けておくと、スムーズに取り出せます。
ゼビオ
徳部さん

徳部さん

買い物が終わったらキャンプ場へ。12時ごろには到着して、設営を開始したいところです。先に紹介した道具なら、慣れれば20分ほどで設営できますが、最初は余裕を持って1時間ほど設営時間を見積もっておいた方が良いでしょう。

テント、テーブル、バーナーをまず出して、一息入れましょう。お酒を飲んだりちょっと食べ物をつまみつつ、他の道具もゆったり準備していきます。
ゼビオ

出典:Instagram(@kenji2215)

徳部さん

徳部さん

なんとなく設営が完了する頃には、もうほろ酔いです(笑)。そこからは引き続きおつまみやお酒を楽しむもよし、料理を始めるもよし。

料理は肉を焼いたり、アヒージョを作ったりと片手間でできるものを。寒い時期は鍋でもいいですね!

もちろん、料理をしないという選択肢もアリ。この前はファーストフード店でハンバーガーを買って食べるという、普通のキャンプではあまりしないようなこともやってみました。
ゼビオ

出典:Instagram(@kenji2215)

徳部さん

徳部さん

焚き火をするなら16時ごろか、15時台から始めても良いかもしれません。焚き火台は片付ける際に、一度火を消して冷やす必要があるので、デイキャンプでは少し早めに火入れをしましょう。
ゼビオ

出典:Instagram(@kenji2215)

徳部さん

徳部さん

日没まではまったり過ごし、日が落ちてきたらダラダラ片付け始めます。撤収時にササーッと手早く片付ける方も多いのですが、そうすると帰宅時にどっと疲れてしまうんですよね。

キャンプを楽しみつつ、片付けしつつ、30分以上時間をかけて撤収すると、余韻を残したまま疲れずに帰宅できるので、個人的にはそちらがおすすめです。

まったりソロデイキャンプでリフレッシュ!

ゼビオ
デイキャンプをたっぷり楽しむための、さまざまなポイントを教えてもらいました。時間を有効活用して、日々の疲れを癒しに行ってみてください。分からないことや、もっと知りたいことがある方は、お店で相談してみましょう!

【店舗情報】
エルブレス トレッサ横浜店
住所:神奈川県横浜市港北区師岡町700番 トレッサ横浜 北棟2F(スーパースポーツゼビオ店内)
電話:045-533-5171
営業時間:10:00〜20:00

困りごとはお店で解消!

エルブレス トレッサ横浜店を見る

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ